Azure App Service: App Service on Linux の Basic レベルと Premium レベルの料金引き下げ

2018年10月17日 [Azure App Service: Price reductions for App Service on Linux basic and premium tiers]粗訳

最近、Basic レベルと Premium レベルで Azure App Service on Linux の料金を引き下げました。

Azure App Service を使用することにより、あらゆるプラットフォームで稼働するエンタープライズグレードの Web アプリ、モバイル アプリ、API アプリをすばやく構築、デプロイ、スケーリングできます。パフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティ、コンプライアンスの厳しい要件を満たしながら、完全に管理されたプラットフォームを使用してインフラストラクチャ メンテナンスを行い、エンタープライズグレードのアプリケーションを構築できます。

料金詳細

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

 

広告

一般提供開始:Azure App Service on Linux の Tomcat

2018年9月24日 [Tomcat for Azure App Service on Linux now generally available]粗訳

Azure App Service for Linux は現在、Apache Tomcat 8.5 および 9 をサポートしています。Azure App Service on Linux の Tomcat は、開発者が完全に管理された Linux ベースのサービスで Tomcat Web アプリケーションを迅速に構築、展開、および拡張できるようにします。 IntelliJ、Eclipse、VS Code などのお気に入りの IDE に Maven やプラグインを使用してアプリケーションをデプロイします。導入後、継続的にアプリケーションのアップデートを統合して展開し、アプリケーションを自動的に拡張し、Azure サービスの全スイートを活用します。 Azure をサポートする Zulu JDK(Azul Systems 提供)を使用して構築され、WAR ファイルを使用してデプロイされた Java アプリケーションは、クォータのアップデートとセキュリティパッチを無料で自動的に受け取ります。

ぜひ Azure App Service の使用を開始し、サービスの機能の詳細を学んでください:

 

 

プレビュー:Python for App Service on Linux

2018年9月24日 [App Service—Python for App Service Linux preview]粗訳

App Service on Linux は、プレビューでPython 3.6 / 3.7をサポートするようになりました。 Python on App Serviceは、Linux 上の App Service を拡張して、Python 3.6 / 3.7を使用して構築された Web ワークロードをサポートします。プレビューの機能には、Django と Flask のWeb フレームワークのための即時サポートと、必要に応じて Gunicorn のカスタムワークロードを実行する機能があります。

クイックスタートチュートリアルは、こちらで利用できます。

 

 

Azure App Service のアップデート

2018年9月24日 [Azure App Service]粗訳

App Service on Linux は Apache Tomcat と Java SE アプリケーションをサポートし、Java Web アプリケーション、API、Spring ベースのアプリケーションの構築、配備、拡張をより簡単かつ迅速に行うことができます。 AppService の Tomcat と Java SE の詳細については、こちら(英語)を参照してください。

Azul Zulu Enterprise を AzureおよびAzure Stack 上の OpenJDK で構築することにより、Java 開発者および企業は、追加のライセンスおよびサポートコストなしで、タイムリーなセキュリティアップデートとバグ修正を無料で受けることができます。 Azureの Java サポートの詳細については、こちら(英語)を参照してください。

 

Azure.Source – Volume 44が利用可能になりました

2018年8月14日 [Azure.Source – Volume 44 now available]粗訳

Azure.Sourceを読んで毎週Azureの現在の状況を把握してください。現在プレビューされているもの、一般的に利用可能なもの、ニュースやアップデートなどが含まれます。

今週のAzure.Source – Volume 44(英語):

 

  • Azure App ServiceのWindowsコンテナサポートのパブリックプレビュー
  • Azure Cosmos DB JavaScript SDK 2.0 の公開プレビュー
  • Azure SQL Database のリザーブドキャパシティのGA
  • Azure App Service Environment on Linux の GA
  • Microsoft Azure e-book Augustの更新プログラムの開発者ガイドが公開

 

Azure App Service アプリケーションの.NET Framework 4.7.2アップデート

2018年8月8日 [.NET Framework 4.7.2 update coming to Azure App Service apps]粗訳

.NET Framework 4.7.2アップデートは、2018年9月に徐々にAzure App Serviceアプリに展開される予定です。現在、これらのアプリは.NET 4.7.1を実行しています。

9月の前に新しい4.7.2バージョンでローカルにおけるアプリのテストをすることを検討してください。破壊的変更 (Breaking Change) は想定されていませんが、いくつかの互換性の問題が考えられます。アドバンステストはスムーズな移行に役立ちます。

リリースの詳細については、.NET Framework 4.7.2 release announcement(英語)を参照してください。また、App Service .NETのアップデートに関するディスカッションに参加することもできます。

2018年9月のPHPマイナーバージョンの更新

2018年8月3日 [PHP minor version update for September 2018]粗訳

2018年9月、Azure App ServiceはPHPスタックを最新の利用可能なバージョンにアップデートします。新しいバージョンの変更点については、PHP Webサイトの変更ログを参照してください。