一般利用可能性:MySQL用Azureデータベースのデータインレプリケーション

2018年5月24日 [General availability: Data-in Replication for Azure Database for MySQL]粗訳

Azure Database for MySQLは、Data-in Replicationをサポートするようになりました。この機能を使用して、オンプレミス、仮想マシン、またはAzure外のデータベースサービスからAzureデータベースfor MySQLサービスにデータを同期させます。

データインレプリケーションは、次のようなシナリオ用に設計されています。

 

  • ハイブリッドデータ同期:オンプレミスサーバーとAzure Database for MySQL間のデータを同期します。
  • マルチクラウド同期:異なるクラウドプロバイダ(VMや他のデータベースサービスを含む)とMySQL用Azureデータベース間でデータを同期します。

 

Data-in Replication(英語)の詳細とData-in Replication(英語)の設定方法について学んでください。

Azure portalまたはAzure CLIを使用して、MySQL用Azureデータベースを開始してください。

広告

Azure Site Recovery REST APIの旧バージョンが非推奨に

2018年5月24日 [Deprecating older versions of the Azure Site Recovery REST API]粗訳

Azure Site Recovery REST APIの次のバージョンは、2018年7月31日に非推奨になります。

 

  • 2014-10-27
  • 2015-02-10
  • 2015-04-10
  • 2015-06-10
  • 2015-08-10

 

Azure Site Recovery REST APIユーザーは、APIバージョン2016-08-10以降を引き続き使用できます。この変更はAzure Site RecoveryポータルとPowerShellユーザーには影響しません。

一般提供開始:Application Insightsのログアラート

2018年5月22日 [General availability: Log alerts for Application Insights]粗訳

Application InsightsはAzureのポートフォリオの重要な部分です。開発者は、アプリケーションのレイヤーをはがし、各レイヤーで洞察を抽出することができます。洞察に加えて、規模で動作させるには、アプリケーションの変更を素早く特定して対応する能力が必要です。

以前、preview of log alerts for Application Insights(英語)を導入しました。これにより、ユーザーはカスタム分析クエリから事前に監視してアラートをトリガすることができます。現在、この機能はGAしています。

このマイルストーンでは、プログラム管理のためのScheduled Query Rules REST API(英語)が導入されています。 APIは、Azure Resource Managerを介してアクセスすることもできます。 Resource Managerテンプレート、Azure CLI、およびPowerShellを使用して、ログアラートを迅速に作成、更新、または削除できます。 Application Insightsのすべてのログアラートを管理するための単一のAPIです。詳細は、managing log alerts by using Resource Manager(英語)の記事を参照してください。

初めてログアラートを調べる場合は、Azure Monitor でのログ アラート – Alertsに関する記事を参照してください。 Application Insightsのログアラートの価格は、Azure Monitor の価格で確認できます。

エンタープライズ管理者はAzureポータルで予約済みのインスタンスを表示できます

2018年5月19日 [Enterprise administrators can view reserved instances in the Azure portal]粗訳

エンタープライズアグリーメント (EA) の管理者は、Azureポータルにアクセスして登録したAzure reserved instancesを見ることができます。

予約取引を表示するには、コストの管理と請求 >  請求先アカウントを選択します。予約取引履歴は、エンタープライズ管理者だけが利用できます(部署またはアカウント管理者は利用できません)。

公開プレビュー:ログアラートでのアプリケーション間のクエリ

2018年5月18日 [Public preview: Query across applications in log alerts]粗訳

Azure Application Insightを使用して、分散した最新のクラウドアプリケーションを監視できます。同様の考え方で、ログアラートを使用すると、さまざまなアプリ間でデータを組み合わせることができます。詳細については、post on how to query across resources(英語)を参照してください。

ログアラートでのアプリ間クエリのサポートは、現在プレビュー中です。現在すべてのAzureユーザーが無料で使用できます。

使い方については、シナリオを見てみましょう。 Contosoでは、電子商取引サイトと、別のサーバー/アプリを支払うとします。以前は、サイトと支払いサーバーの無限のログを読んで、顧客の支払いが落ちたかどうかを確認しなければなりませんでした。次に、ログアラートを使用しました。

警告パラメータ パラメータ値 コメント
Query union app(‘Contoso-PaymentServer’).requests, requests | summarize AggregatedValue = count() by id,bin(timestamp, 5m) Contoso-PaymentServerおよびContosoWebを介して要求を取得し、すべてのIDを5分ごとにスライスします。
Type Metric measurement 集計された数値のさまざまな時間間隔の変化を警告します。
Logic 2未満 要求IDが2回受信された場合(たとえば、Webアプリで1回、支払いサーバーで1回)、チェックインスライスが5分になります。
Trigger 連続違反が2より大きい 2つのスライス(5 + 5分など)の場合、アラートロジック(要求数が2未満)が満たされた後、アラートがトリガされます。
Time Period 最後の15分間 過去15分間のデータを含むクエリを実行します。
Frequency 5分ごと 5分ごとにクエリを実行します。


Contosoチームには、支払いの問題が発生したときに自動的に通知されます。また、ログを掘り下げる代わりに、サイトの微調整に集中できます。

アラートを初めて記録するには、記事Azure Monitor でのログ アラート – Alerts(英語)を参照してください。 feedback(英語)を提供することもできます。

一般提供開始:Azureデータベース移行サービス

2018年5月17日 [General availability: Azure Database Migration Service]粗訳

Azure Database Migration Serviceの GA は、Microsoft Build Conferenceで最近発表されました。 Azure Database Migration Serviceは、同種/異種のソースとターゲットのペアの移行をサポートする包括的な単一のサービスを使用して、クラウド移行の複雑さを軽減します。ガイドされた移行プロセスは、理解して実装するのが簡単です。

Azure Database Migration ServiceのGAリリースでは、次のワンタイム移行シナリオがサポートされています。

  • SQL ServerからAzure SQLデータベースへ
  • SQL ServerからAzure SQLデータベース管理対象インスタンスへ(パブリックプレビューで)

関連するblog post(英語)でこのアップデートの詳細を確認してください。
リージョン別の利用可能な製品の詳細をご覧ください。
Azure Database Migration Service プレビューとは何ですかの詳細をご覧ください。
Azure Database 移行ガイド(英語)の詳細をご覧ください。

AzureポータルでHTTP / 2設定が利用可能

2018年5月16日 [HTTP/2 configuration available in the Azure portal]粗訳

Azure App ServiceとAzure関数でHTTP/2 support(英語)を発表したとき、この機能を有効にする唯一の方法は、リソースエクスプローラによるものでした。これで、Azureポータルでも構成を利用できるようになり、マウスを数回クリックするだけで、HTTP / 2の選択をシームレスなプロセスにすることができます。

Azureポータルで、アプリケーション設定に行き、HTTPバージョンオプションまでスクロールします。 1.1と2.0の間で必要なバージョンを選択します。