App Service での PHP 5.5 提供終了

2017年10月11日 [Retirement of the PHP 5.5 runtime from App Service]粗訳

PHPグループでは、PHP 5.5 はサポート対象ではなく、セキュリテイ修正を含む、アップデートは行わないことを告知しています。Azure App Service のセキュリティ上の問題を回避するため、2018年1月に PHP 5.5 のサポートを終了する予定です。現在、PHP 5.6、7.0、7.1 をサポートしています。

この提供終了は、PHP 5.5 ランタイム上で、Web Apps を実行しているすべてのユーザーに影響があります(独自に、 PHPランタイムを導入している場合を除く)。ウェブアプリケーションは、自動的に PHP 5.6 に移行されるため、すみやかに、サポートされているバージョンの PHP にアップグレードすることを強くお勧めします。PHP 5.5 からたのバージョンの PHP に移行する方法の詳細については、PHP.net 上の付録ドキュメントをご覧ください。

プラットフォームからPHP 5.5 は削除いたしますが、一部のアプリケーションは、特定の PHP ランタイムバージョンに依存している可能性があることを認識しています。PHP 5.5 でのみ動作するアプリケーションを引き続き動作させるには、Azure App Service Web Apps での PHP の構成方法方法: カスタムの PHP ランタイムを使用するをご覧ください。

広告

仕様変更の可能性を含む、PHPランタイム、エクステンションのアップデート

2016年8月22日 [PHP runtime and extension updates include potentially breaking changes] 粗訳

次の更新では、Azure App Service ワーカー上の PHP ランタイムとエクテンションに変更が加わります。ご利用のウェブサイトが、これらの変更が、アプリケーションやツールがダウンするような影響を受けないかどうか、調査することをお勧めします。詳細については、ブログ投稿をご覧ください。

App Service Environment の拡張機能

2016年7月26日 [Exciting enhancements to the App Service Environment] 粗訳

App Service Environment にて内部ロードバランサー(Internal Load Balancer)を利用できるようになりました。また、Azure Resource Manager デプロイメントモデルの仮想ネットワークに、App Service Environment をデプロイできるようになりました。また、お使いのAzure 仮想ネットワーク上の App Service Environment に、イントラネット/LOBアプリケーションをデプロイできます。

これらは、過去、最も多くのリクエストのあった機能でした。

詳細については、技術文書をご覧ください。