Azure HDInsight における G シリーズインスタンス

2018年8月22日 [G-series VMs are available in Azure HDInsight]粗訳

Azure HDInsight は、Gシリーズのメモリに最適化され、ストレージに最適化された VM を提供しています。

サイズは 2コア、メモリ 28G バイト、SSD 412GB、最大 32 コア、メモリ 448GB 、SSD  6,596GB の範囲です。大規模メモリとローカル SSD ストレージに加えて、G シリーズ VM は、Intel Xeon プロセッサ E5 v3 ファミリを使用して高い計算性能を提供します。

G シリーズのインスタンスは、米国西部、英国南部、東日本、ヨーロッパ東部、カナダ中央部、その他の地域で利用可能となります。 G シリーズで Hadoop 、Spark、Hive、LLAP、Kafka、Storm、HBaseの各ソリューションを構築できます。 Gシリーズを使用して、HDInsightクラスタでマシンラーニングとHPCワークロードを実行できます。

詳細については、Azure HDInsight ドキュメントページを参照してください。

 

広告

Azure.Source – 第45巻が利用可能

2018年8月21日 [Azure.Source – Volume 45 now available]粗訳

Azure.Sourceを読んで毎週Azureの現在の状況を把握してください。現在プレビューされているもの、一般的に利用可能なもの、ニュースやアップデートなどが含まれます。

今週のAzure.Source – Volume 45(英語):

 

  • 現在、仮想ネットワークサービスのエンドポイントは、MySQLとPostgreSQLでGA しました
  • Azure HDInsightで、Apache PhoenixはZeppelinをサポートし、インタラクティブなクエリによる大規模なデータ分析アーキテクチャの簡素化、サービスエンドポイントによるセキュリティの強化を実現しました。
  • Azure(AzSK)のためのSecure DevOps Kitを含む多くの新しい技術コンテンツがあります。

 

Azure HDInsightでのKafka 1.1のサポート

2018年8月20日 [Kafka 1.1 support on Azure HDInsight]粗訳

Azure HDInsightは現在、Kafka 1.1をサポートしています。 Azureポータルでクラスタ作成中に必要なKafkaバージョンを選択できます。

Kafka 1.1には、いくつかの新機能、改善、バグ修正が付属しています。 Kafkaコントローラの改良により、制御されたシャットダウンが高速化されるため、ブローカを再起動して問題を迅速に回復できます。 FetchRequests logicの改善により、クラスタ上でより多くのパーティション(したがって、より多くのトピック)を使用することができます。 Kafka Connectは、トピックのレコードヘッダ(英語)と正規表現(英語)をサポートするようになりました。

完全な更新リストについては、Apache Kafka 1.1のrelease notes(英語)を参照してください。

Azure HDInsightでKafkaを使い始めるには、クイックスタートを参照してください。最新のアップデートについては、@AzureHDInsight(英語)またはHDInsight blog(英語)をフォローしてください。質問とフィードバックについては、AskHDInsight@microsoft.comまでお問い合わせください。

Azure HDInsightでA_V2シリーズのVMが利用可能

2018年8月20日 [A_V2 series VMs are available in Azure HDInsight]粗訳

新しい汎用コンピューティングVMシリーズであるA_V2は、Azure HDInsightで利用可能です。 A_V2 VMのサイズは、1コア、2 GiBのメモリ、10 GBのSSD、最大8コア、64 GiBのメモリ、および80 GB SSDが利用可能です。

A_V2インスタンスは、ほとんどの地域で使用できます。お客様は、A_V2シリーズでHadoop、Spark、Hive、Interactive Query(LLAP)、Kafka、Storm、HBaseソリューションを構築できます。

詳細については、ドキュメントAzure HDInsight ドキュメントページを参照してください。

Azure HDInsight が South India で利用可能

2018年8月20日 [Azure HDInsight is now available in South India]粗訳

Azure HDInsightは南インドで利用可能ですです。これで Azure HDInsightは世界中の27の公共地域で利用可能になりました。

Azure HDInsightは、大量のデータを簡単かつ迅速に処理し、費用対効果の高い、完全に管理されたクラウドサービスです。顧客は、Hadoop、Spark、Hive、Interactive Query(LLAP)、Kafka、Storm、HBase、Microsoft R Serverなどの最も一般的なオープンソースフレームワークを使用できます。

詳細については、Azure HDInsight ドキュメントを参照してください。

Azure HDInsight上のHadoop、Spark、およびData Lake Storage Gen2へのアップデート

2018年6月27日 [Updates to Hadoop, Spark, and Data Lake Storage Gen2 on Azure HDInsight]粗訳

Azure HDInsightは、Azureでオープンソースの分析フレームワークを実行するためのMicrosoftのプレミアムマネージドオファリングです。

今日、Apache Spark、Apache Kafka、Machine Learning Services、Azure Data Lake Storage Gen2のアップデート、およびEnterprise Security Packageの機能拡張について発表します。これらの新しい機能は、引き続き多くのユーザーの節約を促進します。さらに、MicrosoftはApache Hadoopエコシステムへのコミットメントを深め、Hortonworksとの提携を拡大し、Apache Hadoopとオープンソースの大規模なデータ分析をクラウドにもたらしました。spark

詳細については、ブログ投稿Enterprises get deeper insights with Hadoop and Spark updates on Azure HDInsight(英語)を参照してください。

Azure app (プレビュー)のご紹介

2017年5月10日 [Introducing the Azure app (preview)]粗訳

新しい Azure Mobile app プレビューは、いつでも、どこからでも、お使いの Azure リソース へ接続できます。このアプリケーションでは以下を行えます:

  • Azure リソースの状況と、重要なメトリックの確認
  • 重要な運用状況問題に関する通知とアラートの取得
  • シンプルな操作で、主要な問題を解決

Favorites tab gives you quick access to your most important resources View Azure health and resource metric alerts on the Notifications tab Azure Cloud Shell in the mobile app

Azure app の詳細は、ブログ(英語)投稿をご覧ください。