一般公開: HDInsight Hadoop の Enterprise セキュリティ パッケージ

2018年10月17日 [General availability: HDInsight Hadoop Enterprise Security Package]粗訳

  • 大規模な組織が Azure HDInsight サービスを安全にデプロイできるようになりました。Azure Active Directory Domain Services (Azure AD DS) マネージド ドメインに参加する HDInsight クラスターを、Enterprise セキュリティ パッケージ (ESP) を使用して作成できます。それにより、Azure AD DS を使って HDInsight クラスターへのログオンを認証できる企業の従業員の一覧を構成できるようになります。

    この GA リリースには、Azure AD DS と HDInsight サービス間の統合を活用して大幅に簡略されたクラスター設定エクスペリエンスが含まれています。

    詳細については、ブログ記事をご覧ください。

 

広告

一般提供開始:Azure HDInsight 用のエンタープライズセキュリティパッケージ

2018年9月24日 [Enterprise Security Package for Azure HDInsight generally available]粗訳

Azure HD Insight のためのエンタープライズセキュリティパッケージが一般提供を開始しました。 Hadoop および Spark ワークロードのエンタープライズレベルのセキュリティを実現するには、次の機能が必要です。

 

  • Active Directory または Azure Active Directory を使用したマルチユーザー認証。
  • 共同のデータサイエンス経験を持つマルチユーザ Zeppelin ノートブック。
  • Ambari 操作の役割ベースのアクセス制御。
  • Apache Ranger を使用した、Hive SQL および Spark SQL 用のきめ細かなRBAC。
  • Apache Ranger を使用した機密データのデータマスキング
  • Azure Data Lake Store Gen1 のファイルとフォルダレベルの ACL とのシームレスな統合
  • 機密データへのすべてのアクセスとアクセスポリシーへの変更を監査
  • 送信時の透過的なサーバー側の暗号化と暗号化。

 

これらの機能の詳細はこちら(英語)。

Azure HDInsight(英語)の詳細をご覧ください。

 

 

Apache Spark on Azure HDInsight の開発ツール拡張

2018年9月24日 [Developer tools enhancements for Apache Spark on Azure HDInsight]粗訳

Azure HDInsight(英語)の Apache Spark 用の開発ツールにいくつかの新機能が追加されました。

HDInsight Spark デバッグツールセットでは、Spark ジョブの実行を視覚化するための新しい機能を追加しています。データ入力、出力、テーブル操作にアクセスして管理し、実行の利用状況を視覚化します。 HDInsight 開発ツールキットには、クロスプラットフォームの軽量エディタ Azure の統合、PySpark のサポート、Apache Hive の統合、Scala および Java Spark アプリケーションのネイティブオーサリングサポート用の組み込みテンプレート、Apache Maven および Simple Build Tool プロジェクトのサポートが追加されています。

詳細については、Azure HDInsight Webページをご覧ください。

 

 

プレビュー:HDInsight 4.0

2018年9月24日 [HDInsight 4.0 in preview]粗訳

Azure HDInsight 4.0プレビューは、エンタープライズレベルの SLA に基づいて利用可能になりました。

HDInsight 4.0 は、Apache Hadoop および Spark エコシステムのいくつかのオープンソースコンポーネントをアップデートし、お客様に新しい機能を提供します。 HDInsight 4.0 は、Hortonworks Data Platform(HDP)3.0.1 の最新バージョンを使用します。このバージョンの機能には、Hive、Kafka、Oozie、Phoenix、Spark、Storm、および Hbase の拡張機能が含まれます。

このバージョンの使用を開始するには、HDInsight に新しいクラスタを作成する際にHDInsight 4.0を選択します。

 

 

Azure HDInsight における G シリーズインスタンス

2018年8月22日 [G-series VMs are available in Azure HDInsight]粗訳

Azure HDInsight は、Gシリーズのメモリに最適化され、ストレージに最適化された VM を提供しています。

サイズは 2コア、メモリ 28G バイト、SSD 412GB、最大 32 コア、メモリ 448GB 、SSD  6,596GB の範囲です。大規模メモリとローカル SSD ストレージに加えて、G シリーズ VM は、Intel Xeon プロセッサ E5 v3 ファミリを使用して高い計算性能を提供します。

G シリーズのインスタンスは、米国西部、英国南部、東日本、ヨーロッパ東部、カナダ中央部、その他の地域で利用可能となります。 G シリーズで Hadoop 、Spark、Hive、LLAP、Kafka、Storm、HBaseの各ソリューションを構築できます。 Gシリーズを使用して、HDInsightクラスタでマシンラーニングとHPCワークロードを実行できます。

詳細については、Azure HDInsight ドキュメントページを参照してください。

 

Azure.Source – 第45巻が利用可能

2018年8月21日 [Azure.Source – Volume 45 now available]粗訳

Azure.Sourceを読んで毎週Azureの現在の状況を把握してください。現在プレビューされているもの、一般的に利用可能なもの、ニュースやアップデートなどが含まれます。

今週のAzure.Source – Volume 45(英語):

 

  • 現在、仮想ネットワークサービスのエンドポイントは、MySQLとPostgreSQLでGA しました
  • Azure HDInsightで、Apache PhoenixはZeppelinをサポートし、インタラクティブなクエリによる大規模なデータ分析アーキテクチャの簡素化、サービスエンドポイントによるセキュリティの強化を実現しました。
  • Azure(AzSK)のためのSecure DevOps Kitを含む多くの新しい技術コンテンツがあります。

 

Azure HDInsightでのKafka 1.1のサポート

2018年8月20日 [Kafka 1.1 support on Azure HDInsight]粗訳

Azure HDInsightは現在、Kafka 1.1をサポートしています。 Azureポータルでクラスタ作成中に必要なKafkaバージョンを選択できます。

Kafka 1.1には、いくつかの新機能、改善、バグ修正が付属しています。 Kafkaコントローラの改良により、制御されたシャットダウンが高速化されるため、ブローカを再起動して問題を迅速に回復できます。 FetchRequests logicの改善により、クラスタ上でより多くのパーティション(したがって、より多くのトピック)を使用することができます。 Kafka Connectは、トピックのレコードヘッダ(英語)と正規表現(英語)をサポートするようになりました。

完全な更新リストについては、Apache Kafka 1.1のrelease notes(英語)を参照してください。

Azure HDInsightでKafkaを使い始めるには、クイックスタートを参照してください。最新のアップデートについては、@AzureHDInsight(英語)またはHDInsight blog(英語)をフォローしてください。質問とフィードバックについては、AskHDInsight@microsoft.comまでお問い合わせください。