Power BI Embedded REST APIの新しいドキュメント

2018年7月5日 [New documentation for Power BI Embedded REST APIs]粗訳

すべてのPower BI REST APIの新しいドキュメントが利用可能です。
あなたはドキュメンテーションで見つけることができます。

広告

Azure DevTest Labs:仮想マシンのユーザー名とパスワードの自動入力

2018年7月3日 [Azure DevTest Labs: Auto-fill virtual machine username and password ]粗訳

Azure DevTest Labsでは、ラボユーザーが仮想マシンを作成するために必要な時間を短縮する機能を導入しています。

ラボユーザーとして仮想マシンを作成すると、マシンのユーザー名とパスワードが事前に入力されます。プレビューを取得し、この機能の動作の詳細については、ブログポスト(英語)を参照してください。

Azure DevTest Labs:仮想マシン名の自動入力

2018年7月3日 [Azure DevTest Labs: Auto-fill virtual machine name]粗訳

Azure DevTest Labsでは、ラボユーザーが仮想マシンを作成するために必要な時間を短縮する機能を導入しています。

ラボユーザーとして仮想マシンを作成すると、マシンの名前には、自動的に生成された固有の名前があらかじめ入力されます。プレビューを取得し、この機能の動作の詳細については、ブログポスト(英語)を参照してください。

Azure Stream Analyticsでの参照データサイズの増加

2018年7月3日 [Increased reference data size in Azure Stream Analytics]粗訳

Azure Stream Analyticsは、300 MBの最大サイズの参照データをサポートするようになりました。これは、6ストリーミング単位(SU)以上のスタンプサイズに対する単純な照会でのみ達成可能な値です。

Azure ダッシュボードタイルの新機能:クエリのサイズ変更と編集

2018年7月2日 [New features for Azure dashboard tiles: resize and edit query]粗訳

Azure Log AnalyticsとAzure Application Insights AnalyticsのどのクエリタイルでもAzure ポータルのダッシュボードにピンづけ出来るようになりました。

  • タイルはサイズ変更可能です。最も重要なチャートをより大きくにすることができ、重要度の低い(またはデータの追加操作が必要な)チャートを小さくすることができます。
  • ダッシュボード内でタイルの基になっているクエリを編集できます。アナリティクスを開いてタイルを固定し直したり、古いタイルを固定したりする必要はありません。

 

Application Insights AnalyticsとLog Analyticsタイルの両方を含むダッシュボード上の機能は次のとおりです。

Azure DNS:SLA が 100%にアップデート

2018年6月29日 [Azure DNS SLA: Updated to 100%]粗訳

Azure DNSは現在、多様なジオ冗長DNSインフラストラクチャによってサポートされている100%の可用性SLAで提供されています。

このアップデートでは、Azure DNSは、有効なDNS要求が少なくとも1つのネームサーバーからの応答を100%受け取ることを保証します。詳細は、SLA の定義(英語)を参照してください。

Azure Log Analytics の新しい概要ページ

2018年6月29日 [A new overview page for Azure Log Analytics]粗訳

Azure Log Analyticsの新しい概要ページでは、コスト管理、ログ、ビューデザイナーなど、ユーザーが開始したツールやサービスを迅速に見つけ出すことができます。

以前の「概要」という名前のソリューションダッシュボードページが「ワークスペースサマリー」になっていることに留意してください。