StorSimple 向け、新しいサブスクリプション購入オプション

2017年4月3日 [New subscription purchase option for StorSimple]粗訳

Microsoft Azure StorSimple 8000 シリーズ向け、StorSimple 仮想アレイ、StorSimple クラウドアプライアンス向け、新しいサブスクリプションオプションが利用可能となりました。

このオプションを利用すると、エンタープライズアグリーメント(EA)、エンタープライズサブスクリプション、Enrollment for Education Solutions では、年間固定費用で、StorSimple と標準サポートをご利用いただけます。デバイスの利用には、変動費用はありません(ただし、Azure Storage の価格は含まれておりません)。

このオプションは、以下の利点を提供します:

  • StorSimple 購入・利用の固定化・簡略化
  • 現在の Azure Storage Acceleration Program (ASAP+) と比較し、安価な、StorSimple の価格
  • ストレージの必要状況が高まった場合でも、保守コストが固定されている(ただし、Azure Storage の価格は含まれておりません)

詳細については、StorSimple 価格ページをご覧いただくか、弊社担当営業までお問い合わせください。

一般提供開始:Azure Network Watcher

2017年3月31日 [General availability: Azure Network Watcher]粗訳

Azure Network Watcher が一般提供開始となりました。現在のところ、米国中西部、米国中北部、米国西部リージョンでのみお使いいただけます。

Network Watcher は、Azure 内外、Azure 間 のネットワークシナリオにおいて、監視・診断するための地域サービスです。Network Watcher でご利用いただける診断ツールと可視化ツールにより、ネットワークに関する洞察を得ることができます。このサービスには、パケットキャプチャ、ネクストホップ、IP フロー検証、セキュリティグループビュー、NSG フローログが含まれます。

詳細については、Network Watcher ドキュメントページをご覧ください。

一般提供開始:Azure Monitor

2017年3月31日 [General availability: Azure Monitor] 粗訳

Azure のデータを監視するための中央ソースとパイプラインである、Azure Monitor が一般提供開始となりました。この一般提供開始はには、既存の機能に加えて、Activity Log Alerts、SMS・メール・Web hook 通知をつかった Action Group が含まれます。

詳細については、ブログ投稿(英語)をご覧ください。

一般提供開始:Azure Resource Health

2017年3月31日 [General availability: Azure resource health] 粗訳

Azure Resource Health は、Azure での問題が、ご利用中のリソースに影響を診断し、サポート情報を得ることを手助けします。これは、ご利用中のリソースの現在、および、過去の状況情報を提供し、発生している問題を解決するのに役立ちます。Resource Health は、Azure サービスの問題発生時に、必要な技術サポートを提供します。

Azure ステータスは、Azure の広範囲なお客様に与えるサービスの問題を通知しますが、Resource Health は、ご利用中のリソースの健全性をパーソナライズされたダッシュボードで提供します。Resource Health は、Azure サービスの問題で、過去にリソースが利用できなかったことを、情報として提供します。これにより、SLA に抵触したかどうかを簡単に判断できます。

Resource Health は、2015年10月(英語)よりプレビュー提供しています。

詳細については、ドキュメントをご覧いだくか、Azure ポータルの Resource Health ページを訪問ください。

一般提供開始:Azure Advisor

2017年3月31日 [General availability: Azure Advisor] 粗訳

Azure Advisor は Azure リソースの最適化のベストプラクティスを活用するために役立つパーソナライズされたレコメンデーションガイドです。リソースの構成と使用状況を分析し、Azure リソースの高可用性、セキュリティ、パフォーマンス、および、利用効率を改善するのに役立つガイダンスを提供します。Azure Advisor は追加費用無しにでご利用いただけます。

Azure Advisor は、2016年11月(英語)よりプレビューになっています。

詳細については、Azure Advisor ウェブページをご参照いただくか、Azure ポータルで、Advisor ブレードを開いてください。

Azure Advisor

Azure Data Lake Store と Azure SQL Data Warehouse のシームレスな統合

2017年3月31日 [Azure SQL Data Warehouse seamless integration with Azure Data Lake Store] 粗訳

Azure SQL Data Warehouse の PolyBase が、Azure Data Lake Store をサポートしました。

この機能拡張により、使い慣れた外部データや、Azure Blob Storage で使用していた CTAS コマンドを使って、Data Lake Store からデータをロードできます。Data Lake Store および、Blob Storage との接続は、プッシュダウン計算機能はもたず、データをロードする機能として、意図しています。

詳細については、ブログ(英語)投稿をご覧ください。

SQL Data Warehouse での UTF-16LE エンコードファイルの外部ファイル形式サポート

2017年3月31日 [External file format support for UTF-16LE encoded files in SQL Data Warehouse] 粗訳

Azure SQL Data Warehouse では、外部ファイル形式で、UTF-16LE でエンコードされたデリミタテキストファイルをサポートできるようになりました。UTF-16 でエンコードされたデリミタテキストファイルのサポートにより、BCP.exe 経由で移動されたファイルを読み込めます。そのため、データのエンコードに気を使う必要がなく、データを引き出すことが可能です。

詳細については、creating external file formats (英語)ドキュメントをご覧ください。

SQL Data Waharehouse での PolyBase 行幅制限の拡張

2017年3月31日 [PolyBase row width limit increased in SQL Data Warehouse] 粗訳

Azure SQL Data Warehouse の最新リリースの PolyBase では、行幅の制限が 32KB から 1MB に増加しました。そのため、Azure Blob Storage または、Azure Data Lake Store から SQL Data Warehouse に直接、大きい行幅のデータを取り込めます。

行の制限は、ファイル内のデータの行幅ではなく、UTF-16 エンコードでのデータサイズによって決まります。

この機能についての詳細は、ブログ投稿(英語)をご覧ください。

プレビュー:Azure Functions での Open API (Swagger) のサポート

2017年3月30日 [Preview: Azure Functions Open API (Swagger) support] 粗訳

Azure Functions での、Open API 2.0 (Swagger) メタデータの編集とホスティングのサポートがプレビューになりました。API の作成は、Functions の通常の機能であり、Swagger メタデータは、Swagger 準拠のソフトウェアが、API と用意に統合できることを可能にします。

これらの機能は、既存の Azure App Service API 定義のサポートと統合されています。そのため、作成した API を、PowerApps(英語)、Flow(英語)、Logic Apps など数多くのサービスで利用できます。また、作成した API のSDK を Visual Studio を使って生成できます。

4月3日より、Traffice Manager は、Azure ポータルからのみ利用可能に

2017年3月30日 [Traffic Manager available only in the Azure portal from April 3] 粗訳

2017年4月3日より、Azure Traffic Manager は、Azure ポータルからのみに利用可能になります。Azure ポータルで、Traffic Managerを利用いただき、ぜひ、フィードバックをお寄せください。

Azure ポータルで利用する方法については、Traffic Manager ドキュメントをご覧ください。