一般提供開始: Azure Event Grid の Azure IoT Hub 統合

2018年9月6日[Announcing general availability of Azure IoT Hub integration with Azure Event Grid]粗訳

Azure Event GridAzure IoT Hubの統合が一般提供を開始しました。これにより IoTアプリケーションのアーキテクチャが簡素化されます。
主な利点は次のとおりです。

  • Azure FunctionsAzure Logic Appsなどの最新のサーバーレス・アーキテクチャーと容易に統合し、ワークフローとダウンストリーム・プロセスを自動化します。
  • デバイスの作成、削除、接続、切断に迅速に対応してアラートを有効にします。
  • ポーティングサービスの複雑さと費用を排除し、発券、課金システム、データベース更新などのWebフックを使用してサードパーティのアプリケーションとイベントを統合します。

 

広告

パブリックプレビュー:Azure event Grid

2017年8月17日 [Public preview: Azure Event Grid]粗訳

Azure Event Grid により、イベントベースのアーキテクチャであるアプリケーションを簡単に構築できます。利用する Azure リソースを選択すると、イベントを送信するイベントハンドラ、もしくは、Webhook エンドポイントが与えられます。

Event Grid には、ストレージ blob やリソースグループなど、Azure サービスからのイベントのビルドインサポートが組み込まれています。Event Grid には、カスタムトピックとカスタム Webhook を利用した、カスタムトピック、および、サードパードパーティトピックが、あらかじめ組み込まれています。フィルターを使用して、特定のイベントを、様々なエンドポイントにルーティングしたり、複数のエンドポイントにマルチキャストしたり、イベントが確実に配信されているかどうか確認したりできます。

Azure Event Grid についての詳細は、ブログ投稿(英語)をご覧ください。