VSTS Sprint 133アップデート:Azure MySQL、Kubernetes Helm、およびRubyのDeploy

2018年4月16日 [Deployment for Azure MySQL, Kubernetes Helm, and Ruby – VSTS Sprint 133 Update]粗訳

Visual Studio Team Services(VSTS)のSprint 133アップデートは、VSTSを使用してビルドおよびリリースするためにサポートしている言語とプラットフォームを拡張しています。あなたのアプリケーションがAzure Database for MySQL(英語)、Kubernetes(英語)、またはRuby on Rails(英語)を使う場合、そのデプロイメントプロセスをVSTSがカバーするようになりました。また、Azure DevOps Projectsでも成長を続けています。 AzureでGo や Ruby アプリケーション(英語)を使い始めるのは簡単ではありません。

今回新しいnotification type(英語)とNuGet upstream sources(英語)のサポートがPackage Management(英語)でも利用可能になりました。

詳細については、full release notes(英語)を参照してください。

広告

VSTS Sprint 132 Update:デプロイメントグループとビルド完了トリガー

2018年3月27日 [Deployment Groups and build completion trigger – VSTS Sprint 132 Update]粗訳

Visual Studio Team Services(VSTS)のSprint 132アップ​​デートは、主にビルド​​とリリースパイプラインのスケーリングに関するものです。ビルドでは、新しいビルド完了トリガー を利用し、異なるチームが所有する可能性があるビルドをつなげることができます(英語)。このリリースでは、デプロイメントグループ(英語)のGAを発表しています。これを使用して、実稼働環境を含む複数の仮想マシン間で高可用性を実現できます。

その他のハイライトは次のとおりです。

 

 

Microsoft Docsのリリースノートを見て下さい。(英語)

11月30日より、VSTS は Azure ポータルでのみ利用可能に

2017年11月21日 [VSTS available only in the Azure portal from November 30]粗訳

2017年11月30日より、Visual Studio Team Services (VSTS) アカウントの管理には、Azure ポータルをご利用いただく必要があります。Azure クラシックポータルからのアクセスはサポートされなくなります。利用開始する方法の詳細については、VSTS ドキュメント (英語)をご参照ください。

VSTS についての詳細については、ウェブページをご覧ください。

名称変更:Visual Studio Mobile Center

2017年11月16日 [Name changes: Visual Studio Mobile Center]粗訳

Visual Studio Mobile Center は Visual Studio App Center と名称変更され、一般提供開始となりました。App Center についての詳細については、
概要価格のウェブページをご覧ください。

名称変更については、以下の表をご覧ください。

サービス名(変更無し)

旧サービスタイプ

新サービスタイプ

リソース名(変更無し) 

旧 EA ポータル名(製品)

新 EA ポータル名(製品)

Visual Studio

Mobile Center

App Center

Push Notifications

Visual Studio Mobile Center Push Notifications

Visual Studio App Center Push Notifications

Visual Studio

Mobile Center

App Center

Build

Visual Studio Mobile Center Build

Visual Studio App Center Build

Visual Studio

Mobile Center

App Center

Premium Test Cloud

Visual Studio Mobile Center Premium Test Cloud

Visual Studio App Center Premium Test Cloud

Visual Studio

Mobile Center

App Center

Standard Test Cloud

Visual Studio Mobile Center Standard Test Cloud

Visual Studio App Center Standard Test Cloud

Azure app (プレビュー)のご紹介

2017年5月10日 [Introducing the Azure app (preview)]粗訳

新しい Azure Mobile app プレビューは、いつでも、どこからでも、お使いの Azure リソース へ接続できます。このアプリケーションでは以下を行えます:

  • Azure リソースの状況と、重要なメトリックの確認
  • 重要な運用状況問題に関する通知とアラートの取得
  • シンプルな操作で、主要な問題を解決

Favorites tab gives you quick access to your most important resources View Azure health and resource metric alerts on the Notifications tab Azure Cloud Shell in the mobile app

Azure app の詳細は、ブログ(英語)投稿をご覧ください。

一般提供開始:Visual Studio Team Services 向けパッケージ管理エクステンション

2016年12月12日 [General availability: Package Management extension for Visual Studio Team Services] 粗訳

Visual Studio Team Services 向け、パッケージ管理(英語)エクステンションが一般提供開始となりました。パッケージ管理は、継続的インテグレーションと配信により、DevOps ワークフローへの移行を手助けします。独自の NuGet パッケージを格納することに 独自の NuGet サーバーやファイル共有が不要になります。npm パッケージのサポートはパブリックプレビューにも含まれます。

パッケージ管理は、ユーザー人数で月額課金されます。Visual Studio Enterprise サブスクライバー(Visual Studio Enterprise with MSDN, Visual Studio Enterprise annual, and Visual Studio Enterprise monthly)には含まれています。

Visual Studio Online Professional および Adavanced ユーザープランの変更

2016年2月3日 [Changes to Visual Studio Online Professional and Advanced user plans] 粗訳

以前に告知した Visual Studio Team Services (かつて Visual Studio Onlineとよばれていました)ユーザープランのアップデートに小規模な変更があります。2016年2月1日に Visual Studio Online Professional プランは、自動的に新しい Visual Studio Professional 月払いサブスクリプションに転換されませんでした。Visual Studio Professonal 月払いサブスクリプションへは、無制限のVisual Studio Team Services アカウント提供が可能になった移行は、いつでも手動で転換できます。

この作業の方法については、Manage users and assign access to your Visual Studio Team Services account.(英語)をご参照ください。2015年12月にリリースした機能については、our Custom work item fields and more (英語)ウェブページをご参照ください。