一般提供開始:MicrosoftがホストするLinuxおよびmacOSエージェント (VSTS Sprint 137アップデート)

2018年7月10日 [General availability: Microsoft-hosted Linux and macOS agents in VSTS Sprint 137 Update]粗訳

Visual Studio Team Services(VSTS)のSprint 137アップデートでは、LinuxおよびmacOS MicrosoftホストのCI / CDエージェントでプレビューが外れ、GAになりました。マイクロソフトがホストするWindowsエージェントに加えて、プラットフォームに関係なく、プロダクションビルドおよびリリース用の信頼性とスケーラビリティのあるプラットフォームが用意されています。

コード、wiki、パッケージ、および管理には、以下のような機能があります。 Microsoft Docsのフルリリースノートを参照してください。(英語)

コード:

 

 

Wiki:

 

 

ビルドとリリース:

 

 

パッケージ:

 

 

管理者:

 

 

広告

VSTS Sprint 136アップデート:UI のモダナイゼーション

2018年6月19日 [Modernizing the UI—VSTS Sprint 136 Update]粗訳

Visual Studio Team Services(VSTS)のSprint 136アップデートでは、いくつかの設計変更を導入しています。 ビルドハブ(英語)とテストタブ(英語)で新しいエクスペリエンスをプレビューできます。また クエリー ハブ(英語)がGAしました。また、新しいナビゲーション(英語)のプレビューを試すこともできます。

ワーク、ビルド、リリース、テスト、およびレポートには、以下のような機能があります。 Microsoft Docsのフルのリリースノートを御覧ください。(英語)

 

 

VSTS Sprint 135 Update:リリースの進捗状況を視覚化する

2018年5月30日 [Visualize release progress—VSTS Sprint 135 Update]粗訳

Visual Studio Team Services(VSTS)のSprint 135アップデートは、すべてのリリース活動を視覚化する新しい方法をもたらします。新しいリリースプログレスビュー(英語)は昨年作成されたグラフィカル リリース定義 エディター(英語)を取得し、進行状況とステータスを表示して、リリースを追跡して完全なコンテキストでアクションを実行できるようにします。

以下に挙げるように、仕事、コード、ビルド、リリース、さらには認証まで、さまざまな機能があります。 Microsoft Docsのフルリリースノートを参照してください。(英語)

 

 

VSTS Sprint 133アップデート:Azure MySQL、Kubernetes Helm、およびRubyのDeploy

2018年4月16日 [Deployment for Azure MySQL, Kubernetes Helm, and Ruby – VSTS Sprint 133 Update]粗訳

Visual Studio Team Services(VSTS)のSprint 133アップデートは、VSTSを使用してビルドおよびリリースするためにサポートしている言語とプラットフォームを拡張しています。あなたのアプリケーションがAzure Database for MySQL(英語)、Kubernetes(英語)、またはRuby on Rails(英語)を使う場合、そのデプロイメントプロセスをVSTSがカバーするようになりました。また、Azure DevOps Projectsでも成長を続けています。 AzureでGo や Ruby アプリケーション(英語)を使い始めるのは簡単ではありません。

今回新しいnotification type(英語)とNuGet upstream sources(英語)のサポートがPackage Management(英語)でも利用可能になりました。

詳細については、full release notes(英語)を参照してください。

VSTS Sprint 132 Update:デプロイメントグループとビルド完了トリガー

2018年3月27日 [Deployment Groups and build completion trigger – VSTS Sprint 132 Update]粗訳

Visual Studio Team Services(VSTS)のSprint 132アップ​​デートは、主にビルド​​とリリースパイプラインのスケーリングに関するものです。ビルドでは、新しいビルド完了トリガー を利用し、異なるチームが所有する可能性があるビルドをつなげることができます(英語)。このリリースでは、デプロイメントグループ(英語)のGAを発表しています。これを使用して、実稼働環境を含む複数の仮想マシン間で高可用性を実現できます。

その他のハイライトは次のとおりです。

 

 

Microsoft Docsのリリースノートを見て下さい。(英語)

11月30日より、VSTS は Azure ポータルでのみ利用可能に

2017年11月21日 [VSTS available only in the Azure portal from November 30]粗訳

2017年11月30日より、Visual Studio Team Services (VSTS) アカウントの管理には、Azure ポータルをご利用いただく必要があります。Azure クラシックポータルからのアクセスはサポートされなくなります。利用開始する方法の詳細については、VSTS ドキュメント (英語)をご参照ください。

VSTS についての詳細については、ウェブページをご覧ください。

名称変更:Visual Studio Mobile Center

2017年11月16日 [Name changes: Visual Studio Mobile Center]粗訳

Visual Studio Mobile Center は Visual Studio App Center と名称変更され、一般提供開始となりました。App Center についての詳細については、
概要価格のウェブページをご覧ください。

名称変更については、以下の表をご覧ください。

サービス名(変更無し)

旧サービスタイプ

新サービスタイプ

リソース名(変更無し) 

旧 EA ポータル名(製品)

新 EA ポータル名(製品)

Visual Studio

Mobile Center

App Center

Push Notifications

Visual Studio Mobile Center Push Notifications

Visual Studio App Center Push Notifications

Visual Studio

Mobile Center

App Center

Build

Visual Studio Mobile Center Build

Visual Studio App Center Build

Visual Studio

Mobile Center

App Center

Premium Test Cloud

Visual Studio Mobile Center Premium Test Cloud

Visual Studio App Center Premium Test Cloud

Visual Studio

Mobile Center

App Center

Standard Test Cloud

Visual Studio Mobile Center Standard Test Cloud

Visual Studio App Center Standard Test Cloud