Application Insights:テレメトリデータ通信に HTTPS が必要となります

2016年11月28日 [Application Insights: Telemetry data will require HTTPS] 粗訳

2016年12月5日より、Azure Application Insights は、HTTP経由でのテレメトリデータ受信が不可能となり、HTTPSでのデータ通信のみが許可されます。この変更は、セキュリテイ改善のために実施されます。

旧バージョンの Application Insights SDK を使ってアプリケーションを作成している場合に、この変更の影響を受けます。最新バージョンを利用している場合、標準で HTTPS でのテレメトリデータ通信が行われます。現在、Application Insights で受信しているテレメトリデータの約1%がHTTP通信を使用しています。

以下を実施することを考慮してください:

  • サーバーやアプリケーションで利用している Application Insights SDK を最新バージョンの SDK に更新してください。過去6ヶ月にリリースしたすべての SDK は、HTTPS 通信が標準設定になっています。
  • 最新バージョンの JavaScript SDK スニペットを使ってウェブページを検証してください。適切なスニペットは、https://az416426.vo.msecnd.net/scripts/a/ai.0.js が参照先として含まれます。新しいバージョンのスニペットは、Azure ポータルのお使いの Application Insights の Getting Started タブより入手可能です。(また、GitHub からも入手できます。その場合、instrumentation key の変更が必要です。) 
  • 12月5日以降、受信しているテレメトリデータが減少した場合、最新バージョンの Application Insights SDK を利用して、アプリケーションの更新を実施してください。(更新方法:ASP.NET, Java.)

feedback (英語)をお待ちしております。

広告

Application Insights:リージョンの追加とリソースロケーションのアップデートの一般提供開始

2016年11月22日 [Application Insights: General availability in additional regions and resource location update] 粗訳

Azure Application Insights のロケーションとして、新たに、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、2カ所が加わりました。Application Insights の構成データと分析データは、同一のデータセンターに保存されます。以前は、これらのデータセンターは非公開で、リソースのロケーションは、コンポーネントのアカウントの構成の場所でした。

構成データは、お客様のデータの場所の透明性を向上させるため、以降の一貫として、テレメトリーデータの同じ位置に移動しました。Microsoft.Insights に含まれる Application Insights リソースの構成データとテレメトリーデータを同じ場所に変更することによって発生する問題についてお詫びいたします。AlertRules および AutoScaleSettings については、ほとんどの Azure リージョンに配置されているため、影響は受けません。

Application Insights 向けの、ほとんどの Azure リソースマネージャーテンプレートのロケーションは、”centralus” もしくは ”Central US” と記載されています。これは大きな変更であり、これらのテンプレートは以下の様なエラーメッセージで失敗します。

The subscription is not registered for the resource type ‘components’ in the location ‘centralus’.

Please re-register for this provider in order to have access to this location.  (Code: MissingRegistrationForLocation)

この問題を解決するため、正しい、米国のロケーションに変更してください。

また、Microsoft.Insights/components リソースのみ、移動されました。Microsoft.Insights/alertrules および Microsoft.Insights/autoscalesettings は、移動していません。これは、アライメントが想定されている場合や、resourceGroup.location() が使用されている場合に、デプロイ時に、エラーが発生する可能性があります。スクリプトが、これらのリソースが同一のロケーションであることを想定している場合は、これらのリソースを削除してから、正しい領域に再デプロイすることができます。

$resource = Get-AzureRmResource

$resource | where { $_.ResourceType -eq ‘Microsoft.insights/autoscalesettings’ } | Remove-AzureRmResource

$resource | where { $_.ResourceType -eq ‘Microsoft.insights/alertrules’ } | Remove-AzureRmResource

AzureポータルでのVSTSを使った新しいデプロイ方法

2016年1月22日 [A new way to deploy VSTS in the Azure portal] 粗訳

Visual Studio Team Services(VSTS)を使った Azure ウェブサイトのデプロイは、Kuduを使ったデプロイと異なった働きをします。Azure portal にてソースコードからのデプロイをセットアップする際に、以下のいくつかのオプションがあります:

  • Visual Studio Team Services
  • OneDrive
  • ローカルの Git repository
  • GitHub
  • Bitbucket
  • Dropbox
  • 外部のリポジトリ

これらのすべての婦ションは、Kuduデプロイメントエンジンを使っています。Visual Studio Team Servicesのオプションでは、Kuduは、Gitリポジトリのみをサポートします。追加情報については

Can I host my repo on VSTS and have Kudu build it?(英語)をご覧ください。