Azure Stream Analyticsを搭載したPower BI Embedded ダッシュボード

2018年7月9日 [Power BI Embedded dashboards with Azure Stream Analytics]粗訳

Azure Stream AnalyticsでPower BIを使用すると、Power BI Embeddedダッシュボードのユーザーは、毎日使用するアプリケーションのコンテキスト内でストリーミングデータからの洞察を視覚化できます。 Power BI Embeddedを使用すると、ユーザーは組織のWebアプリケーションの中にリアルタイムのダッシュボードを埋め込むこともできます。

既存のStream AnalyticsジョブをPower BI Embeddedと連携させるための変更は必要ありません。 Azure Stream AnalyticsとPower BIでダイナミックストリーミングダッシュボードを構築および埋め込む方法の詳細については、チュートリアル(英語)を参照してください。機能の詳細については、ブログポスト(英語)を参照してください。

広告

Azure Stream Analyticsでの参照データサイズの増加

2018年7月3日 [Increased reference data size in Azure Stream Analytics]粗訳

Azure Stream Analyticsは、300 MBの最大サイズの参照データをサポートするようになりました。これは、6ストリーミング単位(SU)以上のスタンプサイズに対する単純な照会でのみ達成可能な値です。

Azure Stream Analyticsのカスタム属性によるBLOB出力の分割

2018年5月9日 [Blob output partitioning by custom attribute in Azure Stream Analytics]粗訳

現在、Azure Stream Analyticsの出力を、クエリの任意の列に基づいてAzure Blobストレージにパーティション分割することができます。パーティションキーは、入力ストリームからの列でも、クエリ自体のフィールドでもかまいません。

詳細については、blog post(英語)を参照してください。

Stream Analyticsの異常検出用に組み込まれた機械学習モデルが更新されました

2018年5月9日 [Updated built-in machine learning models for anomaly detection in Stream Analytics]粗訳

Azure Stream Analyticsには、スパイクおよびディップ検出のための機械学習モデルのサポートが含まれています。このアップデートにより、双方向性、低速性、および低速性の負の傾向が検出されます。

詳細については、ブログポスト(英語)を参照してください。

IoT Edge上のStream AnalyticsジョブのC#カスタムコードのサポート

2018年5月9日 [C# custom code support for Stream Analytics jobs on IoT Edge]粗訳

IoT EdgeのAzure Stream Analyticsジョブは、C#カスタムコードをサポートするようになりました。

IoT Edgeが提供するクエリオーサリングと展開が容易なVisual Studioのサポートに加えて、IoT EdgeのStream AnalyticsのC#カスタムコードにより、ユーザーはリッチなストリーミングパイプラインを作成できます。また、ユーザーは既存のコードやライブラリを活用したり、ストリーミングエンジンで直接実行される新しいロジックを開発したりすることもできます。

詳細については、ブログポスト(英語)を参照してください。

Azure Stream Analyticsで利用可能なセッションウィンドウ

2018年5月9日 [Session windows available in Azure Stream Analytics]粗訳

セッションウィンドウは、Azure Stream Analyticsで利用できる新しい機能です。入力データのバッチに基づいて可変サイズの動的時間ウィンドウを作成します。これにより、ユーザーはデータが存在しない期間をフィルタリングできます。

タイムアウト、最大継続時間、およびパーティション化キー(オプション)の3つの主要パラメータを使用すると、セッションウィンドウを使用して、クリックストリーム分析、接続された車のテレメトリなどのシナリオ用のソリューションを簡単に構築できます。

詳細については、ブログポスト(英語)を参照してください。

IoT Edge 上の Azure Stream Analytics

2018年4月13日 [Azure Stream Analytics on IoT Edge]粗訳

Azure IoT EdgeのAzure Stream Analyticsは、開発者がIoTデバイスの近くでほぼリアルタイムの分析インテリジェンスを展開できるようにし、デバイスが生成したデータの価値を最大限に引き出すことを可能にします。低遅延、弾力性、帯域幅の効率的な使用、コンプライアンスが必要なお客様向けに設計されています。

企業は現在、産業用操作に近い制御ロジックを導入し、クラウド内で行われている大規模なデータ分析を補完することができます。