Azure Disk Encryption が有効な仮想マシンでのディザスター リカバリー

2018年10月2日 [Disaster recovery for Azure Disk Encryption–enabled virtual machines]粗訳

Azure Site Recovery では、Azure Disk Encryption が有効な仮想マシンでディザスター リカバリーをサポートするようになりました。Azure Active Directory アプリによる暗号化が有効な仮想マシンを、ある Azure リージョンから別のリージョンにレプリケートすることができます。

詳細については、ドキュメントを参照してください。

 

広告

Azure仮想マシンのクロスサブスクリプション ディザスタリカバリ

2018年8月27日 [Cross-subscription disaster recovery for Azure virtual machines]粗訳

Azure Site Recoveryは、Azure仮想マシンのクロスサブスクリプション災害復旧(DR)をサポートするようになりました。 Azure IaaSアプリケーションのDRは、同じAzure Active Directoryテナント内の異なるサブスクリプションの別のリージョンに設定できます。詳細については、ブログポスト詳細ブログポスト(英語)を参照してください。

Azure VMのDRを設定すると、Azure VM を別の Azure リージョンにレプリケートするの手順を実行できます。

Azure Site Recovery のロールアップ27

2018年7月31日 [Azure Site Recovery Update Rollup 27]粗訳

Azure Site Recovery用の更新プログラムのロールアップ27が利用可能になりました。これらは新しいバージョンのコンポーネントを提供します:

 

  • Microsoft Azure Site Recovery統合セットアップ/モビリティエージェント(9.18.4946.1)
    -VMwareからAzureへの複製に使用
  • Microsoft Azure Site Recovery Provider(5.1.3550.0)
    – Azure /セカンダリサイトへのHyper-Vレプリケーションに使用されます
  • Microsoft Azure回復サービスエージェント(2.0.9125.0)
    -Hyper-VからAzureへの複製に使用されます

 

ロールアップは、以下を実行するデプロイメントで適用できます。

 

  • Unified Setup / Mobilityエージェントバージョン9.14.0000.0以降。
  • サイト回復プロバイダ(System Center VMM):バージョン3.3.x.x以降。
  • サイトリカバリプロバイダ(VMMを使用しないレプリケーション用):バージョン5.1.3100.0以降
  • サイトリカバリHyper-Vプロバイダ:バージョン4.6.x.x以降。

 

ロールアップ内の修正およびインストール手順の詳細については、KB 4055712(英語)を参照してください。

Azure Site Recovery アップデートロールアップ26:プロバイダとエージェントのアップデート

2018年7月18日 [Azure Site Recovery Update Rollup 26: provider and agent updates]粗訳

Azure Site Recovery 用の更新プログラムのロールアップ26が利用可能になりました。これらのコンポーネントの新しいバージョンを提供します:

 

  • Microsoft Azure Site Recovery統合セットアップ/モビリティエージェント(9.17.4897.1)
    – VMwareからAzureへの複製に使用
  • Microsoft Azure Site Recovery Provider(5.1.3400.0)
    – Azure / SecondaryサイトへのHyper-Vレプリケーションに使用されます。
  • Microsoft Azure回復サービスエージェント(2.0.9122.0)
    – Hyper-VからAzureへのレプリケーションに使用されます

 

ロールアップは、以下を実行する展開で適用できます。

 

  • 統合セットアップ/モビリティエージェントバージョン9.13.000.1以降
  • サイトリカバリプロバイダ5.1.3000以降、Hyper-Vリカバリマネージャ3.4.486以降、またはサイトリカバリHyper-Vプロバイダ4.6.660以降

 

ロールアップ内の修正およびインストール手順の詳細については、KB 4344054(英語)を参照してください。

Azure Site Recovery REST APIの旧バージョンが非推奨に

2018年5月24日 [Deprecating older versions of the Azure Site Recovery REST API]粗訳

Azure Site Recovery REST APIの次のバージョンは、2018年7月31日に非推奨になります。

 

  • 2014-10-27
  • 2015-02-10
  • 2015-04-10
  • 2015-06-10
  • 2015-08-10

 

Azure Site Recovery REST APIユーザーは、APIバージョン2016-08-10以降を引き続き使用できます。この変更はAzure Site RecoveryポータルとPowerShellユーザーには影響しません。

韓国中部・韓国南部の Azure リージョンで、Azure Site Recovery が利用可能に

2017年7月18日 [Azure Site Recovery available in Korea]粗訳

この拡張により、これらのリージョンを利用する際に、Azure Site Recovery SLA の信頼性とパフォーマンスを享受できます。

Azure Site Recovery を学習するには、Site Recovery とは、をご覧ください。サービスの各リージョンでの利用可能状態についての情報は、Azure リージョンをご覧ください。

Microsoft Azure ドイツにて、Site Recovery が利用可能に

2017年5月8日 [Site Recovery available in Microsoft Azure Germany]粗訳

Azure Site Recovery が、ドイツ北東部、および、中部リージョンにて、利用可能になりました。

この拡張により、これらのリージョンを利用しているユーザーは、Site Recovery の SLA で、信頼性とパフォーマンスを享受できます。

Site Recovery の詳細は、Azure Site Recovery のページをご覧ください。各リージョンで使用可能なサービスについての詳細は、Azure リージョンページをご覧ください。