Azure Stack で Service Fabric を利用できるようになりました

2018年9月24日 [Service Fabric now available on Azure Stack]粗訳

Azure Service Fabric は Azure Stack で利用可能になりました。

Service Fabricは、スケーラブルで信頼性の高いマイクロサービスとコンテナのパッケージ化、展開、および管理を容易にする分散システムプラットフォームです。 Service Fabricは、クラウドネイティブアプリケーションの開発と管理における重大な課題にも対処します。開発者と管理者は、複雑なインフラストラクチャの問題を回避し、スケーラビリティ、信頼性、管理性に優れたミッションクリティカルで要求の厳しいワークロードの実装に集中できます。 Service Fabric は、コンテナで実行されるこれらのエンタープライズクラスのティア1、クラウド規模のアプリケーションを構築および管理するための次世代プラットフォームです。

 

広告

Azure Service Fabric

2018年9月24日 [Azure Service Fabric] 粗訳

Azure Service Fabric は、ミッションクリティカルなマイクロサービスアプリケーションを大規模に構築、展開、運用するためのマイクロサービスプラットフォームです。 Service Fabric を使用すると、開発者は、開発/テストのシナリオを容易にするランタイムに依存しない新しい信頼性の高いコレクションライブラリ、情報をローカルに格納するボリュームディスクを作成する機能、サービスの通信を簡素化するための複数の更新ステートフルサービスの DNS 解決、 Envoy に基づく新しいレイヤ7ゲートウェイ、およびアプリケーションごとのネットワーク隔離を実現できます。これらおよびその他のAzureサービスファブリックアナウンスの詳細については、こちら(英語)を参照してください。

セキュアなService Fabric Cluster を作成するための簡略化されたプロセス

2018年3月19日 [Simplified process for creating secure Service Fabric clusters]粗訳

クラウドのセキュリティを強化する取り組みの一環として、ポータルから安全でないAzure Service Fabricクラスタを作成するオプションを削除しました。その代わりに、セキュアなサービスファブリッククラスタを作成するための簡単なプロセスを追加しました。新規または既存の鍵保管庫からサービスファブリックを作成する際に、ポータルから証明書を作成できます。

ポータルからService Fabricクラスタを作成すると、デフォルトで新しいBasicエクスペリエンスが表示されます。すべての高度な証明書の機能とオプションが必要な場合は、[カスタム]オプションを選択します。

一般提供開始:Linux 向け Service Fabric 6.0

2017年10月13日 [General availability: Service Fabric 6.0 on Linux]粗訳

Azure Service Fabric 6.0 ランタイム、および、.NET SDK 2.8 が利用可能になりました。これには、新機能、改良、バグ修正が含まれています。

このリリースの一部として、Linux 向けコンテナ オーケストレーターとして、Service Fabric が一般提供開始になりました。 Linux 環境は、コンテナ オーケストレーター向けの Windows ランタイムと同等です。Service Fabric は、Linux 向け、コンテナ化されたアプリケーションをフルサポートしています。

Linux 向け、Service Fabric SDK Preview 0.9.0.0、および、Runtime Preview 5.6.3.6 のリリース

2017年6月27日 [Release of Service Fabric SDK Preview 0.9.0.0 and Runtime Preview 5.6.3.6 for Linux]粗訳

Linux 向け Azure Service Fabric SDK Preview バージョン 0.9.0.0 および、 Service Fabric Runtime Preview 5.6.3.6 がリリースされました。この更新には、マイナーな更新、いくつかのバグ修正、および、改良が含まれます。

このリリースについての詳細は、Service Fabric team blog (英語)をご覧ください。

Windows 向け Service Fabric SDK 2.6.220 および Runtime 5.6.220 refresh のリリース

2017年6月27日 [Release of Service Fabric SDK 2.6.220 and Runtime 5.6.220 refresh for Windows]粗訳

Azure Service Fabric SDK バージョン 2.6.220 がリリースされ、全世界の Azure クラスターに、Service Fabric Runtime バージョン 5.6.220 が展開されました。Windows Server 向けのスタンドアロン版 Service Fabric 5.6.220 もダウンロード可能です。

 ランタイムと SDK の更新(英語)、および、Windows Server 向けスタンドアロン版の更新(英語)については、についての詳細は、Service Fabric team blog (英語)をご覧ください。

一般提供開始:Windows Server Container orchestration with Azure Service Fabric

2017年5月16日 [General availability: Windows Server Container orchestration with Azure Service Fabric]粗訳

Windows Server Container support on Azure Service Fabric 、および、Service Fabric ランタイム 5.6・SDK 2.6 リリースが一般提供開始になりました。このリリースには、DNS サービス、リソースガバナンス、Operation Management Suite インテグレーション などが含まれます。

新機能については、Azure ブログ(英語)をご覧ください。