一般提供開始:Azure Relay Hybrid Connections

2017年7月13日 [General availability: Azure Relay Hybrid Connections]粗訳

Azure Relay Hybrid Connections の機能は、基本的な WebSocket 機能が実装されているオープンプラットフォームで、安全で、既存のリレー機能を進化させるオープンなプロトコルを実装しています。

詳細については、blog 投稿(英語)をご覧ください。

広告

Azure ポータルでの、Service Bus メッセージ

2016年8月18日 [Service Bus messaging in the Azure portal] 粗訳

Azure Service Bus メッセージリソース(ネームスペース、キュー、トピック)の作成・管理を新しい Azure Portal にておこなえるようになりました。ポータル上で新しく作成したネームスペースは、 個別のService Bus メッセージになります。Azure Event Hubs ネームスペースの作成・管理は、引き続き、Azure クラシックポータルをご利用ください。なお、この変更は、現在のネームペース上のランタイムには影響はありません。

詳細については、Service Bus and the new Azure portal (英語)ブログをご覧ください。

一般提供開始:Service Bus Premium Messaging が一般提供開始に

2016年7月15日 [General availability: Service Bus Premium Messaging released to general availability] 粗訳

2016年7月15日より、Azure Service Bus Premium Messaging がプレビューが終わり、一般提供開始(GA)となりました。Service Bus Premium Messaging は、miss音クリティカルなクラウドアプリケーションの大規模な配列をサポートし、予測可能で、再実行可能なパフォーマンスと可用性の向上した、Service Bus キューとトピックを提供します。Premium Messaging は、専有リソースを必要とし、ワークロードの成長に応じて拡張性が必要となり、メッセージの処理に予想可な時間で処理されることを保証を必要とする利用者のために設計されました。

マルチテナントモデルの、Basic や Standard レベルの Service Bus と異なり、Premium レベルは、リソースの分離と、一貫性のある性能を提供するために、マイクロサービスモデルを使用しています。詳細については、ブログ投稿(英語)やこちらの文書をご覧ください。