一般提供開始:HDInsight 上の R Server

2016年11月16日 [General availability: R Server on HDInsight] 粗訳

本日、Azure HDInsight 上の R Server が一般提供開始になりました。このリリースでは、Azure HDInsight クラスタ上で、R言語でのスケーラブルな機械学習が可能となり、いくつかの新機能が初めて利用可能になります。

R Server のコア機能は、統計分野の R 言語の生産性と、大規模なデータセットの統計および機械学習モデルを実行する多くの業界の要件との間のギャップに対応します。 R Server を使用すると、R 言語モデルを別の言語で再コーディングする必要なく、本番環境に直接展開することができます。これは、データサイエンティストの共通の問題です。R Server のスケールと堅牢性は、Apache Spark で使用されているコンピュータのクラスタ全体に計算を分散する機械学習アルゴリズムの高速並列化ライブラリによって実現されます。 HDInsight 上の R Server のこのリリースには、次の機能が含まれています:

  • Microsoft R Server 9.0.1 の新しいバージョン
  • Spark 2.0 へのアップグレード
  • R Server のプログラムが Hadoop および Spark のデータソースへ直接アクセスするための新しい RxHiveData および RxParquetData 機能
  • Azure Data Lake Store のサポート
  • R Studio Server Commutation Edition 開発ツールのプレインストール

詳細について:

広告

一般提供開始:Microsoft R Server for Linux virtual machines

2016年7月13日 [General availability: Microsoft R Server for Linux virtual machines] 粗訳

今日、最もよく利用されているエンタープライズ分析 R プラットフォームである、Microsoft R Server が一般提供開始になりました。R Server は、検索、分析、可視化、モデリングなど、オープンソース Rをベースとした、静的モデリング、予測モデリング、機械学習を含む、数多くのビッグデータ機能を含む、広範囲な分析機能をサポートしています。

オープンソースの Rを活用し、拡張することにより、R Server は、 Rスクリプト、関数、 CRAN パッケージと互換性があり、企業規模でのデータを分析できます。メインメモリに収まらない大きなデータの分析を実施できるように、また、並列に処理できるように、R Server では、オープソース Rのインメモリ制限を改善し、データを分割し並列処理できるように拡張しました。

R Server は、一度作成したライブラリを最小限のコストで、複数のプラットフォームに展開でき、オンプレミス、クラウドのいずれでも、R ベースのアプリケーションに、エンタープライズクラスの性能とスケーラビリティを提供します。Windows プラットフォームで、Microsoft R Server を利用するさいには、SQL Server 2016 Enterprise 仮想マシンを利用し、R サービスを利用可能にしてください。

詳細については、R Server (英語)ページをご覧ください。価格については、Virtual Machines の価格ページをご覧ください。