パブリックプレビュー:Azure 可用性ゾーン

2017年10月14日 [Public preview: Azure Availability Zones]粗訳

Azure 可用性ゾーンが、米国東部2、および、西ヨーロッパリージョンでパブリックプレビューとなりました。このリージョンとサービスに関する情報は、ドキュメントページにあります。

可用性ゾーンは、独立した電源、冷却装置、ネットワークを使用して設計された、Azureリージョン内の障害が隔離されたロケーションです。低遅延で、高可用性を備えたデータセンター全体の障害から、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護します。

Availability Zone visual representation

Azure Premium Storage を利用した、単一の仮想マシンには、99.9% の SLA を提供し、可用性セットをt買った構成では、99.95% の SLA を提供します。

広告

パブリックプレビュー:Azure Batch AI

2017年10月13日 [Public preview: Azure Batch AI]粗訳

Azure Batch AI は、GPU と CPU のクラスタを使用して、深層学習や、その他、機械学習モデルのトレーニングに役立ちます。

すでに利用されたリソースやコンピュートを使う場合、追加コストは発生しません。Batch AI は、標準、および、ロープライオリティ仮想マシンをサポートします。米国東部の Linux 仮想マシンがプレビューでサポートされています。

詳細については、Batch AI ページ(英語)をご覧ください。

(Windows) 一般提供開始、(Linux) プレビュー:Accelerated Networking

2017年10月9日 [General availability (Windows) and preview (Linux): Accelerated Networking]粗訳

以下のリストは、現在、Accelerated Networking をサポートしている、OS イメージ、リージョン、仮想マシンサイズのリストです。

すべての仮想マシンは、Azure Resource Manager を介してのみサポートされます。

Azure Marketplace 内のサポートされる Windows OS イメージ

  • Windows Server 2012 R2 の種類

    • HPC Pack 2012 R2 Compute Node on Windows Server 2012 R2
    • HPC Pack 2012 R2 with Excel on windows Server 2012 R2
    • HPC Pack 2012 R2 on Windows Server 2012 R2
    • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2016  の種類

    • Windows Server 2016 Technical Preview 5 (TP5)
  • Windows Server 2012 R2 上の SQL Server の種類

    • SQL Server 2014 SP1 Enterprise on Windows Server 2012 R2
    • SQL Server 2014 SP1 Standard on Windows Server 2012 R2
    • SQL Server 2014 SP1 Web on Windows Server 2012 R2
    • SQL Server 2016 RTM Developer on Windows Server 2012 R2
    • SQL Server 2016 RTM Enterprise on Windows Server 2012 R2
    • SQL Server 2016 RTM Express on Windows Servers 2012 R2
    • SQL Server 2016 RTM Standard on Windows Server 2012 R2
    • SQL Server 2016 RTM Web on Windows Server 2012 R2
    • {BYOL} SQL Server 2016 RTM Enterprise on Windows Server 2012 R2
    • {BYOL} SQL Server 2016 RTM Standard on Windows Server 2012 R2
    • {BYOL} SQL Server 2014 SP1 Enterprise on Windows Server 2012 R2
    • {BYOL} SQL Server 2014 SP1 Standard on Windows Server 2012 R2
  • サポートされる Windows リージョン:

    • 米国中西部
    • 米国東部
    • 米国東部2
    • 米国西部
    • 米国西部2
    • 米国北部
    • 米国南部
    • 西ヨーロッパ
    • ブラジル南部
    • 英国西部
    • 英国北部
    • 英国南部
    • 英国南部2
    • 東アジア
    • 東南アジア
    • 韓国南部
    • 韓国中部
    • オーストラリア南東部
    • オーストラリア東部
    • 東日本
    • カナダ東部
    • カナダ中部

サポートされる Linux インスタンス:

  • Ubuntu Server 16.04 LTS
  • SLES 12 SP2
  • RHEL 7.3
  • CentOS 7.3 (Published by “Rogue Wave Software”)

サポートされる Linux リージョン:

  • 米国南部
  • 米国西部2
  • 西ヨーロッパ
  • 英国西部
  • カナダ中部
  • 米国東部2
  • 東日本
  • 北ヨーロッパ
  • 米国中部
  • 米国西部
  • 米国中西部
  • 英国南部
  • インド中部

サポートされる仮想マシンサイズ:

  • D4v2/DS4v2
  • D5v2/DS5v2
  • D13v2/DS13v2
  • D14v2/DS14v2
  • D15v2/DS15v2
  • F8/FS8
  • F16/FS16
  • M64ms
  • M128s/M128ms
  • D8/D8Sv3
  • D16/D16Sv3
  • D32/D32Sv3
  • D64/D64Sv3
  • E8/E8Sv3
  • E16/E16Sv3
  • E32/E32Sv3
  • E64/E164v3

パブリックプレビュー:グローバル VNet ピアリング

2017年9月26日 [Public preview: Global VNet Peering]粗訳

リージョン間をピアリングする機能がプレビューとなりました。グローバル Net ピアリングにより、様々なリージョンの仮想ネットワークをピアリングできます。ピアリングされた仮想ネットワーク間のトラフィックは、マイクロソフトのバックボーンネットワーク内となります。グローバル VNet ピアリングを試用して、後ローバルなプライベートピアリングされた仮想ネットワークを作成し、プライベートIPだけで、データの複製や、ディザスタリカバリー、データベースフェールオーバーなど様々なシナリオが実現できます。

グローバル VNet ピアリングは、現在、以下のリージョンで利用可能です:

  • 米国中西部
  • カナダ中部
  • 米国西部2

Azure ポータル、PowerShell、Azure CLI 2.0、テンプレートを使って、これらのリージョン間で、仮想ネットワークのピアリングが行えます。プレビュー利用の登録や、詳細については、仮想ネットワークピアリングドキュメントをご覧ください。

パブリックプレビュ-:Azure クラウドシェルでの Powershell

2017年9月26日 [Public preview: PowerShell in Azure Cloud Shell]粗訳

Azure クラウドシェルでの、PowerShell がパブリックプレビューになりました。Azure クラウドシェルは、Azure 上で動作する、マイクロソフトが管理する管理マシンです。これを利用すると以下の事が可能となります:

  • クラウドシェルにて、既存の(同じくパブリックプレビュー中の)Bash に代わって、Powershell 利用の選択。これには以下が含まれます
    • あらゆるロケーションからの、Azure への認証されたアクセス。
    • 一般的に利用される CLI ツールを備えた、マイクロソフトが管理・更新するシェル。
    • よく利用されるプログラミング言語のサポート。
    • 接続した Azure ファイルストレージ内へのセッションデータの保存。
  • Azure ドライブ(Azure:)を利用した、よく利用されるファイルシステムライクな、ナビゲーションを使った、お使いの Azure リソースのブラウズ、および、発見
  • Powerhell ファイル向け、シンタックスハイライトとインテリセンスを備えたVIMを用いた PowerShell スクリプトの編集
  • Powershell ギャラリーからの、新しいコマンドの追加と、クラウドシェル内での、新しいコマンドの永続化。

クラウドシェルについての詳細は、クラウドシェルドキュメントをご覧ください。また、ぜひ、Azure ポータルで試用してみてください。

パブリックプレビュー:Load Balancer Standard

2017年9月25日 [Public preview: Load Balancer Standard]粗訳

Azure Load Balancer Standard を利用すると、パブリック、および、仮想ネットワークに展開された仮想マシンに対して、より大きな規模で利用でき、回復性が高く、使いやすいロードバランサーが展開できます。プレビューには、以下のシナリオが含まれます:

  • 仮想ネットワーク上の、仮想マシンスケールセットや、複数の仮想マシンスケールセットに含まれる、最大1,000のインスタンスの仮想マシンをバックエンドプールの一部に設定できます。
  • Azure Monitor を利用した、データプレーンヘルス、エンドポイントごとの、ヘルスプローブステータス、パケット・バイト・接続試行・アウトバウンドコネクションを、高度な分析が利用できます。
  • ゾーン冗長とパブリックゾーンを利用したアベイラビリティゾーンでのロードバランス、ゾーン冗長アウトバウンドコネクションを含んだ、バックエンドプール向け、インターナル Azure Load Balancer のフロントエンド。
  • ネットワークバーチャルアプライアンス向け、より高い回復性とスケーラビリティのために、インターナルロードバランサーで、HA Port が利用可能に。レイヤー4ポートとは関係なく、TCP フローと UDP フローのロードバランシングをおこなうように、単一のルールを構成でき、高速フェールオーバーとn-Active スケールアウトが可能になります。
  • セキュリティと制御のため、新しいパブリック IP スタンダードと、バックエンドインスタンスには、ネットワークセキュリティグループが必須となります。
  • アウトバウンドの SNAT 接続の新しいモダルは、より高い回復力とスケールを提供します。

Load Balancer Standard は、次のリージョンで利用可能です:米国東部2,米国中部、北ヨーロッパ、米国中西部、西ヨーロッパ、東南アジア。

パブリックプレビュー:HA Ports

2017年9月25日 [Public preview: HA Ports]粗訳

Azure Load Balancer では、サポートされているすべてのプロトコルのすべてのポートで内部仮想ネットw-アクトラフィックの負荷分散が可能な HA Ports が導入されています。すべてのポートに対して、単一のルール構成をしようすると、構成の複雑さが軽減され、Load Balancer のルール制限が緩和されます。

この機能は、ネットワーク仮想アプライアンス(NVA)の高可用性をともなうシナリオで特に役立ちます。Azure 内部ロードバランサーに、HA Ports ルールを設定し、信頼性とスケラービティのために、NVA を n-Active モードで展開できいます。また、HA Ports を試用して、一部のNSG構成を上位に追加することで、ポート範囲の負荷分散が可能となります。

HA Ports のパブリックプレビューは以下のリージョンで利用可能です:

  • 米国東部2
  • 米国中部
  • 米国中西部
  • 西ヨーロッパ
  • 北ヨーロッパ
  • 東南アジア

構成とシナリオに関する情報は、Azure Load Balancer のドキュメントを参照してください。

パブリックプレビュー:Azure Storage および、Azure SQL Database 向け、仮想ネットワークサービスエンドポイント

2017年9月25日 [Public preview: Virtual network service endpoints for Azure Storage and SQL Database]粗訳

仮想ネットワークサービスエンドポイントを利用すると、Azure Storage および、Azure SQL Database を特定の仮想ネットワークにのみ配置しセキュアにできるようになりました。エンドポイントは、仮想ネットワークから Azure サービスへの直接の接続手段を提供し、仮想ネットワークのプライベートアドレス空間内で、サービスのエンドポイントを提供します。仮想ネットワークからサービスへのトラフィックは、常に、Microsoft Azure ネットワークバックボーンの中にあります。

仮想ネットワークサービスエンドポイントは、以下のリージョンでパブリックプレビューとなりました:

  • Azure Storage:米国東部、米国中西部、米国西部2、オーストラリア東部、オーストラリア南東部
  • Azure SQL Database:米国東部、米国中西部、米国西部2

仮想ネットワークサービスエンドポイントについての詳細は、ドキュメントをご覧ください。

プレビュー:Azure Functions での Open API (Swagger) のサポート

2017年3月30日 [Preview: Azure Functions Open API (Swagger) support] 粗訳

Azure Functions での、Open API 2.0 (Swagger) メタデータの編集とホスティングのサポートがプレビューになりました。API の作成は、Functions の通常の機能であり、Swagger メタデータは、Swagger 準拠のソフトウェアが、API と用意に統合できることを可能にします。

これらの機能は、既存の Azure App Service API 定義のサポートと統合されています。そのため、作成した API を、PowerApps(英語)、Flow(英語)、Logic Apps など数多くのサービスで利用できます。また、作成した API のSDK を Visual Studio を使って生成できます。

パブリックプレビュー:Azure Linux VM バックアップからの、ファイル即時復旧

2017年3月22日 [Public preview: Instant recovery of files from Azure Linux VM backups] 粗訳

Azure Backup の利用で、Azure Linux 仮想マシンバックアップからのファイル即時復旧が可能になりました。iSCSI ベースのリカバリーボリュームをマウントし、目的の場所のファイルを参照し、コピーするこことができます。この機能を利用すると、以下が可能となります:

即時ファイル復旧 事故によるファイル削除でも、バックアップファイルの検証でも、即時ファイル復旧は、データを修復する時間を大幅に短縮します。

リストア無しのアプリケーションファイルのマウント iSCSIベースのアプローチで、クラウドのリカバリポイントからアプリケーションインスタンスに、直接ファイルをオープン・マウントできます。復元の必要はありません。例えば、MongoDB を実行している Azure Linux 仮想マシンのバックアップの場合、クラウドリカバリポイントから BSON データダンプをマウントできます。マウント後、データ全体をダウンロードすることなく、テーブルなどの個々のアイテムを迅速にバックアップしたり、取得したりできます。

この機能は、Azure 仮想マシンのバックアップのプレビューとして利用いただけます。詳細については、Azure ブログ(英語)、および、Azure 仮想マシンのバックアップからファイルを回復する(プレビュー) をご覧ください。