App Service での PHP 5.5 提供終了

2017年10月11日 [Retirement of the PHP 5.5 runtime from App Service]粗訳

PHPグループでは、PHP 5.5 はサポート対象ではなく、セキュリテイ修正を含む、アップデートは行わないことを告知しています。Azure App Service のセキュリティ上の問題を回避するため、2018年1月に PHP 5.5 のサポートを終了する予定です。現在、PHP 5.6、7.0、7.1 をサポートしています。

この提供終了は、PHP 5.5 ランタイム上で、Web Apps を実行しているすべてのユーザーに影響があります(独自に、 PHPランタイムを導入している場合を除く)。ウェブアプリケーションは、自動的に PHP 5.6 に移行されるため、すみやかに、サポートされているバージョンの PHP にアップグレードすることを強くお勧めします。PHP 5.5 からたのバージョンの PHP に移行する方法の詳細については、PHP.net 上の付録ドキュメントをご覧ください。

プラットフォームからPHP 5.5 は削除いたしますが、一部のアプリケーションは、特定の PHP ランタイムバージョンに依存している可能性があることを認識しています。PHP 5.5 でのみ動作するアプリケーションを引き続き動作させるには、Azure App Service Web Apps での PHP の構成方法方法: カスタムの PHP ランタイムを使用するをご覧ください。

広告

Azure Mobile Apps iOSD SDK v3.3.0 リリース

2017年1月20日 [Azure Mobile Apps iOS SDK v3.3.0 released] 粗訳

本日、CocoaPods (英語)および、 他のオンラインサービスに Azure Mobile Apps iOS SDK をリリースしました。これは、既存の SDK の更新です。このリリースでは、特定機能の修正のみ実施しています。SFSafariVewController (英語)をサポートする認証コードを更新しています。

詳細、および、コードスニペットについては、チームブログ(英語)をご覧ください。

Azure App Service での、Parse Server の更新情報

2017年1月20日 [Parse Server on Azure App Service updated] 粗訳

Azure App Services 上で実行する自己管理バージョンの Parse Server 向けに、、オープンソースである、Parse Server project (英語)が、はじめてAzure Marketplace resource (英語)にリリースされmした。Parse Server の Azure バージョンは、DocumentDB、Storage、Notification Hubs、App Service といった Azure のリソースを使っています。尚、Parse Server は、最近、バージョン 2.3.0(英語)にアップデートされています。

詳細については、この更新に関するブログをご覧ください。

一般提供開始:Apache Cordova・JavaScript向け、Mobile Apps SDK

2016年12月6日 [General availability: Mobile Apps SDKs for Apache Cordova and JavaScript] 粗訳

Apache Cordova v2.0.0 向け Mobile Apps SDK および、JavaScript 向け Mobile Apps SDK をリリースしました。これにより、Azure App Service  Mobile Apps がサポートする一連のモバイルプラットフォームが完成しました。詳細については、ブログポスト(英語)をご覧ください。

Mobile Apps .NET SDK 3.0.2 リリース

2016年10月12日 [Mobile Apps .NET SDK 3.0.2 released] 粗訳

本日、Azure App Service Mobile Apps .NET SDK のパッチバージョンをリリースしました。すでに、クライアントバージョンの 3.0.1(英語)をお使いの場合には、特に変更はありません。Android Nougat (ヌガー)をサポートするために、バージョン 2. 0 からアップグレードされている場合は、 バージョン 3.0.2 をお使いください。

このリリースについての詳細は、 team blog (英語)をご覧ください。

Mobile Apps:IPv6 および Apple への提出プロセスのサポート

2016年9月20日 [Mobile Apps: Supporting IPv6 and the Apple submission process] 粗訳

Apple は、iOS App Store へ提出するアプリケーションのすべては、IPv6のみのネットワークのサポート(英語)が必要となることをすでに告知しています。アプリケーションの中で、IPv4アドレスを埋め込んでいたり、IPv4特有の方法で通信していない限り、アプリケーションの提出には問題ありません。詳細については、ブログ投稿(英語)をご覧ください。

Apache Cordova 向け Azure Mobile Apps SDK が RC1 に

2016年8月18日 [Azure Mobile Apps SDK for Apache Cordova reaches RC1] 粗訳

Azure Mobile Apps SDK for Apache Cordova (英語)が、バージョン2.0.0-RC1 となりました。このバージョンには、オフライン同期時の競合処理の改善、および、バグ修正が含まれます。Apache Cordova のオフライン同期の詳細については、App Service team blog (英語)をご覧ください。

より簡単な Mobile Apps Quickstart のご紹介

2016年8月12日 [Introducing a quicker Mobile Apps Quickstart] 粗訳

Azure App Service の Mobile Apps 機能を利用する従来の手順は、とても時間のかかることでした。モバイルアプリケーション作成以前に、Azure SQL Database サーバーとデータベースの作成を行い、その2つへのリンクを作成し、コードをデプロイして、それから、やっと、モバイルクライアントの作成にとりかかることができました。どんなに短くても、それには15分程度かかりました。本日、Mobile Apps Quickstart (英語)を利用した、新しいモバイルバックエンドの作成方法をご紹介します。

Mobile Apps Quickstart は、事前に構成されたモバイルバックエンドで、開発環境・モバイルバックエンドの学習に最適化されています。それは、データストレージとして、SQLite データベースを利用するモバイルバックエンドを提供します。それは、既存のデータベースとのリンクを作成することなく、すぐに開発を開始できることを意味します。Easy Table、Easy API、認証、通知など、SQL Database インスタンスに依存しない機能も引き続き利用できます。

詳細については、この新機能の告知ブログポスト(英語)をご覧ください。

Azure Mobile Services から Azure App Service への移行についてのアナウンス

2016年5月12日 [Announcing Azure Mobile Services transition to Azure App Service] 粗訳

Azure Mobile Services をご利用の場合、このアナウンスの影響を受けます。

現在、Azure Mobile Services から Azure App Service への移行を行っています。利用者側による特別な作業は不要ですが、管理手法が変更になります。2016年9月1日以前に、利用者がマイグレーションするか、Azure が (自動的に)マイグレーションします。

このトピックについての詳細と、サイトのマイグレーション方法については、ブログポスト (英語)をご覧ください。