Azure Mobile Apps iOSD SDK v3.3.0 リリース

2017年1月20日 [Azure Mobile Apps iOS SDK v3.3.0 released] 粗訳

本日、CocoaPods (英語)および、 他のオンラインサービスに Azure Mobile Apps iOS SDK をリリースしました。これは、既存の SDK の更新です。このリリースでは、特定機能の修正のみ実施しています。SFSafariVewController (英語)をサポートする認証コードを更新しています。

詳細、および、コードスニペットについては、チームブログ(英語)をご覧ください。

Azure App Service での、Parse Server の更新情報

2017年1月20日 [Parse Server on Azure App Service updated] 粗訳

Azure App Services 上で実行する自己管理バージョンの Parse Server 向けに、、オープンソースである、Parse Server project (英語)が、はじめてAzure Marketplace resource (英語)にリリースされmした。Parse Server の Azure バージョンは、DocumentDB、Storage、Notification Hubs、App Service といった Azure のリソースを使っています。尚、Parse Server は、最近、バージョン 2.3.0(英語)にアップデートされています。

詳細については、この更新に関するブログをご覧ください。

一般提供開始:Apache Cordova・JavaScript向け、Mobile Apps SDK

2016年12月6日 [General availability: Mobile Apps SDKs for Apache Cordova and JavaScript] 粗訳

Apache Cordova v2.0.0 向け Mobile Apps SDK および、JavaScript 向け Mobile Apps SDK をリリースしました。これにより、Azure App Service  Mobile Apps がサポートする一連のモバイルプラットフォームが完成しました。詳細については、ブログポスト(英語)をご覧ください。

Mobile Apps .NET SDK 3.0.2 リリース

2016年10月12日 [Mobile Apps .NET SDK 3.0.2 released] 粗訳

本日、Azure App Service Mobile Apps .NET SDK のパッチバージョンをリリースしました。すでに、クライアントバージョンの 3.0.1(英語)をお使いの場合には、特に変更はありません。Android Nougat (ヌガー)をサポートするために、バージョン 2. 0 からアップグレードされている場合は、 バージョン 3.0.2 をお使いください。

このリリースについての詳細は、 team blog (英語)をご覧ください。

Mobile Apps:IPv6 および Apple への提出プロセスのサポート

2016年9月20日 [Mobile Apps: Supporting IPv6 and the Apple submission process] 粗訳

Apple は、iOS App Store へ提出するアプリケーションのすべては、IPv6のみのネットワークのサポート(英語)が必要となることをすでに告知しています。アプリケーションの中で、IPv4アドレスを埋め込んでいたり、IPv4特有の方法で通信していない限り、アプリケーションの提出には問題ありません。詳細については、ブログ投稿(英語)をご覧ください。

Apache Cordova 向け Azure Mobile Apps SDK が RC1 に

2016年8月18日 [Azure Mobile Apps SDK for Apache Cordova reaches RC1] 粗訳

Azure Mobile Apps SDK for Apache Cordova (英語)が、バージョン2.0.0-RC1 となりました。このバージョンには、オフライン同期時の競合処理の改善、および、バグ修正が含まれます。Apache Cordova のオフライン同期の詳細については、App Service team blog (英語)をご覧ください。

より簡単な Mobile Apps Quickstart のご紹介

2016年8月12日 [Introducing a quicker Mobile Apps Quickstart] 粗訳

Azure App Service の Mobile Apps 機能を利用する従来の手順は、とても時間のかかることでした。モバイルアプリケーション作成以前に、Azure SQL Database サーバーとデータベースの作成を行い、その2つへのリンクを作成し、コードをデプロイして、それから、やっと、モバイルクライアントの作成にとりかかることができました。どんなに短くても、それには15分程度かかりました。本日、Mobile Apps Quickstart (英語)を利用した、新しいモバイルバックエンドの作成方法をご紹介します。

Mobile Apps Quickstart は、事前に構成されたモバイルバックエンドで、開発環境・モバイルバックエンドの学習に最適化されています。それは、データストレージとして、SQLite データベースを利用するモバイルバックエンドを提供します。それは、既存のデータベースとのリンクを作成することなく、すぐに開発を開始できることを意味します。Easy Table、Easy API、認証、通知など、SQL Database インスタンスに依存しない機能も引き続き利用できます。

詳細については、この新機能の告知ブログポスト(英語)をご覧ください。

Azure Mobile Services から Azure App Service への移行についてのアナウンス

2016年5月12日 [Announcing Azure Mobile Services transition to Azure App Service] 粗訳

Azure Mobile Services をご利用の場合、このアナウンスの影響を受けます。

現在、Azure Mobile Services から Azure App Service への移行を行っています。利用者側による特別な作業は不要ですが、管理手法が変更になります。2016年9月1日以前に、利用者がマイグレーションするか、Azure が (自動的に)マイグレーションします。

このトピックについての詳細と、サイトのマイグレーション方法については、ブログポスト (英語)をご覧ください。

Mobile Apps iOS クライアント SDK 3.1.0 リリース

2016年4月29日 [Mobile Apps iOS Client SDK v3.1.0 released] 粗訳

Azure App Service の機能の一つである、Mobile Apps 向け、iOS クライアント SDK の アップデート をリリースしました。このアップデートには、Azure Active Directory 認証の修正と、WebView の代わりとして、WebKit を利用するように変更されたSDKが含まれます。

詳細については、 change log (英語) およびドキュメントをご覧ください。