Log Analytics への runbook のジョブステータス・ジョブストリームの送信

2016年8月12日 [Send runbook job status and job streams from Automation to Log Analytics] 粗訳

runbookの ジョブステータス・ジョブストリームを Azure Automation から Azure  Log Analytics (Operations Management Suite)  ワークスペースに送信できるようになりました。この利用シナリオ例は以下の通りです:

  • Automation ジョブ上のインサイトの取得
  • runbook ジョブステータス(失敗、中断)をトリガーにしたメール送信やアラート
  • ジョブストリームをまたいだクエリーの作成
  • 過去のジョブ履歴の可視化

ログを Log Analytics に送信開始したのち、Automation ログに対し、クエリーが記述できるようになり、アラートを設定できます。以下がログを利用し、可視化するクエリーのサンプルです:

  • 失敗もしくは中断したジョブ: Category=JobLogs (ResultType=Failed || ResultType=Suspended)
  • エラーストリームジョブ (ジョブIDごと): Category=JobStreams StreamType_s=Error | measure count() by JobId_g
  • 特定ジョブ向けジョブストリームの調査: Category=JobStreams JobId_g=”INSERT RUNBOOK JOB ID HERE” | sort TimeGenerated | select ResultDescription
  • 実行したジョブの履歴: Category=JobLogs NOT(ResultType=”Started”) | measure Count() by ResultType interval 1day

Log Analytics への Automation ログの送信について学習するには、Forward job status and job streams from Automation to Log Analytics (OMS) (英語)をご覧ください。

その他情報については以下をご覧ください。