Azure Fuctions の Application Insights との統合

2017年4月6日 [Azure Functions integration with Application Insights]粗訳

Azure Functions が Application Insigts と統合されました。GitHub (英語)にて、利用方法と、どのように動作するのか?の情報をご覧いただけます。

最小限の作業で、Azure Functions に、Application Insights を追加でき、アプリケーションの監視に、強力なツールをご利用いただけます。

ai

Functions で、Application Insights を利用する方法の詳細は、 ブログ (英語)をご覧ください。

プレビュー:Azure Functions での Open API (Swagger) のサポート

2017年3月30日 [Preview: Azure Functions Open API (Swagger) support] 粗訳

Azure Functions での、Open API 2.0 (Swagger) メタデータの編集とホスティングのサポートがプレビューになりました。API の作成は、Functions の通常の機能であり、Swagger メタデータは、Swagger 準拠のソフトウェアが、API と用意に統合できることを可能にします。

これらの機能は、既存の Azure App Service API 定義のサポートと統合されています。そのため、作成した API を、PowerApps(英語)、Flow(英語)、Logic Apps など数多くのサービスで利用できます。また、作成した API のSDK を Visual Studio を使って生成できます。

パブリックプレビュー:Azure Functions プロキシ

2017年2月22日 [Public preview: Azure Functions Proxies] 粗訳

Azure Functions の依頼、多くのユーザーが、このサービスを使って  API を構築しています。 Azure Function プロキシが、パブリックプレビューとなり、より簡単に API を開発できます。

Functions プロキシは、複数の Fuctions アプリを、単一の API として定義できます。Functions  appsは、別の API へのリバースプロキシとして機能するエンドポイントを定義できるようになりました。そのエンドポイントが別の Functions apps、 API apps などを指定できます。

Proxies

Azure Functions Proxies (プレビュー) の操作のドキュメントを、ぜひ、ご覧ください。詳細については、ブログポスト(英語)をご覧ください。

プレビューバージョンの Azure Functions が利用できなくなります。

2017年1月4日 [Azure Functions deprecating preview versions] 粗訳

Azure Functions は、最近一般提供開始となり(英語)、バージョン  1.0の Functions ホストが利用可能になったため、プレビューバージョン(0.X)の Azure Functions ホストは利用できなくなります。2017年2月1日に、プレビューバージョンは削除されます。

すべての Azure Functions ユーザーは、バージョンを ~1に設定する必要があります。Powershell や F# サポートなど、プレビュー機能を利用している場合は、バージョン 1.X の管理方法について考慮する必要があります。

詳細は、ブログ投稿(英語)をご参照ください。

一般提供開始:Azure Functions

2016年11月16日 [General availability: Azure Functions] 粗訳

消費コンピューティングモデル(旧“dynamic compute”)を含む、Azure Functions が一般提供開始になりました。

合わせて、以下を公開しました:

  • シンプルな課金モデル
  • ローカルでの開発のためのAzure Functions CLI (英語)のプレビュー

詳細については、一般提供開始の告知(英語)・製品ページをご覧ください。

Azure Functions ポータル・ホストの改良

2016年11月1日 [Azure Functions portal and host improvements] 粗訳

皆様からのフィードバックをベースに、Azure Functions ポータルのエクスペリエンスを再デザインしました。より多くのコードやログ、および、実行ウィンドウを同時に表示できます。実行ウィンドウには、HTTPをトリガーとしたファンクション向けに、次のような機能が追加されました:HTTP verb を特定して、クエリーパラメータやリクエストヘッダーを追加する。これは、Functions ポータルから離れること無しに、これらの機能をテストすることを簡単にします。

Azure Functions 0.7 host (英語)、および、 0.8 host (英語)には、カスタムルートおよびカスタムテンプレートのサポートを含む、視覚的な改良以外に、数多くの新しい機能を追加しました。

改良についての詳細は、チームブログ(英語)をご覧ください。

Azure Functions 発表 ー イベントドリブン、オンデマンドコンピュート環境 –

2016年4月6日 [Announcing Azure Functions—event-driven, compute-on-demand experience] 粗訳

//build にて、パブリックプレビューとして、Azure Functions を発表しました。WebJobs SDKをベースとした、Azure Functions は、スケジュール設定や新しいキューアイテムにおうじで機能を簡単に実行できます。学習するには、Azure Functions ウェブページ (英語)をご覧ください。

プレビューの Azure Functions ランタイムの公開に加え、Azure Functions 向けに Dynamic サービスプランをリリースしました。これは、クラウド上でコードを実行するのに完全に新しい方法です。Dynamic サービスプランは、作成した機能が実行される時や、自動的にスケールイン・スケールアウトする際に、課金されるので、サービス構築のサーバーレスな方法を実現します。詳細については、How to scale Azure Functions (英語)をご覧ください。