一般提供開始:Azure Functions ランタイム 2.0

2018年9月24日 [Azure Functions—Functions runtime 2.0 now generally available]粗訳

クロスプラットフォームと改良された Azure Functions runtimeが一般提供を開始しました。クロスプラットフォームの.NET Core セットを関数アプリケーション内で使用できるようになりました。 Azure Functions runtimeのコアには、.NET Core 2.1で動作するように書き直された関数ホストがあります。これにより、パフォーマンスが大幅に向上するだけでなく、主要なプラットフォーム(Windows、Mac、Linux)でローカルに関数を記述してホストすることができます。

この新機能のランタイムには、パーソナライズされたクイックスタートエクスペリエンス、Azure ポータルのローカルツール(Visual StudioとVSコード)との統合性向上のためのUXアップデートも含まれています。

 

プレビュー:Azure Functions の Python サポート

2018年9月24日 [Azure Functions—Python support in preview]粗訳

Azure Functions は、Functions v2(クロスプラットフォーム)ランタイムで Python 3.6 を使用して Python Function をサポートするようになりました。Functions CLI や VS Code などのローカルツールを使用して、ビルド、デバッグ/テスト、パブリッシュなどのエンドツーエンド開発環境を楽しんだり、Python コードと依存関係を Linux ベースの Functions に使用したり、Docker コンテナを構築/公開したりできます。

 

Azure Functions

2018年9月24日 [Azure Functions]粗訳

Azure Functions は、高い信頼性とセキュリティを備えた完全に管理されたコンピューティングプラットフォームを提供するため、インフラストラクチャではなくアプリケーションの構築に集中できます。今回、Azure Functions 2.0 ランタイムが一般提供を開始しました。.NET Core に書き直され、Windows、Mac、Linux上でローカルに関数を記述してホストすることができるようになりました。また、アップデートでは、Python開発のサポートと、実行単価モデルを使用して Linux OS 上に構築された関数を展開する機能も含まれています。開発者は、Application Insight App Map に HTTP 依存関係を示す Azure Functions を使って、より豊かな監視体験を楽しむことができます。

詳細はこちらをご覧ください。

Azure Functions Runtime 2.0の変更点

2018年8月14日 [Azure Functions Runtime 2.0 breaking changes]粗訳

Azure Functions Runtime 2.0の次期リリースでは、ランタイム、トリガー、およびバインディングの大幅な改善が行われています。これらの変更の一部は、v2ランタイムでデプロイされた既存のアプリケーションに影響を与えます。詳細とディスカッションはGitHub(英語)でご覧ください。

影響を避けるために、機能を現在のv2バージョンに「固定」することができます。これにより、アプリケーションの変更を更新、検証、および展開する時間が与えられます。それを行う方法に関する説明は、上にリンクされたGitHubの発表に含まれています。このリリースには世界的に普及するまでに時間がかかり、8月17日金曜日に開始される予定です。

プレビュー中にv2ランタイムの検証と改善をお手伝いいただき、ありがとうございます。私たちは、今後数週間のうちに仕事を終えてプレビューから外すことを楽しみにしています。ご質問や問題がある場合は、GitHubのアナウンスに掲載されているディスカッションリンクをご利用ください。

Azure Functions ランタイム x のプレビュー :Java 用の HttpTrigger に大きな変更があります

2018年7月13日 [Azure Functions Runtime x Preview—breaking change for HttpTrigger for Java]粗訳

新しいバージョンのAzure関数ランタイムが展開されました。 こちらは、Azure Java Functions Library v1.0.0-beta-5の最新バージョンを使用しています。このバージョンには、HttpTrigger Java関数に影響する重要な変更があります。

詳細については、リリースノート(英語)と公式のGitHub アナウンス(英語)を参照してください。

AzureポータルでHTTP / 2設定が利用可能

2018年5月16日 [HTTP/2 configuration available in the Azure portal]粗訳

Azure App ServiceとAzure関数でHTTP/2 support(英語)を発表したとき、この機能を有効にする唯一の方法は、リソースエクスプローラによるものでした。これで、Azureポータルでも構成を利用できるようになり、マウスを数回クリックするだけで、HTTP / 2の選択をシームレスなプロセスにすることができます。

Azureポータルで、アプリケーション設定に行き、HTTPバージョンオプションまでスクロールします。 1.1と2.0の間で必要なバージョンを選択します。

Azure App ServiceのHTTP / 2サポートが利用可能になりました

2018年4月16日 [HTTP/2 support for Azure App Service is now available]粗訳

App / Serviceでホストされているすべてのアプリケーションで、HTTP / 2プロトコルのサポートがグローバルに利用できるようになりました。 HTTP / 2プロトコルのApp Serviceサポートは、App Serviceプラットフォームの上に構築されているすべてのAzure関数アプリケーションにも影響します。

App Serviceチームのtop customer request(英語)、詳細については、App Service team blog(英語)を参照してください。

Azure Stream Analytics からAzure Functions への出力

2018年4月12日 [Egress to Azure Functions from Azure Stream Analytics]粗訳

Azure Functionsは、Azureのサーバレスコンピューティングサービスです。インフラストラクチャーを明示的にプロビジョニングまたは管理することなく、ユーザーが必要なときにコードを実行できるようにします。Azureまたはサードパーティのサービスで発生したイベントによってトリガされるコードを実装できます。

Azure Functions がトリガーに応答するこの機能は、Azure Stream Analytics の出力対象になります。

App Service および Azure Functions にて、Managed Service Identity サポート

2017年9月14日 [Managed Service Identity support for App Service and Azure Functions]粗訳

Azure App Service および Azure Functions が、他の Azure リソースと連携するためのシステム管理IDの作成と利用をサポートしました。これにより、アプリケーションの開発チームのサービスプリンシパル管理が不要で、Azure Key Vault などのサービスと簡単に統合できます。

Managed Service Identity についての詳細は、Azure Blog でのアナウンス(英語)をご覧ください。

App Service で、Managed Service Identity を利用する方法については、ドキュメント(英語)をご覧ください。

Azure Fuctions の Application Insights との統合

2017年4月6日 [Azure Functions integration with Application Insights]粗訳

Azure Functions が Application Insigts と統合されました。GitHub (英語)にて、利用方法と、どのように動作するのか?の情報をご覧いただけます。

最小限の作業で、Azure Functions に、Application Insights を追加でき、アプリケーションの監視に、強力なツールをご利用いただけます。

ai

Functions で、Application Insights を利用する方法の詳細は、 ブログ (英語)をご覧ください。