Stream Analytics:Visual Studio でのライブデータテスト

2018年9月26日 [Stream Analytics: Live data testing in Visual Studio]粗訳

Azure Stream Analytics 用の Visual Studio ツールは、Azure Event Hubs や IoT Hub などのクラウドソースからのライブデータやイベントストリームに対してクエリをテストするのに役立つローカルテスト機能をさらに強化します。これにより、開発者はジョブを停止して再起動せずにクエリをテストできるので、効率的です。

 

 

広告

Azure Stack :Event Hubs

2018年9月24日 [Event Hubs on Azure Stack]粗訳

Azure Event Hubs (英語) は、1秒間に何百万というイベントを受信して​​処理できる、大規模なデータストリーミングプラットフォームおよびイベント処理サービスです。これは現在、Azureスタックで実行できます。Event Hubs は、分散ソフトウェアおよびデバイスによって生成されたイベント、データ、またはテレメトリを処理および保存できます。Event Hubs に送信されたデータは、任意のリアルタイムアナリティクスプロバイダまたはバッチ/ストレージアダプタを使用して変換および格納できます。

詳細はこちら

 

 

一般提供開始:Event Hubs for Node.js

2018年9月20日 [General availability: Event Hubs for Node.js]粗訳

Node.js package for Azure Event Hubs のバージョン1.0の一般提供を開始しました。

Event Hubs Queue は、Azure IoT Hub、クラウドアプリケーションログ、Azure HDInsightなどのデータ分析サービスなどのソースから、毎秒何百万というイベントを受信できます。イベントハブは、これらのキューからAzure Stream Analytics、Azure関数、Azure Cosmos DBなどの管理対象サービスにイベントを送信します。

開発者はこの新しいパッケージを使用して、任意のNode.jsアプリケーションからイベントハブにイベントを送信し、Node.jsベースのアプリケーションおよびシステムでイベントを受信して​​処理できます。

新しいイベントハブパッケージは、github.com/amqp/rhea(英語)によって実装されたAMQP(英語)プロトコルで構築されています。 Apache ActiveMQ(英語)やAmazon MQ(英語)などのプロジェクトとの信頼性の高い接続、高いスループット、広範な互換性をサポートしています。また、複数のホスト間でイベント処理を分散および分散するためのEvent Processor Hostフレームワークも含まれています。

 

一般提供開始:Go 言語用の Event Hubs パッケージ

2018年9月10日 [General availability: Event Hubs for Go]粗訳

Go 言語用の Event Hubs パッケージのバージョン1.0を一般提供開始しました。

Event Hub Queue は Azure IoT Hub、クラウドアプリケーションログ、Azure HDInsight などのデータ分析サービスなどのソースから、毎秒何百万というイベントを受信できます。このキューは、Azure Stream Analytics、Azure Functions、Azure Cosmos DB などのマネージドサービスにたいしてルーティングできます。この新しいパッケージを使用することにより、開発者は Go 言語のアプリケーションから Event Hub にイベントを送信し、Go 言語アプリケーションおよびシステムでイベントを受信して​​処理できます。

新しい Event Hub パッケージは、github.com/vcabbage/amqp によって実装された AMQP プロトコル(英語)で構築されています。 AMQP (英語)は、信頼性の高い接続、高スループット、および Apache ActiveMQ (英語)や Amazon MQ (英語)などのプロジェクトとの互換性をサポートします。このパッケージには、複数のホスト間でイベント処理を分散およびロードバランシングするための Event Processor Host フレームワークも含まれています。

.NETJavaNode.js、およびPython 用のパッケージと一緒に使って、すべてのアプリやシステムでイベントを共有しましょう。

 

 

一般提供開始:Azure Event Hubs の Python package

2018年9月4日 [General availability: Event Hubs for Python]粗訳

Python package for Azure Event Hubs(英語)のバージョン1.0が一般提供開始しました。Event Hubs Queue は、Azure IoT Hub、cloud application logs、Azure HDInsightなどのデータ分析サービスなどのソースから、毎秒何百万というイベントを受信できます。また、これらのイベントをAzure Stream Analytics、Azure Functions、Azure Cosmos DB などの管理対象サービスにルーティングできます。この新しいパッケージを使用することで、開発者は任意の Python アプリケーションからイベントハブにイベントを送信し、Python アプリケーションやシステムのイベントを受信して​​処理できます。

新しい Event Hubs パッケージは、信頼性の高い接続、高スループット、および Apache ActiveMQ (英語)や Amazon MQ(英語) などのプロジェクトとの幅広い互換性をサポートするために AMQP(英語) プロトコル上に構築されています。また、複数のホスト間でイベント処理を分散およびロードバランシングするための Event Processor Host フレームワークも含まれています。

.NETJavaNode.jsGoについては、これらのパッケージを使用してすべてのアプリやシステムでイベントを共有してください。

パブリックプレビュー:Event Hubs for Node.js

2018年4月25日 [Public preview: Event Hubs for Node.js]粗訳

Node.jsの更新されたEvent Hubs Package (英語)を使用すると、Node.jsアプリケーションのAzure Event Hubs からイベントを効率的に送信し、イベントストリームを受け取ることができるようになりました。 開始するには、npm install azure-event-hubsを実行し、README(英語)に従って一般的なシナリオに対処する方法を習得してください。

Azure Event Hubs は、操作ログやセンサーデータなどの大量のイベントストリームを送受信するための管理された「ハブ」を提供します。 更新されたNode.jsパッケージは、rhea(英語)で実装されているAMQP 1.0プロトコルを使用して、ハブと接続する使いやすいsendreceiveの関数を提供します。

Node.js用のAzureライブラリはAzure SDKで見つけることができます。

パブリックプレビュー:Event Hubs for Python

2018年4月25日 [Public preview: Event Hubs for Python]粗訳

Python用の更新されたEvent Hubs パッケージ(英語)を使用することにより、イベントを効率的に送信し、PythonアプリケーションのAzure Event Hubsからイベントストリームを受け取ることができます。 開始するには、pip install azure-eventhubを実行し、README(英語)に従って一般的なシナリオに対処する方法を習得して下さい。

Azure Event Hubsは、操作ログやセンサーデータなどの大量のイベントストリームを送受信するための管理された「ハブ」を提供します。 更新されたPythonパッケージは、azure-uamqp-c (英語)で実装されているAMQP 1.0プロトコルを使用して、ハブと接続する使いやすいsendreceive関数を提供します。

Python用のAzureライブラリはAzure SDK(英語)でご覧いただけます。