パブリックプレビュー:Cognitive Services の Computer Vision API および Academic Knowledge API

2016年8月25日 [Public preview: Computer Vision API and Academic Knowledge API in Cognitive Services] 粗訳

Microsoft Cognitive Services は、Microsoft research が長年書けて構築した、開発者が高品質な視覚、口語、言語、知識、検索、技術を利用するためのAPIで、インテリジェントなアプリケーション構築に利用できます。以下の API が利用可能です:

  • Computer Vision API は、画像内のコンテンツを理解するためのツールです。画像内のオブジェクト、人間、動作を認識しタグ付け、そして、形容文を作成します。Computer Vision API  を使うと、画像より、視覚データを分類し、多くの情報を取り出せます。また、不要なコンテンツからユーザーを守れます。
  • Academic Knowledge API は、Microsoft Academic Graph に、Knowledge Exploration Service を適用することにより、多量の学術コンテンツを利用できます。自然言語検索、もしくは、構造化検索表現を利用しグラフを叩くことで、利用できます。

Computer Vision API および Academic Knowledge API  は、独立したサービスして利用可能で、2016年8月4日よりプレビュー価格となっています。価格についての詳細は、Cognitive Services の価格をご覧ください。

広告

パブリックプレビュー:Cortana Intelligence Suite with Bing Predicts

2016年7月13日 [Public preview: Cortana Intelligence Suite with Bing Predicts] 粗訳

Cortana Intelligence Suite with Bing Predicts を利用すると、業界の動向と、消費者の洞察を得るために当社独自のソーシャル、ウェブデータを利用することができます。Bing Predicts は、独自にマイクロソフトが所有しているデータ(Bing、Internet Explorer、ウェブ、Windowsなど)のパワーを活用したカスタムサービスプログラムですので、より良い意識意思決定や、ビジネスの問い合わせの広範囲により正確な回答を作成できるように、お使いの Cortana Intelligence Suite ソリューションを強化できます。詳細については、Cortana Intelligence Suite (英語)をご覧ください。

一般提供開始:Microsoft Cognitive サービスの Bing API

2016年7月13日 [General availability: Bing APIs in Microsoft Cognitive Services] 粗訳

Microsoft Cognitive サービスは、高品質のビジョン、音声、言語、知識、およびマイクロソフトの研究の十年を通じて開発された検索技術を活用することにより、インテリジェントなアプリケーションを構築することが可能なAPI群です。以下の Bing APIが一般提供開始になりました:

  • Bing Autosuggest API は、アプリケーションやウェブサイトへのインテリジェントな入力補完機能を追加することにより、利用者が完全な検索をより早く実現できるようにします。
  • Bing Spell Check API は、固有名詞、ブランド名、俗語(スラング)の違いを認識し、スペル間違いを訂正することを助けます。
  • Bing Search API アプリケーション、ウェブページ、および他のオンラインエクスペリエンスをより賢く、より魅力的にします。 Bing Search API には以下が含まれます:
    • Bing Web Search API は、数十億のウェブの情報からのの検索機能が強化されています。
    • Bing Image Search API には、サムネイル、完全なイメージのURL、ウェブサイトの公開情報、イメージのメタデータを取得するAPIが含まれます。
    • Bing Video Search API には、作成者、エンコードフォーマット、ビデオの時間、視聴回数など、便利なメタデータを取得するAPIが含まれます。
    • Bing News Search API には、新しい記事の正式なイメージ、関連する記事とカテゴリ、プロバイダー情報、記事URL、イメージが追加された時間を取得するAPIが含まれます。

Bing API は、個別のサービスとして提供され、2016年7月1日に一般提供開始となり、正規の価格でご利用できます。

詳細については、Cognitive Services ページをご覧ください。価格については、Cognitive Services の価格 をご覧ください。

パブリックプレビュー:Microsoft Cognitive Services 向け Speaker Recognition API

2016年5月12日 [Public preview: Speaker Recognition API for Microsoft Cognitive Services] 粗訳

Microsoft Cognitive Service は、開発者がよりインテリジェントで魅力的なアプリケーションを開発するためのAPIのコレクションセットです。このサービスのセットは、機械学習 API  の状況を拡大し、開発者が簡単にインテリジェント機能を追加できるようになります。Speaker Recognition API (英語)は、現在、パブリックプレビューです。これには以下の機能が含まれます:

  • スピーカー証明、認証のために音声を利用。このAPIは、インテリジェントな確認ツールとしてアプリケーションで利用されます。例えば、スピーカーが特定のユーザー情報で主張する場合は、この主張を検証するために自分の声を使用することができます。
  • スピーカー身元確認、誰が話しているのか?の認識。この APIは、未知なスピーカーの特徴を特定するのに利用します。未知のスピーカーの音声と、選択したスピーカーグループを比較し、一致すれば、そのユーザー情報を返します。

Speaker Recognition APIは、スタンドアロンのサービスとして利用できます。パブリックプレビューの価格は2016年5月2日提供委されています。価格についての詳細は、Cognitive Services の価格をご覧ください。

パブリックプレビュー:Microsoft Cognitive Services

2016年4月1日 [Public preview: Microsoft Cognitive Services] 粗訳

Microsoft Cognitive Services (英語)は、開発者がアプリケーションをよりインテリジェントで魅力的にするためのAPIのコレクションです。この一連のサービスは、機械学習 APIの進化をもたらし、開発者が簡単にインテリジェントな機能—ヴィジョン、スピーチ、言語、知識などの機能–を簡単に追加できるようにします。以下のサービスが、パブリックプレビューとなり、シンプルに RESTful APIを使って、開発者は、最良のAI アルゴリズムをデプロイできます:

  • Face and Emotion API イメージコンテンツを分析し、深く理解します。このアルゴリズムは、人々を認識し、年齢、性別、感情といった個人属性を推測します。
  • Speech API 音声認識(音声からテキストへ)、および、音声合成(テキストから音声へ)
  • Language API テキスト段落中の背景の理解:Web Language Model API は、文節区切り、自動補間といった先進の自然言語処理を提供します。Text Analytics API は、感情分析と、重要な語彙の抜き取りを実行します。Language Understanding Intelligent Service API は、アプリケーションの自然言語処理を手助けします。
  • Recommendation API カタログのどの項目が、顧客の興味があるのか?の予見

Microsoft Cognitive Service API は、独立したサービスとして利用可能で、パブリックプレビューの価格は、2016年4月1日より適用されます。価格についての詳細は、Cognitive Services の価格 ページをご覧ください。