Azure Cloud Shell:mssql-scripter を使用して、スクリプトを生成する

2017年8月23日 [Azure Monitor: New capabilities for diagnostic settings]粗訳

オープソースのコマンドラインインターフェースである mssql-scripter を使用して、Azure Cloud Shell でデータベーススクリプトを生成できるようになりました。

mssql-scripter を使用すると、(実行場所を問わず) SQL Server 、Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouse のデータベースオブジェクト用のデータ定義言語(DDL)、および、データ操作言語(DML) T-SQL スクリプトを生成できます。生成された T-SQL スクリプトを .sql ファイルに保存するか、標準の、Unix ツール(例:sed、awk、grep)に変換できます。生成されたスクリプトは、編集したり、ソースコントロールにチェックインできます。また、既存の SQL Database または、SQL Data Warehouse デプロイメントプロセスと、DevOps パイプラインで、Azure Cloud Shell でも、使用可能な、sqlcmd など標準マルチプラットフォーム SQL コマンドラインツールを使用してスクリプトを実行できます。

mssql-scripter は、Python を使用して構築され、新しい Azure CLI 2.0 ツールのユーザビリティの原則にのっとっています。ソースコードは、GitHub から入手できます。コントリビューションとプルリクエストを歓迎します。installation and quick start guide (英語)もご利用いただけます。

広告

Azure app (プレビュー)のご紹介

2017年5月10日 [Introducing the Azure app (preview)]粗訳

新しい Azure Mobile app プレビューは、いつでも、どこからでも、お使いの Azure リソース へ接続できます。このアプリケーションでは以下を行えます:

  • Azure リソースの状況と、重要なメトリックの確認
  • 重要な運用状況問題に関する通知とアラートの取得
  • シンプルな操作で、主要な問題を解決

Favorites tab gives you quick access to your most important resources View Azure health and resource metric alerts on the Notifications tab Azure Cloud Shell in the mobile app

Azure app の詳細は、ブログ(英語)投稿をご覧ください。

一般提供開始:Azure Cloud Services 向け G シリーズ

2016年11月16日 [General availability: G-series for Azure Cloud Services] 粗訳

G シリーズ仮想マシンは、Intel XeonプロセッサE5 v3ファミリを搭載しており、巨大な計算性能を提供して大規模なデータベースワークロードをサポートします。G シリーズインスタンスの CPU、メモリ、ディスクの構成は以下の通りです:

インスタンス コア数 メモリ ディスクサイズ
G1 2 28 GB 384 GB
G2 4 56 GB 768 GB
G3 8 112 GB 1,536 GB
G4 16 224 GB 3,072 GB
G5 32 448 GB 6,144 GB

G シリーズの Azure Cloud Services が、米国西部、米国東部2、西ヨーロッパ、東南アジア、オーストラリア東部、カナダ中部、カナダ東部、ドイツ中部、米国政府バージニアの各リージョンでご利用いただけるようになりました。詳細については、Cloud Services のサイズ をご覧ください。価格については、Cloud Services の価格をご覧ください。

ブラジル南部での、次世代Dシリーズインスタンス

2016年7月28日 [New generation of D-Series instances in Brazil South] 粗訳

ブラジル南部リージョンにて、次世代 D シリーズインスタンスを Virtual Machines および Azure Cloud Services でご利用いただけるようになりました。これら、Dv2 インスタンスは、現在のD シリーズと同一のCPU、メモリ、ディスク設定が可能ですが、より強力なCPUが提供され、約35%高速に動作します。D シリーズ、および、Dv2 シリーズは、高速なCPUとよりパフォーマンスの求められるローカルディスク、より大きなメモリを必要とする企業で利用するアプリケーションに最適です。

詳細については、Virtual Machines ページ、および、Cloud Services ページ をご覧ください。華家訓いついては、Virtual Machines の価格 ページ、Cloud Services の価格 ページをご覧ください。

西日本における、Azure Virtual Machines および Azure Cloud Services 向け新世代Dシリーズインスタンス

2016年5月26日 [New generation of D-Series instances for Azure Virtual Machines and Azure Cloud Services in Japan West] 粗訳

新世代のDシリーズインスタンスが、西日本で利用可能になりました。こらら Dv2 インスタンスは、Dシリーズと同一のCPU、メモリ、ディスク構成ですが、より高性能なCPUがご利用可能で、約35%高速です。Dシリーズ、Dv2シリーズは、多くの企業で利用されている、高速なCPU、より良いパフォーマンスのローカルディスク、多くのメモリを必要とするアプリケーションの実行に最適です。

詳細については、Virtual Machines および Cloud Services ページをご覧ください。価格については、Virtual Machines の価格 and Cloud Services の価格 ページをご覧ください。