プレビュー:Azure SDK for Go 12.0.0

2017年12月21日 [Preview: Azure SDK for Go 12.0.0]粗訳

Azure SDK for Go (英語) のプレビューバージョンである、12.0.0-beta が利用(英語)できるようになりました。Go ベースのアプリケーションから Azure サービスを利用しやすくします。取得するには、go get -u github.com/Azure/azure-sdk-for-go/... を実行するか、新しい dep サポートを仕様して、以下の行を Gopkg.toml に追加してください:

[[constraint]]
    name = "github.com/Azure/azure-sdk-for-go"
    version = "12.0.0-beta"

このバージョンには以下の変更が含まれています:

  • (非同期の)長期実行操作では、操作の完了をポーリングするために仕様できる構造が返されるようになりました。以前は、このような操作でチャネルが返され、ポーリングはライブラリによって内部的に処理していました。
  • API バージョンとプロファイルのサポートの追加。services/... もしくは profiles/... のパスを使用して、特定のバージョンを選択肢、予期しない非互換性を回避します。詳細は wiki (英語)をご覧ください。
  • 追加されたコンテキスト(英語)のサポート。ライブラリメソッドは、最初のパラメーターとして、コンテクスト構造体を想定しています。
  • Support for dep (英語)のサポートが追加され、glide (英語) のサポートが削除されました。
  • ページング可能な結果を繰り返し処理するための API の簡略化。
  • 新しいサービスの追加:
    • MongoDB API を介した Azure Cosmos DB
    • Azure Kubernetes Service (AKS)
    • Microsoft Cognitive Services: カスタムサーチ、エンティティサーチ、イメージサーチ、ニュースサーチ、ビデオサーチ、ウェブサーチ、スペルチェック

詳細については変更ログ(英語)をご覧ください。 また、our GitHub tracker (英語)に問題点やリクエストを投稿してください。

広告

Azure DevTest Labs:リソースマーネージャーテンプレートによる複数仮想マシン環境の

2016年11月21日 [Azure DevTest Labs: Create multiple-VM environments with Resource Manager templates] 粗訳

Azure DevTest Labs では、Azure リソースマネージャーテンプレートを利用した環境構築が可能となりました。

Azure DevTest Labs は、単一の仮想マシンを作成するためのエクスペリエンスを提供していましたが、複数の仮想マシン環境(例えば、多階層ウェブアプリケーションや、Sharepoint サーバーファーム)をプロビジョニングし、管理するより良い方法が必要でした。今回、リソースマネージャーテンプレートを使用し、複数の仮想マシン環境を構築できるようになりました。

DevTest Labs のユーザーは、テスト環境を構築する際、これらのテンプレートを、ベースのテンプレートとして、ソースコード管理リポジトリ( GitHub もしくは、 VSTS Git) よりロードできます。リソースマネージャーのその他の利点は、IaaS の仮想マシンに加えて、PaaS のリソースもテスト環境内にプロビジョニングできることです。

私たちの blog post (英語)にて、 リソースマネージャを使ってテスト環境をプロビジョニングする方法をご確認いただけます。

今すぐご試用ください、そして、感想をおきかせください。改善するアイディアをお持ちであれば、Azure DevTest Labs feedback forum (英語)よりフィードバックください(もしくは、他のフィードバックに投票ください)。

ご質問がある場合は、 MSDN Community forum (英語)での回答をご参照いただくか、新しいご質問を投稿してください。

サービスリリースの最新情報や、DevTest Lab に関する我々の考えについては、Azure DevTest Labs team blog (英語)、および、service updates (英語)をご覧ください。

ポータルにてリソースのロックが可能に

2016年5月13日 [Resource lock management available in the portal] 粗訳

ロック機能は、Azure リソースの、事故による削除や変更を防ぎます。Azure ポータルにで、このロック機能を管理できます。ロック状況の表示、追加、削除には、リソース設定ブレードのリソース管理セクションをご覧ください。

詳細については、Azure リソース マネージャーによるリソースのロックをご覧ください。