Azure DevTest Labs:ラボ内の 公開リポジトリ

2018年8月22日 [Azure DevTest Labs: Public environment repository in labs]粗訳

私たちは、各ラボの Azure Resource Manager テンプレートの公開リポジトリを公開しています。リポジトリを使用して、自分で外部の GitHub ソースに接続しなくても環境を作成できます。リポジトリには、 Azure Web Apps 、Service Fabric クラスタ、SharePoint 開発ファーム環境など、頻繁に使用されるテンプレートが含まれています。

この機能の詳細については、チームブログ(英語)を参照してください。

広告

Azure DevTest Labs:ラボの必須アーティファクトを構成する

2018年7月24日 [Azure DevTest Labs: Configure mandatory artifacts for your lab]粗訳

ラボの所有者は、ラボ内で作成されたすべてのマシンに適用される必須アーティファクトのリストを設定できるようになりました。これにより、ラボユーザーは、新しいラボマシンを作成する際に、そのような “MUST HAVE” の アーティファクトを追加する手間を省くことができます。

この機能の動作の詳細については、チームブログ(英語)を参照してください。

Azure DevTest Labs:仮想マシンのユーザー名とパスワードの自動入力

2018年7月3日 [Azure DevTest Labs: Auto-fill virtual machine username and password ]粗訳

Azure DevTest Labsでは、ラボユーザーが仮想マシンを作成するために必要な時間を短縮する機能を導入しています。

ラボユーザーとして仮想マシンを作成すると、マシンのユーザー名とパスワードが事前に入力されます。プレビューを取得し、この機能の動作の詳細については、ブログポスト(英語)を参照してください。

Azure DevTest Labs:仮想マシン名の自動入力

2018年7月3日 [Azure DevTest Labs: Auto-fill virtual machine name]粗訳

Azure DevTest Labsでは、ラボユーザーが仮想マシンを作成するために必要な時間を短縮する機能を導入しています。

ラボユーザーとして仮想マシンを作成すると、マシンの名前には、自動的に生成された固有の名前があらかじめ入力されます。プレビューを取得し、この機能の動作の詳細については、ブログポスト(英語)を参照してください。

Azure DevTest Labs:ラボ仮想マシンのサイズ変更

2018年5月15日 [Azure DevTest Labs: Resize a lab virtual machine]粗訳

Azure仮想マシンの大きな利点の1つは、CPU、ネットワーク、またはディスクのパフォーマンスのニーズに基づいて仮想マシンのサイズを変更できることです。

LabユーザーはAzure DevTest Labsでこの機能を使用できるようになりました。この機能を使用すると、要件が変更されるたびに新しいマシンを作成することなく、必要に応じて仮想マシンのサイズを更新できます。

この機能の詳細については、team blog(英語)を参照してください。

Azure DevTest Labs:Lab 仮想マシンの再デプロイ

2018年4月25日 [Azure DevTest Labs: Redeploy a lab virtual machine]粗訳

DevTest Labs ユーザーは、ラボ仮想マシンを再デプロイできるようになり、リモートデスクトップ接続やWindowsベースのAzure仮想マシンへのアプリケーションアクセスのトラブルシューティングに時間を浪費することがなくなりました。

この機能の詳細については、team blog(英語)を参照してください。

Azure DevTest Labs が Azure Goverment で利用可能

2018年4月10日 [Azure DevTest Labs available in Azure Government]粗訳

Azure DevTest Labs(英語)は現在、Azure Governmentで利用可能です。

これにより、米国政府機関とそのパートナーは、従来のインフラストラクチャを近代化して、迅速で簡単でリーンな環境を構築することができます。

詳細は、team blog(英語)を参照してください。