Azure Database for PostgreSQL のプレビュー API バージョンの非推奨化

2018年10月4日 [Deprecation of preview API versions for Azure Database for PostgreSQL]粗訳

本年の早い時期に Azure Database for PostgreSQL サービスの一般提供が行われ、新しい安定した API バージョンがリリースされたことにより、お客様は新しい仮想コアとストレージ モデルのすべての側面を管理できるようになりました。

プレビュー API は、更新された価格モデルのすべての側面をサポートしているわけではなく、2018 年 12 月 1 日までに廃止される予定です。プレビュー API を使用しているすべてのお客様は、2018 年 12 月 1 日までに新しい API バージョンに切り替える必要があります。プレビュー API を使って実行されるすべての操作は失敗します。

Azure Resource Manager  テンプレートまたは REST API を使用している場合には、API のバージョンに “-preview” というサフィックスが付いていないことを確認します。

 

一般的提供開始:PostgreSQLサーバを新しいリソースグループとサブスクリプションに移動する

2018年10月4日 [General availability: Move PostgreSQL servers to new resource groups and subscriptions]粗訳

Azure Database for PostgreSQL を同じサブスクリプション内の新しいサブスクリプションまたは新しいリソースグループに移動できるようになりました。この機能により、異なるリソースグループとサブスクリプションを使用して PostgreSQL リソースを柔軟に管理できます。 Azure portal(英語)、Azure CLI(英語)、およびREST API(英語)を使用してサーバーを移動する方法の詳細を参照してください。

 

 

プレビュー:Azure Database for PostgreSQL のクエリパフォーマンス分析

2018年9月24日 [Query performance insights for Azure Database for PostgreSQL in preview]粗訳

Azure Database for PostgreSQL(英語)のクエリパフォーマンス分析機能がプレビューで利用できるようになりました。この機能を使用すると、Azureポータルのデータベースワークロードを視覚的に調べて、長期実行クエリを特定し、クエリに関連する待機統計を調べ、クエリパフォーマンスの変化を検出することができます。

詳細はこちら(英語)。

 

 

プレビュー:Azure Database for PostgreSQL の Performance Recommendations

2018年9月24日 [Preview of performance recommendations for Azure Database for PostgreSQL]粗訳

Azure Database for PostgreSQL はあなたのワークロードを学び、それに適応することができます。パフォーマンス レコメンデーションのプレビュー版では、新しいインデックスを作成してワークロードのパフォーマンスを潜在的に向上させるためのレコメンデーションのリストを作成し、提供します。これらのレコメンデーションを実装するには、それぞれのレコメンデーションに記載されているSQLコマンドをアプリケーションで使用します。

 

プレビュー:Azure Database for PostgreSQL のクエリストア

2018年9月24日 [Preview of Query Store for Azure Database for PostgreSQL]粗訳

Azure Database for PostgreSQL(英語)は、クエリ実行統計情報と待機イベント分布を収集して格納するクエリストアのプレビューサポートを提供するようになりました。これにより、データベースを検査してワークロードを把握し、ボトルネックを特定し、クエリのパフォーマンスの変化を検出することができます。また、この機能では、2つのインテリジェントなパフォーマンス機能(照会パフォーマンスのインサイトとパフォーマンスの推奨)を2つ追加できます。

Learn more

 

 

Azure Database for MySQL / PostgreSQL の高度な脅威からの保護

2018年9月24日 [Advanced Threat Protection for Azure database services for MySQL and PostgreSQL]粗訳

MySQL(英語)およびPostgreSQL(英語)に対するAzure のデータベースサービスの高度な脅威防止機能により、潜在的な脅威が検出され、発生した場合に対応することができます。潜在的な脆弱性や異常なデータベースへのアクセスやクエリのパターンなど、不審なデータベースアクティビティに対して警告を受け取ります。この機能は、Azureセキュリティセンターのアラート機能と統合して、疑わしいアクティビティの詳細と、それらを調査および軽減する方法に関する推奨事項を提供します。高度な脅威防止機能により、セキュリティ専門家や高度なセキュリティ監視システムを管理することなく、データベースの脅威に対処することも簡単にできます。

Advanced Threat Protection for PostgreSQL について学ぶ(英語)。

Advanced Threat Protection for MySQL について学ぶ(英語)。

 

 

プレビュー:Azure Database for PostgreSQL の高度脅威保護

2018年9月24日 [Preview: Advanced Threat Protection for Azure Database for PostgreSQL ]粗訳

Azure Database for PostgreSQL の高度脅威保護は、データベースに潜在的なセキュリティ上の脅威を与えるかもしれない異常なデータベース活動を検出します。

高度な脅威防止機能により、顧客は異常な動作についてのセキュリティ警告を提供することにより、潜在的な脅威を検出し、対応することができます。ユーザーはAzure Database for PostgreSQL のサーバー ログを使用して疑わしいイベントを調べることができます。Azure Database for PostgreSQL のサーバー ログは、データベースクエリとエラーログを生成して、データベース内のデータへのアクセス、違反、または悪用を試みた結果であるかどうかを判断します。たとえば、高度な脅威防止は、PostgreSQLサーバに対する潜在的な脅威を示す異常なデータベースアクセス活動を検出します。

PostgreSQLサーバの高度な脅威防止を有効にするには、Azure portalのPostgreSQLサーバ設定のAzureデータベースから高度な脅威防止に進みます。詳細については、Advanced Threat Protection for Azure Database for PostgreSQL(英語)を参照してください。

 

Azure Database Migration Service: PostgreSQL から Azure DB for PostgreSQLへの移行サポート

2018年9月6日 [Azure Database Migration Service: PostgreSQL to Azure DB for PostgreSQL migrations support]粗訳

現在、Azure Database Migration Service(DMS)では、オンプレミスや仮想マシン上で動いている PostgreSQL を 稼働させたまま Azure Database for PostgreSQL に移行する機能をプレビューとしてユーザに提供します。 DMS を使用した最小限のダウンタイムによるオンラインデータ 移行の詳細については、Migrate PostgreSQL to Azure Database for PostgreSQL(英語)を参照してください。

 

Azure.Source – 第45巻が利用可能

2018年8月21日 [Azure.Source – Volume 45 now available]粗訳

Azure.Sourceを読んで毎週Azureの現在の状況を把握してください。現在プレビューされているもの、一般的に利用可能なもの、ニュースやアップデートなどが含まれます。

今週のAzure.Source – Volume 45(英語):

 

  • 現在、仮想ネットワークサービスのエンドポイントは、MySQLとPostgreSQLでGA しました
  • Azure HDInsightで、Apache PhoenixはZeppelinをサポートし、インタラクティブなクエリによる大規模なデータ分析アーキテクチャの簡素化、サービスエンドポイントによるセキュリティの強化を実現しました。
  • Azure(AzSK)のためのSecure DevOps Kitを含む多くの新しい技術コンテンツがあります。

 

一般提供開始:Azure Database for PostgreSQLの仮想ネットワークサービスエンドポイント

2018年8月16日 [General availability: Virtual network service endpoints for Azure Database for PostgreSQL]粗訳

General PurposeおよびMemory Optimizedサーバーでサービスが利用可能なすべての地域で、Azure Database for PostgreSQLの仮想ネットワークサービスエンドポイントの一般的なアベイラビリティを発表します。サービスの可用性については、地域可用性(英語)を参照してください。

仮想ネットワークサービスエンドポイントを使用して、仮想ネットワーク内の1つのサブネットまたは1組のサブネットからのみ、論理サーバーへの接続を分離することができます。仮想ネットワークからのの Azure Database for PostgreSQL へのトラフィックは、常にAzureバックボーンネットワーク内にとどまります。この直接ルートは仮想アプライアンスまたはオンプレミスを介しての接続に有効です。

サービスエンドポイントを経由した仮想ネットワークアクセスの課金はありません。 Azure Database for PostgreSQL の現在の価格モデル(英語)はそのまま適用されます。

仮想ネットワークサービスエンドポイント(英語)と設定方法(英語)の詳細については、こちらをご覧ください。

Azure ポータル(英語)またはAzure CLI(英語)を使用して、Azure Database for PostgreSQL の利用を開始してください。