プレビュー:Azure SDK for Go 12.0.0

2017年12月21日 [Preview: Azure SDK for Go 12.0.0]粗訳

Azure SDK for Go (英語) のプレビューバージョンである、12.0.0-beta が利用(英語)できるようになりました。Go ベースのアプリケーションから Azure サービスを利用しやすくします。取得するには、go get -u github.com/Azure/azure-sdk-for-go/... を実行するか、新しい dep サポートを仕様して、以下の行を Gopkg.toml に追加してください:

[[constraint]]
    name = "github.com/Azure/azure-sdk-for-go"
    version = "12.0.0-beta"

このバージョンには以下の変更が含まれています:

  • (非同期の)長期実行操作では、操作の完了をポーリングするために仕様できる構造が返されるようになりました。以前は、このような操作でチャネルが返され、ポーリングはライブラリによって内部的に処理していました。
  • API バージョンとプロファイルのサポートの追加。services/... もしくは profiles/... のパスを使用して、特定のバージョンを選択肢、予期しない非互換性を回避します。詳細は wiki (英語)をご覧ください。
  • 追加されたコンテキスト(英語)のサポート。ライブラリメソッドは、最初のパラメーターとして、コンテクスト構造体を想定しています。
  • Support for dep (英語)のサポートが追加され、glide (英語) のサポートが削除されました。
  • ページング可能な結果を繰り返し処理するための API の簡略化。
  • 新しいサービスの追加:
    • MongoDB API を介した Azure Cosmos DB
    • Azure Kubernetes Service (AKS)
    • Microsoft Cognitive Services: カスタムサーチ、エンティティサーチ、イメージサーチ、ニュースサーチ、ビデオサーチ、ウェブサーチ、スペルチェック

詳細については変更ログ(英語)をご覧ください。 また、our GitHub tracker (英語)に問題点やリクエストを投稿してください。

広告

Azure Cloud シェル:新しく追加されたツールと、フォントサイズの選択

2017年9月21日 [Azure Cloud Shell: New CLI tools added and font-size selection]粗訳

マイクロソフトは、Linux シェルインタプリター、Azure ツール、テキストエディタ、ソースコントロール、ビルドツール、コンテナツール、データベースツールなど、よく利用される CLI ツールを定期的にメンテナンスし、更新しています。

過去数ヶ月において、以下の CLI ツールを Bash 環境に追加しました:

  • AzCopy:簡単なコマンドを使い、最適なパフォーマンスで、Microsoft Azure Blob、File、Table のデータをストレージ間でコピーします。
  • Sqlcmd ユーティリティ:Transact-SQL ステートメント、システムプロシージャ、スクリプトファイルをコマンドラインで実行します。
  • Batch Shipyard (英語):Azure Batch コンピューティングプールで、バッチ処理と、HPC Docker ワークロードをプロビジョニング、および、実行します。
  • Helm(英語):事前に設定された Kubernetes リソースのパッケージである Kubernetes チャートを管理します。

また、Cloud Shell に Terraforum と Cloud Foundry のサポートが追加され、以下の、CLI ツールが追加されました:

最後に、Azure Portal の Cloud シェルツールバーに、フォントサイズに変更機能を追加ました。

一般提供開始:Azure Container Service

2016年4月19日 [General availability: Azure Container Service] 粗訳

Azure Container Service は、よく使われているオープンソースのツールや技術の構成を、Azure向けに最適化します。これは、お使いのコンテナとアプリケーションの構成にポータビリティをもたらすオープンなソリューションを提供します。本日、Container Service は一般提供が開始開始されました。

ホストのサイズと数を選択し、利用するオーケストレーターを選択すると、Container Service は詳細を管理します。Container Service は、コンテナオーケストレーションと拡大縮小の作業に、ツールの選択肢を提供します。純粋なコンテナの利用として、Docker Swarm および Compose を選択したり、柔軟なデプロイと大規模な運用の管理向けにApache Mesos 、および、よく利用されている Mesos フレームワークを選択したりできます。

詳細については、 Azure Container Service (英語)をご覧ください。

パブリックプレビュー: Azure Container Service

2016年2月17日 [Public preview: Azure Container Service]粗訳

Azure Container Service は、運用環境において、Dockerイメージや Linux コンテナの利用を手助けします。これは、すでにお使いのコンテナ化されたアプリケーションの開発やデプロイ向けの同じツールと技術を利用する管理とオーケストレーションの環境を提供します。

ホストの数とサイズ、オーケストレーターの選択するだけで、Container Service で詳細を管理できます。Container Service は、コンテナオーケストレーションと伸縮の作業に、ツールの選択肢を提供します。巨大な運用環境ワークロードをフレキシブルに管理運用するために、オリジナルのコンテナの利用手法、もしくは、Apache Mesos や Mesos frameworks 利用のために、Docker Swarm と Compose を選択することもできます。

詳細については、Azure Container Service (英語)ページを、価格については、Azure Container Service の価格 ページをご覧ください。