Power BI EmbeddedのAzureアラート

2018年5月9日 [Azure alerts available for Power BI Embedded]粗訳

Power BI EmbeddedはAzure alerts(英語)と統合されました。

アラートは、Azureで監視する方法を提供します。それらを使用してデータに対する条件を構成し、条件が最新の監視データと一致したときに通知を受けることができます。アクティブなPower BI Embeddedリソースがある場合は、リソースを監視するメトリックを使用して、それらのメトリックに対するルールを定義できます。

Azureアラートを使用して、時間の経過とともに複数のルールを作成し、アラートがトリガーされたときに実行するアクションを定義することができます。それは、人々のグループへのメールまたはSMS通知、または問題を処理するための自動スクリプトです。

たとえば、「クエリーの平均所要時間が10秒を超え、10分を超えている」かどうかを確認するクエリー期間にルールを作成することができます。REST APIまたはPowerShellコマンドレットを使用し、そのしきい値を超えると、リソースをスケールする自動スクリプトを構成できます。

広告

Azure Service Health プレビュー:新しいヘルスアラートの作成と管理

2017年11月20日 [Azure Service Health preview: New health alert creation and management]粗訳

Azure Service Health プレビューにHealth Alert 機能が追加されました。この機能の利用により、ご利用中の Azure サービスに関する問題、計画メンテナンス、ヘルスアドバイスの最新情報が得られます。既存のフィルタに基づき、サービス発行イベントの新しいアラートを作成したり、サービス正常性アラートを管理したり、過去のアラート履歴など関連情報を参照できます。

Azure ポータルで Service Health のパーソナライズされたアラートをチェックし、セットアップしてみてください。

仮想マシンのアラートに反応するカスタム Automation task の実行

2016年5月23日 [Run your own custom Automation tasks in response to VM alerts] 粗訳

仮想マシン上にアラートルールを作成する際、アラートが発生時に実行するカスタムタスク (Azure Automatuon runbook)を選択できます。3月時点では、仮想マシンの再起動や停止といった標準タスクを選択する方法を提供しました。本日、その機能を拡張し、仮想マシンのアラート発生時に、設定したワークフローに則った独自の Automation runbooks を選択できるようになりました。

Machine generated alternative text:
Runbook source 
Standard 
Automation account 
Choose an account 
Automation- Production 
Automation- Test

Machine generated alternative text:
source 
Standard 
Automation account 
Automat io n- Test 
R unbook 
Choose a runbook 
Choose a runbook 
ViewAzureAIertData

また、仮想マシンのアラートルールに従い、仮想マシンのスケールアップやスケールダウンが選択できます。これらの2つのタスクは、標準タスクリスト(Scale Up VM / Scale Down VM) に追加されています。

Machine generated alternative text:
Runbook source 
R unbook 
Choose a runbook 
Restart VM 
Stop VM 
Scale Up VM 
Scale Down VM 
Remove VM

仮想マシンに対応する Automation runbooks の利用法詳細については、 この記事をご覧ください。