AzureマーケットプレイスからのClearDBが削除されます。

2018年3月19日 [ClearDB removal from the Azure Marketplace ]粗訳

今日から6月13日まで、ClearDBは、Microsoftが直接請求しているAzureベースのサービスから、ClearDBへの直接請求モデルに移行します。その結果、ClearDB のデータベースを作成またはアップグレードすることはできなくなります。

詳細と次の手順については、Changes to ClearDB service plans(英語) を参照してください。

広告

パブリックプレビュー:App Service on LinuxのJavaサポート

201837 [Public preview: Java support for App Service on Linux]粗訳

私たちはApp Service on Linuxと、Web App for Containerを2017年の9月にアナウンス(英語)しました。

そして今日、ビルトインイメージに対する、さらなる言語ランタイムサポートが追加されました。

本日より、JRE 8をランタイムスタックとして使用した、Tomcat 8.5または9.0の Web App on Linuxを作成できるようになりました。

Javaプレビューリリースの詳細については、blog post(英語)を参照してください。

名称変更:仮想マシンBシリーズ(米国政府)

2018年3月6日 [Name changes: Virtual Machines B-series US Gov]粗訳

Azure Cloud Services を使用することで、拡張性と信頼性の高いアプリケーションやAPIを作成することができます。アプリケーションに集中し、 Java、Node.js、PHP、Python、.NET、Rubyなどの任意の言語を使用してアプリケーションをデプロイできます。

Azure仮想マシンBシリーズの名前は、2018年5月1日、Azureのすべての政府地域で変更されます。すべてのクラウドサービスのBシリーズ名から「VM」という文字が削除されます。
この変更は、すべてのVMタイプで名前を標準化するために行われます。この変更により価格への影響はありませんが、新しい名前に依存する請求ルーチンを変更する必要が生じる場合があります。

名前の変更については、次の表を参照してください。

Service name (not changing) Old service type New service type Resource name (not changing) Old EA Portal name (product name) New EA Portal name (product name)
Cloud Services Standard_B1 VM Cloud Services Standard_B1 Cloud Services Compute Hours Standard_B1 VM Cloud Services – US Gov AZ Standard_B1 Cloud Services – US Gov AZ
Cloud Services Standard_B1 VM Cloud Services Standard_B1 Cloud Services Compute Hours Standard_B1 VM Cloud Services – US Gov TX Standard_B1 Cloud Services – US Gov TX
Cloud Services Standard_B1 VM Cloud Services Standard_B1 Cloud Services Compute Hours Standard_B1 VM Cloud Services – USGov Standard_B1 Cloud Services – USGov
Cloud Services Standard_B1 VM Cloud Services Standard_B1 Cloud Services Compute Hours Standard_B1 VM Cloud Services – US DoD Standard_B1 Cloud Services – US DoD
Cloud Services Standard_B1m VM Cloud Services Standard_B1m Cloud Services Compute Hours Standard_B1m VM Cloud Services – US Gov TX Standard_B1m Cloud Services – US Gov TX
Cloud Services Standard_B1m VM Cloud Services Standard_B1m Cloud Services Compute Hours Standard_B1m VM Cloud Services – USGov Standard_B1m Cloud Services – USGov
Cloud Services Standard_B1m VM Cloud Services Standard_B1m Cloud Services Compute Hours Standard_B1m VM Cloud Services – US Gov AZ Standard_B1m Cloud Services – US Gov AZ
Cloud Services Standard_B1m VM Cloud Services Standard_B1m Cloud Services Compute Hours Standard_B1m VM Cloud Services – US DoD Standard_B1m Cloud Services – US DoD
Cloud Services Standard_B2 VM Cloud Services Standard_B2 Cloud Services Compute Hours Standard_B2 VM Cloud Services – US Gov TX Standard_B2 Cloud Services – US Gov TX
Cloud Services Standard_B2 VM Cloud Services Standard_B2 Cloud Services Compute Hours Standard_B2 VM Cloud Services – US DoD Standard_B2 Cloud Services – US DoD
Cloud Services Standard_B2 VM Cloud Services Standard_B2 Cloud Services Compute Hours Standard_B2 VM Cloud Services – USGov Standard_B2 Cloud Services – USGov
Cloud Services Standard_B2 VM Cloud Services Standard_B2 Cloud Services Compute Hours Standard_B2 VM Cloud Services – US Gov AZ Standard_B2 Cloud Services – US Gov AZ
Cloud Services Standard_B2m VM Cloud Services Standard_B2m Cloud Services Compute Hours Standard_B2m VM Cloud Services – USGov Standard_B2m Cloud Services – USGov
Cloud Services Standard_B2m VM Cloud Services Standard_B2m Cloud Services Compute Hours Standard_B2m VM Cloud Services – US DoD Standard_B2m Cloud Services – US DoD
Cloud Services Standard_B2m VM Cloud Services Standard_B2m Cloud Services Compute Hours Standard_B2m VM Cloud Services – US Gov AZ Standard_B2m Cloud Services – US Gov AZ
Cloud Services Standard_B2m VM Cloud Services Standard_B2m Cloud Services Compute Hours Standard_B2m VM Cloud Services – US Gov TX Standard_B2m Cloud Services – US Gov TX
Cloud Services Standard_B4m VM Cloud Services Standard_B4m Cloud Services Compute Hours Standard_B4m VM Cloud Services – US Gov TX Standard_B4m Cloud Services – US Gov TX
Cloud Services Standard_B4m VM Cloud Services Standard_B4m Cloud Services Compute Hours Standard_B4m VM Cloud Services – US DoD Standard_B4m Cloud Services – US DoD
Cloud Services Standard_B4m VM Cloud Services Standard_B4m Cloud Services Compute Hours Standard_B4m VM Cloud Services – US Gov AZ Standard_B4m Cloud Services – US Gov AZ
Cloud Services Standard_B4m VM Cloud Services Standard_B4m Cloud Services Compute Hours Standard_B4m VM Cloud Services – USGov Standard_B4m Cloud Services – USGov
Cloud Services Standard_B8m VM Cloud Services Standard_B8m Cloud Services Compute Hours Standard_B8m VM Cloud Services – US Gov TX Standard_B8m Cloud Services – US Gov TX
Cloud Services Standard_B8m VM Cloud Services Standard_B8m Cloud Services Compute Hours Standard_B8m VM Cloud Services – US DoD Standard_B8m Cloud Services – US DoD
Cloud Services
Cloud Services Standard_B8m VM Cloud Services Standard_B8m Cloud Services Compute Hours Standard_B8m VM Cloud Services – USGov Standard_B8m Cloud Services – USGov

Work Items hubとVMベース Azure DevOps Project – VSTS Sprint 131 Update

2018年3月5日 [Work Items hub and VM-based Azure DevOps Project – VSTS Sprint 131 Update]粗訳

Visual Studio Team ServicesのSprint 131アップデートでは、いくつかの User Voice のフィードバックとアクティビティに対する機能が提供されています。 1つは Work Items hub (英語)であり、重要なワークフロー作業を日常の活動に取り入れやすいように、機能の一般的提供を開始しました。また、 Azure DevOps Projects(英語)を設定するためのオプションとしてvirtual machine(英語)を追加しました。これは、Webアプリケーションに対するより低いレベルの制御を保持することが重要であることがわかっているためです。

その他のハイライトは次のとおりです。

 

 

それぞれのアップデートに関しては下記のリンクを御覧ください。
View the full release notes(英語)

Azure Database Migration Service:2月アップデート

2018年2月9日 [Azure Database Migration Service: February updates]粗訳

Azure Database Migration Service プレビューの最近のアップデートは以下の通りです:

  • サポートされるリージョンの追加。オンプレミスの SQL Server を Azure SQL Database に移行するサービスの Azure Database Migration Service が東南アジアとインド西部リージョンにプロビジョニングできるようになりました。
  •  特定のリソースグループでのプロビジョニング。Azure Database Migration Service のプロビジョニングは、新しいリソースグループ、既存のリソースグループのいずれも選択できます。
  • 自動ポーズ機能。Azure Database Migration Service に追加された自動ポーズ機能は、24時間連続して利用されていない場合、自動的にサービスを一時停止します。
  • 例外や失敗時のガイダンスの改善。Azure Database Migration Service で発生する様々な例外や失敗が発生したときのガイダンスが改善、拡張されました。サービスの作成や、ソースの SQL Server への接続など、様々な状況で障害が発生した場合の根本的な問題に対処するための、潜在的な問題と具体的なアクションについて詳しく説明します。

詳細については、ブログ投稿(英語)をご覧ください。

クラウドシェルの Powershell で、OpenSSH が利用可能に

2018年2月3日 [OpenSSH now available in PowerShell in Cloud Shell]粗訳

クラウドシェルの PowerShell に、Windows および、Windows Server で利用可能な、ネイティブ Win21 OpenSSH クライアントが含まれるようになりました。

OpenSSH は、安全なリモートログイン、リモートファイル転送、公開鍵・秘密鍵のペア管理を可能にする、クライアント・サーバーユーティリティの集合です。OpenBSD プロジェクトの一部として誕生し、BSD、Linux、macOS、Unix のエコシステムで広く使用されており、クラウドシェルの PowerShell でも OpenSSH が使用できるようになりました。

Powershell の SSH クイックスタートには、SSH 公開鍵を使用して、仮想マシンを作成する方法と、クラウドシェルセッション間で SSH 設定とキーファイルをイジする方法の例が含まれています。

一般提供開始:Microsoft Azure ドイツでの、Azure Network Watcher

2018年1月29日 [General availability: Azure Network Watcher in Microsoft Azure Germany]粗訳

Microsoft Azure ドイツでの、Azure Network Watcher が一般提供開始となりました。

Network Watcher は、Azure と外部のネットワーク、もしくは、Azure内部のネットワークを監視、および、診断するために利用できるサービスです。Network Watcher の診断ツールと、可視化ツールをしようすると、ネットワークに関する洞察を得られます。このンサービスには、接続のトラブルシューティングNSG のフローログパケットキャプチャIP フロー検証VPN トラブルシューティングトポロジ、IP などが含まれます。

詳細については、Network Watcher ドキュメントをご覧ください。

リージョン拡張:グローバル Vnet ピアリング

2018年1月19日 [Region expansion: Global VNet Peering]粗訳

Ignite で、アナウンスしたとおり、Azure リージョン間でネットワークを接続するために、グローバル VNet ピアリングが利用できます。本日、パブリックインターネットを利用せず、追加の hop も無い仮想マシン間を接続する機能のサポートされるリージョンが追加されました。

数回のクリックで、グローバル VNet ピアリングを利用して、Azure リージョンの仮想ネットワークを接続し、リソースを共有したり、グローバルでプライベートピアリングされた仮想ネットワークを作成したりできます。これにより、プライベート IP だけで、データレプリケーション、ディザスタリカバリー、データベースフェールオーバーなど、様々なシナリオが可能となります。

以下のリージョンで、ピアリングが利用できます:

  • 韓国南部
  • 英国南部
  • 英国西部
  • カナダ東部
  • インド南部
  • インド中部

以下のリージョンは、以前に告知済みです:

  • 米国中西部
  • カナダ中部
  • 米国西部 2

詳細については、ドキュンメント価格をご覧ください。フィードバックは、メールにて(英語)ご連絡いただくか、フィードバックチャンネル(英語)からお願いします。