Azure IoT Edge 1.0.2のリリース

2018年9月26日 [Azure IoT Edge 1.0.2 release]粗訳

Azure IoT Edgeの1.0.2(英語)アップデートには、以下の改善点があります。

 

  • オフライン機能拡張のパブリックプレビューにより、Edge デバイスとそれに接続されたダウンストリームデバイスがオフラインで期限なく機能します。この機能を発表したブログで詳細を見つけることができます。
  • エッジデバイスはプロキシサーバー経由で動作するようになりました。この機能の設定については、製品ドキュメントが追加されています。
  • エッジハブとエッジエージェントの両方で複数のバグが解決されました。 (GitHubのrelease notesで完全な変更リストを見つけることができます。)特に、起動時間のパフォーマンスが向上し、予期しない帯域幅を使用するエッジデバイスが発生したイシュー(英語)が解決されました。

 

このリリースのベネフィットを得るには、すべてのランタイムコンポーネントの1.0.2バージョンに更新する必要があります。これを行うには、以下の指示に従ってください。

セキュリティデーモンの更新(Linux)

ステップ1:エッジデバイスで次のコマンドを実行して最新バージョンのパッケージを入手します。

apt-get upgrade

apt-get upgrade

ステップ2:エッジデバイスで次のコマンドを実行して、hsmlibとセキュリティデーモンの最新バージョンをインストールします。

apt-get install libiothsm iotedge

apt-get install libiothsm iotedge


セキュリティデーモンの更新(Windows)

ステップ1:エッジデバイスで次のコマンドを使用して、セキュリティデーモンの古いバージョンをアンインストールします。

. {Invoke-WebRequest -useb aka.ms/iotedge-win} | Invoke-Expression; `

. {Invoke-WebRequest -useb aka.ms/iotedge-win} | Invoke-Expression; `

UnInstall-SecurityDaemon

UnInstall-SecurityDaemon
ステップ2:Windows コンテナまたはLinux コンテナのどちらを使用しているかに応じて、セキュリティデーモンの新しいバージョンをインストールします。

エッジハブとエッジエージェントの更新(LinuxとWindowsの両方)

現在のデプロイメントで1.0イメージが使用されている場合は、 “docker rmi”(エッジデバイスで実行)を使用して既存のモジュールイメージを削除します。 1.0イメージは、最新の1.0.xイメージを参照するローリングタグです。ランタイムが “1.0”イメージを取得すると、最新の1.0イメージ(1.0.2)がプルされます。

また、edgeHub および edgeAgent イメージのデプロイメントスキーマを1.0.2に更新することもできます。

 

 

 

広告