Azure IoT Hub デバイスプロビジョニングサービスの新機能

2018年9月24日 [Azure IoT Hub—Device provisioning service new functionalities]粗訳

デバイスプロビジョニングサービスはIoT Hub の機能であり、お客様が安全に IoT デバイスを大量にプロビジョニングして登録できるようにします。

デバイスのプロビジョニングを自動化する機能の最新の主要波がプレビューで利用可能になりました。 Device Provisioning Service についてのご意見、変更、機能の組み込みなど、以下の機能をプレビューでご利用いただけることを嬉しく思います。

・格納された CA 証明書の数の制限が増加しました。
・エンロールメントの制限を増やす
・対称キーアテステーションのサポート
・リプロビジョニングサポート
・エンロールメントレベルの割り当てルール
・カスタム割当ロジック

詳細はこちら

 

 

広告