一般提供開始:Azure Functions ランタイム 2.0

2018年9月24日 [Azure Functions—Functions runtime 2.0 now generally available]粗訳

クロスプラットフォームと改良された Azure Functions runtimeが一般提供を開始しました。クロスプラットフォームの.NET Core セットを関数アプリケーション内で使用できるようになりました。 Azure Functions runtimeのコアには、.NET Core 2.1で動作するように書き直された関数ホストがあります。これにより、パフォーマンスが大幅に向上するだけでなく、主要なプラットフォーム(Windows、Mac、Linux)でローカルに関数を記述してホストすることができます。

この新機能のランタイムには、パーソナライズされたクイックスタートエクスペリエンス、Azure ポータルのローカルツール(Visual StudioとVSコード)との統合性向上のためのUXアップデートも含まれています。

 

広告