一般提供開始:Azure CDN Standard Microsoft 層

2018年9月24日 [Azure CDN Standard Microsoft tier Generally Available]粗訳

マルチ CDN プラットフォームを利用して、Azure Portal、Azure Resource Manager、CLI、コマンドラインエクスペリエンスなどを使い、Verizon、Akamai、および Microsoft の CDN サービスを 1か所で利用できます。 Azure サービスとの緊密な統合により、Web アプリ、ストレージ、または選択したサービスで Content Delivery Network をすばやくスピンアップできます。

Azure CDN の Microsoft 層は、コンテンツ配信ネットワークの Azure エコシステム内で一般提供を開始しました。

CDN ネットワークの標準的な Microsoft 層は、マイクロソフト独自のグローバルエッジとネットワークをあなたに提供します。 57カ国 62か所に 16の地域キャッシュを戦略的に配置し、それぞれのネットワークエッジの場所から Azure のコンテンツに直接アクセスできるようにすることで、より一貫した予測可能なキャッシュフィルパフォーマンスを実現します。既定のオンライ・バイ・リージョナル・キャッシングや独自の SSL 証明書などの新機能により、サービスの調整、パフォーマンスの向上、および元の負荷の軽減のためのオプションが増えました。

 

広告