Azure Kubernetes Service:パッチバージョンサポートの変更

2018年9月24日 [Reducing Kubernetes patch versions supported in Azure Kubernetes Service] 粗訳

現在、Azure Kubernetes Service(AKS)は、利用可能なマイナーバージョンごとに2つの安定したパッチバージョンのみをサポートし始めます。

現在まで、AKS は Kubernetes の 5 つのマイナーバージョン(1.7,1.8,1.9,1.10、および1.11)をサポートしています。マイナーバージョンごとに 2 つのパッチへのサポートを減らすと、複数のパッチバージョンの中から選択する必要がなくなります。サポートされていないパッチバージョンを使用している場合は、まったく影響を受けません。マイナーバージョンまたは次のマイナーバージョンで、そのパッチバージョンのままにするか、サポートされている2つのパッチバージョンのいずれかにアップグレードするかを選択できます。

パッチリリースは、セキュリティ上の脆弱性を含むマイナーバージョンの重大なバグを修正するだけでなく、Kubernetes ベースの多数の顧客および製品に影響を与える主要なバグを修正することを目的としています。新しい機能統合は含まれていません。マイナーバージョンのパッチバージョン間に互換性はありません。

広告