一般提供開始:Microsoft Graph Security API

2018年9月24日[Microsoft Graph Security API now generally available]粗訳

MicrosoftとパートナーセキュリティソリューションのMicrosoft Graph Security APIとの統合を簡素化します。 Microsoft Graph Security APIは、セキュリティ警告を統合し、コンテキスト情報をロック解除し、セキュリティの自動化を簡素化するための標準インターフェースと統一されたスキーマを提供します。

セキュリティソリューションの数とセキュリティデータの量が増えるにつれて、迅速に価値を抽出する能力はより困難になります。新しいソリューションと既存のセキュリティツールやワークフローを統合することで、コスト、時間、複雑さが増します。 ユニファイド セキュリティ APIを使用すると、Microsoft やパートナーのセキュリティソリューションに簡単に接続できます。

アラート管理の統一と標準化
・コードを一度書くだけで、Microsoft Graph Security プロバイダからアラートを取得し、共通のアラートスキーマでセキュリティソリューション間のアラートをより容易に関連付け、すべてのソリューションにわたってアラートステータスと割り当てを同期させます。

セキュリティ操作を通知するためのセキュリティコンテキストのロック解除
・他の Microsoft Graph プロバイダー(Azure Active Directory Microsoft Intune、Office 365など)のユーザー、ホスト、アプリケーション、セキュリティコントロール(セキュリティスコアと構成)、および組織コンテキストに関する洞察を統合します。

セキュリティオーケストレーションと自動化を簡素化する
・グラフセキュリティを呼び出して、アクションを実行し、セキュリティポリシーのチェックとルールの実施を自動化し、セキュリティソリューション全体のアクションを調整する調査と修復のプレイブックを開発する。

広告