仮想ネットワークの接続に関する問題のトラブルシューティング

2018年8月30日 [Troubleshoot connectivity issues in a virtual network]粗訳

Azure Portal の仮想ネットワークブレードは、接続やパフォーマンスの問題をトラブルシューティングするため、または仮想ネットワーク内の仮想マシン (VM) からネットワークエンドポイントを継続的に監視するように拡張されました。

これにより下記のことが実現可能です:

  • 送信元 ( VM ) と送信先( VM、URI、FQDN、IPアドレス )の間の接続を確認します。
  • 到達可能性に影響を与える設定上の問題を特定します。
  • ソースから宛先へのホップバイホップパスを提供します。これには Hop by hop の待ち時間、ソースと宛先の間の最小、最大、および平均レイテンシ、 ソースから宛先へのトポロジーのグラフィック表示が含まれます。。

Azure portalにアクセスするか、もしくはドキュメントで詳細を確認してください。

広告