一般提供開始:Azure Database for MySQLの仮想ネットワークサービスエンドポイント

2018年8月16日 [General availability: Virtual network service endpoints for Azure Database for MySQL]粗訳

Azure Database for MySQLの仮想ネットワークサービスエンドポイントのGAを、汎用およびメモリ最適化サーバで利用できるすべての地域で発表することになり、非常に喜ばしく思います。サービスの可用性については、こちら(英語)を参照してください。

仮想ネットワークサービスエンドポイントを使用して、仮想ネットワーク内の1つのサブネットまたは1組のサブネットからのみ、論理サーバーへの接続を分離することができます。
仮想ネットワークからAzureデータベースfor MySQLへのトラフィックは、常にAzureバックボーンネットワーク内にとどまります。この直接ルートは仮想アプライアンスまたはオンプレミスを介すルートに有効です。

サービスエンドポイントを経由した仮想ネットワークアクセスの課金はありません。 Azure Database for MySQLの現在のプライシングモデル(英語)はそのまま適用されます。

仮想ネットワークサービスエンドポイント(英語)と設定方法(英語)の詳細については、こちらをご覧ください。

Azure ポータルまたはAzure CLI(英語)を使用して、Azure Database for MySQLを開始してください。

広告