新しいAzureのコンサンプション、料金 API の csv レポートが利用可能になりました

2018年8月15日 [Comma-delimited (.csv) reports for new Azure consumption and charges APIs now available]粗訳

(本来は2017年11月8日に公開されています)Usage Detail APIは、使用量と推定料金の登録による日割りを提供し、レポートにはインスタンス、メーター、および部門に関する情報が含まれています。 APIは、請求期間または指定された開始日と終了日によって照会することができます。

Reporting API’s Microsoft Enterprise Azure(英語)で、使用量と消費データの(.csv)エクスポートオプションへの要求ご意見を受けて、Usage Detail API(英語)の.csvサポートが利用可能になりました。 AzairData2.csvファイルは、Azureの使用状況の詳細と日付範囲または請求期間別にフィルタリングする機能があります。 オーバービュー の WebページまたはAPIレポートのヘルプファイルに関する新しいレポートAPIの詳細をご覧ください。

Power BIを使用しているAzureエンタープライズ契約(EA)のお客様が、使用データを調査したいが、APIの使用に慣れていない場合、Microsoft Azure Consumption Insightsコンテンツパック(英語)を使用すると、APIの応答をカスタムの日付でフィルタリングできます。

以前のREST APIとエンタープライズポータルでサポートされているEAコンテンツパックは、2018年10月31日まで利用可能です。

広告