Azure Functions Runtime 2.0の変更点

2018年8月14日 [Azure Functions Runtime 2.0 breaking changes]粗訳

Azure Functions Runtime 2.0の次期リリースでは、ランタイム、トリガー、およびバインディングの大幅な改善が行われています。これらの変更の一部は、v2ランタイムでデプロイされた既存のアプリケーションに影響を与えます。詳細とディスカッションはGitHub(英語)でご覧ください。

影響を避けるために、機能を現在のv2バージョンに「固定」することができます。これにより、アプリケーションの変更を更新、検証、および展開する時間が与えられます。それを行う方法に関する説明は、上にリンクされたGitHubの発表に含まれています。このリリースには世界的に普及するまでに時間がかかり、8月17日金曜日に開始される予定です。

プレビュー中にv2ランタイムの検証と改善をお手伝いいただき、ありがとうございます。私たちは、今後数週間のうちに仕事を終えてプレビューから外すことを楽しみにしています。ご質問や問題がある場合は、GitHubのアナウンスに掲載されているディスカッションリンクをご利用ください。

広告