Azure Monitor コンテナの新機能

2018年7月16日 [What’s new in Azure Monitor—container health ]粗訳

私たちは //build カンファレンスでAzure Monitorコンテナヘルスモニタリング機能のパブリックプレビューをリリースしました。 Azure Monitorコンテナのヘルス機能により、Azure Kubernetes Service(AKS)クラスタの健全性とパフォーマンスを追跡できます。お客様からのご意見に基づき、オンボーディングとポータル体験の新機能とアップデートをリリースします。

オンボーディングの強化

  •  Azure CLI(英語)を介して既存のLog Analyticsワークスペースを使用してコンテナの状態をオンボードする
  •  UIポータルボタンによる既存のAKS環境でのクイックイネーブル

パフォーマンスグリッドにおけるユーザビリティの向上

  •  [新しいクラスタ]タブ:集約されたクラスタのパフォーマンスとポッドのステータスに関するクラスタパフォーマンス線チャートビュー
  •  kube-systemをUIから除外して顧客のワークロードのみを表示するフィルタを追加
  •  パフォーマンスグリッドと折れ線グラフのメトリックの平均/最小/最大/ 50/90/95パーセンタイルセレクタの追加
  • 名前で検索し、すべての列で並べ替える機能

詳細については、ドキュメント(英語)を参照してください。

ご不明な点がございましたら、askcoin@microsoft.comまでご連絡ください。