改善されたメーター名に レポートを更新する

2018年6月28日 [Update reports for improved meter names]粗訳

次の手順を使用して、提供したマッピングスプレッドシートをコンサンプションメーターのみにフィルタリングすることができます。これらの例は、ダイレクトカスタマーサブスクリプションからのものです。各列の値は、サブスクリプションによって異なる場合があります。

  • 規格化されたメーターリストのダウンロードを開き、ファイルをローカルに保存します(たとえば、c:¥AzureMeterMapping-en.xlsx)
  • 詳細な使用状況の概要をダウンロードするか、Azure APIのいずれかの出力に基づいてワークブックを作成し、ファイルをローカルに保存します(例:c:\AzureUsage.xlsx)。以下の詳細な使用法ファイルを使用した例を参照してください。
    • CSPパートナーの場合は、Partner Center(英語)から使用量ベースの調整ファイルをダウンロードしてください。
    • Directのお客様の場合は、Azure Account Portal(英語)からバージョン2プレビューファイルをダウンロードしてください。
    • EAのお客様の場合は、Enterprise Portal(英語)のReports> Download Usageの下にあるUsage Detailレポートをダウンロードしてください。
  • AzureUsage.xlsxファイルを開き、毎日の使用に関係のないデータ(ステートメントまたはプロビジョニングのステータス情報など)を削除します。シート1にまだ名前が付けられていない場合、シート1にワークシートの名前を変更します。
  • vlookupを実行してメーターの名前変更を解釈する前に、AzureUsage.xlsxのデータをクリーンアップしてください。 vlookupが有効な結果を返すようにするには、Excelの検索/置換機能を使用して、AzureUsage.xlsxのメーターID(リソースGUID)を引用符で囲みます。次に、Meter ID(Resource GUID)列を左に移動して列Aになり、vlookupsのヘルプを表示し、ファイルを保存します。次の表の列ヘッダーに表示されるメーター属性名のバリエーションは、特定のAzureサブスクリプションによって異なります。
  • vlookupが有効な結果を返すようにするには、Excelの検索/置換機能を使用して、AzureUsage.xlsxのメーターID(リソースGUID)を引用符で囲みます。次に、Meter ID(Resource GUID)列を左に移動して列Aになり、vlookupsのヘルプを表示し、ファイルを保存します。次の表の列ヘッダーに表示されるメーター属性名のバリエーションは、特定のAzureサブスクリプションによって異なります。
A B C D E F G H
1 Meter ID (Resource GUID) Usage Date Meter Category (Service Name or Name) Meter Sub-category (Service Type or Type) Meter Name (Resource Name, Resource, Service Resource) Meter Region (Region) Unit (Unit of Measure) Consumed Quantity
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd 10/18/2017 Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days ####.##
3 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 10/18/2017 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB ####.##
4 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 10/18/2017 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours ####.##

 

5. AzureMeterMapping-en.xlsxファイルを開き、メーターID(リソースGUID)のbuild a standard vlookup(英語)をAzureUsage.xlsxファイルに開きます。

  • AzureMeterMapping-en.xlsxファイルの列Aの右側に列を追加します。
  • セルB2 : =VLOOKUP(A2,'[AzureUsage.xlsx]Sheet 1′!$A:$A,1,FALSE) にvlookup関数を入力します。
  • B列の「N / A」値を除外して、使用していないメーターを除去します。更新されたファイルは次の例のようになります。

 

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

 

  • AzureMeterMapping-en.xlsxファイルの結果には、使用量の要約に含まれている消費メーターのみが表示されます。旧メーターの命名規則については、C〜Gの列を参照してください。新しい命名規則については、H〜Lの列を参照してください。

名前の変更を有効にする前に、ピボットテーブルを使用して、自分の使用状況を要約し、古い名前と新しい名前の両方を1つのレポートに表示する

このセクションでは、消費したメーターをまとめて1つのレポートにまとめて、古い名前と新しい名前の両方を表示する方法について説明します。新しい名前が実装された後のレポートの表示方法を確認するには、次の手順に従います。以下の例はダイレクトカスタマーサブスクリプションからのものです。各列の値は、サブスクリプションによって異なる場合があります。

  • 規格化されたメーターのリスト(英語)を開き、ファイルをローカルに保存します(たとえば、c:¥AzureMeterMapping-en.xlsx)。
  • 詳細な使用状況の概要をダウンロードするか、Azure APIのいずれかの出力に基づいてワークブックを作成し、ファイルをローカルに保存します(例:c:\ AzureUsage.xlsx)。以下の詳細な使用法ファイルを使用した例を参照してください。
    • CSPパートナーの場合は、Partner Center(英語)から使用量ベースの調整ファイルをダウンロードしてください。現時点では、調整単位に測定単位が見つかりません。
    • Directのお客様の場合は、Azure Account Portal(英語)からバージョン2プレビューファイルをダウンロードしてください。
    • EAのお客様の場合は、Enterprise Portal(英語)のReports> Download Usageの下にあるUsage Detailレポートをダウンロードしてください。
  • AzureUsage.xlsxファイルを開き、毎日の使用に関係のないデータ(ステートメントまたはプロビジョニングのステータス情報など)を削除します。
  • vlookupを実行してメーターの名前変更を解釈する前に、AzureUsage.xlsxのデータをクリーンアップしてください。 vlookupが有効な結果を返すようにするには、Azureの検索/置換機能を使用して、AzureUsage.xlsxファイルのすべてのセルの引用符を削除します。次に、Meter ID(Resource GUID)列を左に移動して列Aになり、vlookupsのヘルプを表示し、ファイルを保存します。以下の表の列ヘッダーに表示されるメーター属性名のバリエーションは、特定のAzureサブスクリプションによって異なります。
  • vlookupが有効な結果を返すようにするには、Azureの検索/置換機能を使用して、AzureUsage.xlsxファイルのすべてのセルの引用符を削除します。次に、Meter ID(Resource GUID)列を左に移動して列Aになり、vlookupsのヘルプを表示し、ファイルを保存します。以下の表の列ヘッダーに表示されるメーター属性名のバリエーションは、特定のAzureサブスクリプションによって異なります。
  • 新しいExcelファイルを開き、それに名前を付けてください。Usage Summary – New Names.xlsx。ファイルをローカルに保存します。
  • AzureUsage.xlsxファイルのデータをコピーして、Usage Summary – New Names.xlsxファイルに次の例に示す順序で貼り付けます。

 

A B C D E F G H
1 Meter ID (Resource GUID) Usage Date Meter Category (Service Name or Name) Meter Sub-category (Service Type or Type) Meter Name (Resource Name, Resource, Service Resource) Meter Region (Region) Unit (Unit of Measure) Consumed Quantity
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd 10/18/2017 Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days ####.##
3 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 10/18/2017 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB ####.##
4 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 10/18/2017 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours ####.##

7. Usage Summary – New Names.xlsxファイルで、AzureMeterMapping-en.xlsxファイルの列G〜Kをプルするために、O-S列にvlookupを作成します。ヘッダーも含めます。次の例を参照してください。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S
1 Meter ID or Resource GUID Usage Date Service Name, Name, or Meter Category Service Type, Type, or Meter Sub-category Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Meter Region or Region Unit or Unit of Measure Consumed Quantity Sub Region Service Component Service Info 1 Service Info 2 Additional Info New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd 10/18/2017 Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days ####.## “Data Services” “XXXXXXXX” SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 10/18/2017 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB ####.## “xxx” “Storage” “XXXXXXXX” Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 10/18/2017 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours ####.## “xxx” “Virtual Machines” “XXXXXXXX” Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

8. Usage Summary – 新しいNames.xlsxファイルのプロット(英語)。

 

  • [Usage Summary] – [New Names.xlsx]ファイルブックに新しいシートを追加し、After-Before Summaryシートに名前を付けます。
  • [Usage Summary – New Names.xlsx]ファイルのすべてのセルを強調表示します。
  • [挿入]タブを選択し、[ピボットテーブル]を選択します。 After-Before Summaryシートにピボットテーブルを作成します。
  • 次のピボットテーブルフィールドを行に追加します。
  • Meter ID (Resource GUID)
    • Meter Category (Service Name or Name)
    • Meter Sub-category (Service Type or Type)
    • Meter Name (Resource Name, Resource, Service Resource)
    • Meter Region (Region)
    • Unit (Unit of Measure)
    • New convention – Service Name, Name, or Meter Category
    • New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category
    • New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name
    • New convention – Meter Region or Region
    • New convention – Unit or Unit of Measure
  • Consumed QuantityフィールドをConsumed Quantityの合計としてValuesに追加します。
  • [設計]タブに移動し、[レポートレイアウト]を選択します。ドロップダウンメニューで[表形式で表示]を選択します。各列見出しを右クリックし、 “小計”をクリアします(小計 “メーターカテゴリ(サービス名または名前)”など)。
  • 各列見出しを右クリックし、 “小計”をクリアします(小計 “メーターカテゴリ(サービス名または名前)”など)。

 

最終的な出力は次の例のようになります。

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID (Resource GUID) Meter Category (Service Name or Name) Meter Sub-category (Service Type or Type) Meter Name (Resource Name, Resource, Service Resource) Meter Region (Region) Unit (Unit of Measure) New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure Sum of Consumed
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day ####
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month ####
4 30ab1dae-8172-4b24-aa5b-3666d3f0fde1 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour ####
10 ####

このセクションでは、消費したメーターをまとめて1つのレポートにまとめて、古い名前と新しい名前の両方を表示する方法について説明します。新しい名前が実装された後、一時的に古い名前をレポートで使用する必要がある場合は、この手順に従ってください。あなたはlearn more about the improvements to meter names(英語)することができます。以下の例はダイレクトカスタマーサブスクリプションからのものです。各列の値は、サブスクリプションによって異なる場合があります。

 

  • Download the list of standardized meters(英語)を開き、ファイルをローカルに保存します(例:c:\ AzureMeterMapping-en.xlsx)。
  • 詳細な使用状況の概要をダウンロードするか、Azure APIのいずれかの出力に基づいてワークブックを作成し、ファイルをローカルに保存します(例:c:\ AzureUsage.xlsx)。以下の詳細な使用法ファイルを使用した例を参照してください。 CSPパートナーの場合は、Partner Center(英語)から使用量ベースの調整ファイルをダウンロードしてください。現時点では、調整単位に測定単位が見つかりません。ダイレクトカスタマーの場合は、Azure Account Portal(英語)からバージョン2プレビューファイルをダウンロードしてください。 EAのお客様の場合、Enterprise Portal(英語)のReports> Download Usageの下にあるUsage Detailレポートをダウンロードしてください。
  • CSPパートナーの場合は、Partner Center(英語)から使用量ベースの調整ファイルをダウンロードしてください。現時点では、調整単位に測定単位が見つかりません。
  • Directのお客様の場合は、Azure Account Portal(英語)からバージョン2プレビューファイルをダウンロードしてください。
  • EAのお客様の場合、Enterprise Portal(英語)のReports> Download Usageの下にあるUsage Detailレポートをダウンロードしてください。
  • 新しいExcelファイルを開き、それに名前を付けてください。Usage Summary – Old Names.xlsx。ファイルをローカルに保存します。
  • vlookupを実行してメーターの名前変更を解釈する前に、AzureUsage.xlsxのデータをクリーンアップしてください。 vlookupsが有効な結果を返すようにするには、Excelの検索/置換機能を使用して、AzureUsage.xlsxファイルのすべてのセルの引用符を削除します。次に、Meter ID(Resource GUID)列を左に移動して列Aになり、vlookupsのヘルプを表示し、ファイルを保存します。次の表の列ヘッダーに表示されるメーター属性名のバリエーションは、特定のAzureサブスクリプションによって異なります。
  • vlookupsが有効な結果を返すようにするには、Excelの検索/置換機能を使用して、AzureUsage.xlsxファイルのすべてのセルの引用符を削除します。次に、Meter ID(Resource GUID)列を左に移動して列Aになり、vlookupsのヘルプを表示し、ファイルを保存します。次の表の列ヘッダーに表示されるメーター属性名のバリエーションは、特定のAzureサブスクリプションによって異なります。
  • 次の例のように、AzureUsage.xlsxファイルのデータをコピーしてUsage Summary – Old Names.xlsxファイルに貼り付けます。

 

A B C D E F G H
1 Meter ID (Resource GUID) Usage Date Meter Category (Service Name or Name) Meter Sub-category (Service Type or Type) Meter Name (Resource Name, Resource, Service Resource) Meter Region (Region) Unit (Unit of Measure) Consumed Quantity
2 “a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd” 10/18/2017 “SQL Database” “Single Standard” “S0 DTUs” “1/Day” ####.##
3 “a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612” 10/18/2017 “Storage” “General Block Blob” “GRS Data Stored” “DE Northeast” “1 GB/Month” ####.##
4 “2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5” 10/18/2017 “Virtual Machines” “A Series Windows” “A1” “US Central” “1 Hour” ####.##

6. Usage Summary – Old Names.xlsxファイルで、AzureMeterMapping-en.xlsxファイルの列B〜Fをプルするために、O-S列にvlookupを作成します。ヘッダーも含めます。次の例を参照してください。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S
1 Meter ID (Resource GUID) Usage Date Meter Category (Service Name or Name) Meter Sub-category (Service Type or Type) Meter Name (Resource Name, Resource, Service Resource) Meter Region (Region) Unit (Unit of Measure) Consumed Quantity Sub Region Service Component Service Info 1 Service Info 2 Additional Info Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd 10/18/2017 SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day ####.## “Data Services” “XXXXXXXX” Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days
3 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 10/18/2017 Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month ####.## “xxx” “Virtual Machines” “XXXXXXXX” Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB
4 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 10/18/2017 Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour ####.## “xxx” “Storage” “XXXXXXXX” Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours

7. Usage Summary – Old Names.xlsxファイルのBuild a pivot(英語)。

 

  • 使用状況の要約 – 新しいNames.xlsxファイルのブックに新しいシートを追加し、After-Before Summaryシートに名前を付けます。
  • [Usage Summary – New Names.xlsx]ファイルのすべてのセルを強調表示します。
  • [挿入]タブを選択し、[ピボットテーブル]を選択します。 After-Before Summaryシートにピボットテーブルを作成します。
  • 次のピボットテーブルフィールドを行に追加します。メーターID(リソースGUID)メーターカテゴリ(サービス名または名前)メーターサブカテゴリー(サービスタイプまたはタイプ)メーター名(リソース名、リソース、サービスリソース)以前のコンベンション – サービスのタイプ、タイプ、またはメーターサブコンセプト古いコンベンション – リソース名、リソース、サービスリソースまたはメーター名古いコンベンション – メーター地域または地域古いコンベンション – 単位または単価の単位消費量の合計として値に消費数量フィールドを追加します。
  • メーターID(リソースGUID)
  • メーターカテゴリ(サービス名またはサービス名)
  • メーターサブカテゴリ(サービスタイプまたはタイプ)
  • メーター名(リソース名、リソース、サービスリソース)
  • メーター地域(地域)
  • 単位(単位:
  • 古い規則 – サービス名、名前、またはメーターカテゴリ
  • 古い規則 – サービスタイプ、タイプ、またはメーターのサブカテゴリ
  • 古い規則 – リソース名、リソース、サービスリソースまたはメーター名
  • 旧コンベンション – メーター地域または地域
  • 古い慣習 – 単位または単位
  • Consumed QuantityフィールドをConsumed Quantityの合計としてValuesに追加します。

 

8. [Design]タブに移動し、[Report Layout]を選択します。ドロップダウンメニューで[表形式で表示]を選択します。

 

  • 各列ヘッダーを右クリックし、小計 “”をクリアします(たとえば、小計 “メーターカテゴリ(サービス名または名前)”)。

 

最終的な出力は次の例のようになります。

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID (Resource GUID) Meter Category (Service Name or Name) Meter Sub-category (Service Type or Type) Meter Name (Resource Name, Resource, Service Resource) Meter Region (Region) Unit (Unit of Measure) Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure Sum of Consumed
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days ###
3 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB ###
4 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours ###
10 ###

次の手順を使用して、提供したマッピングスプレッドシートを、メーター名属性のみに基づいて消費するメーターにフィルタリングすることができます。メーターID(リソースGUID)を含む使用ファイルがない場合は、名前の変更が有効になる前にこれらの手順を使用します。あなたはlearn more about the improvements to meter names(英語)することができます。

 

  • Download the list of standardized names(英語)を開き、ファイルをローカルに保存します(たとえば、c:¥AzureMeterMapping-en.xlsx)。
  • 新しいExcelファイルを開き、ファイルに名前を付けます(たとえば、Old Names.xlsx)。ファイルをローカルに保存します。次の例に示すヘッダーを追加し、Azureサブスクリプションに基づいてカスタマイズします。

 

A B C D E
1 Meter Category (Service Name or Name) Meter Sub-category (Service Type or Type) Meter Name (Resource Name, Resource, Service Resource) Meter Region (Region) Unit (Unit of Measure)
2

3.作成したヘッダーに基づいて、ファイルからOld Names.xlsxファイルに古い名前のデータを追加します。次の例を参照してください。

A B C D E
1 Meter Category (Service Name or Name) Meter Sub-category (Service Type or Type) Meter Name (Resource Name, Resource, Service Resource) Meter Region (Region) Unit (Unit of Measure)
2 Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days
3 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB
4 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours

4. Old Names.xlsxファイルのF列で、各行のデータを連結する必要があります。 F2:= CONCATENATE(A2、 “”、B2、 “”、C2、 “”、D2、 “”、E2)セルに次の数式を入力します。次の例を参照してください。

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

0

 

  • 列Fの内容をコピーしてテキストとしてのみ貼り付けます。これにより式は削除されますが、結果はセルに保持されます。次に、列Fを列Aに移動します。ファイルは次のように表示されます。

 

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

1

5. AzureMeterMapping-en.xlsxファイルで、列Fの後に列を追加します。列Gでは、列B〜Fを連結して手順4を繰り返します。

6. AzureMeterMapping-en.xlsxファイルで、列Gの右側に別の列を追加します。

7. AzureMeterMapping-en.xlsxファイルの列GのBuild a standard vlookup(英語)をOld Names.xlsxファイルの列Aに変換します。レガシー名は時間の経過とともに変更された可能性があり、したがって一致を表示しません。一致が見つからない場合、Azure Management Portal(英語)の現在の詳しい使用法の概要を参照して、現在のメーターの名前を確認してください。

8.列Nをフィルタリングして、「N / A」で結果を削除します。フィルタを適用した後、AzureMeterMapping-en.xlsxファイルには古いNames.xlsxファイルのメーターのみが表示されます。 Old Names.xlsxファイルのメーター用に整列された新しい名前を表示するには、ブックの右にスクロールしてI〜M列を表示します。次の例の結果を参照してください。

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

2

次の手順を使用して、提供したマッピングスプレッドシートを、メーター名属性のみに基づいて消費するメーターにフィルタリングすることができます。メーターID(リソースGUID)を含む使用ファイルがない場合、名前の変更が有効になった後でこれらの手順を使用します。あなたはlearn more about the improvements to meter names(英語)することができます。

 

  • Download the list of standardized meters(英語)を開き、ファイルをローカルに保存します(たとえば、c:¥AzureMeterMapping-en.xlsx)。
  • 新しいExcelファイルを開き、ファイルに名前を付けます(たとえば、New Names.xlsx)。ファイルをローカルに保存します。次の例に示すヘッダーを追加し、Azureサブスクリプションに基づいてカスタマイズします。

 

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

3

3.作成したヘッダーに基づいて、新しい名前データをファイルからNew Names.xlsxファイルに追加します。次の例を参照してください。

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

4

4. New Names.xlsxファイルのF列で、各行のデータを連結する必要があります。 F2:= CONCATENATE(A2、 “”、B2、 “”、C2、 “”、D2、 “”、E2)セルに次の数式を入力します。次の例を参照してください。

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

5

 

  • 列Fの内容をコピーしてテキストとしてのみ貼り付けます。これにより式は削除されますが、結果はセルに保持されます。次に、列Fを列Aに移動します。

 

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

5. AzureMeterMapping-en.xlsxファイルの列Lで、列G〜Kを連結して手順4を繰り返します。

6. AzureMeterMapping-en.xlsxファイルの列GのBuild a standard vlookup(英語)をOld Names.xlsxファイルの列Aに変換します。レガシー名は時間の経過とともに変更された可能性があり、したがって一致を表示しません。一致が見つからない場合、Azure Management Portal(英語)の現在の詳しい使用法の概要を参照して、現在のメーターの名前を確認してください。

7.列Nをフィルタリングして、「N / A」で結果を削除します。フィルタリングした後、AzureMeterMapping-en.xlsxファイルには、New Names.xlsxファイルのメーターのみが表示されます。 New Names.xlsxファイルのメーター用に整列された古い名前を表示するには、ワークブックの左側にスクロールして列B〜Fを表示します。次の例の結果を参照してください。

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

7

このセクションでは、異なるロケール用の変換されたメーターマッピングファイルを提供します。言語を選択すると、指定されたロケールの翻訳済みメーターマッピングファイルをダウンロードできます。あなたはlearn more about the improvements to Azure names(英語)することができます。

A B C D E F G H I J K L
1 Meter ID or Resource GUID Old convention – Service Name, Name, or Meter Category Old convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category Old convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name Old convention – Meter Region or Region Old convention – Unit or Unit of Measure New convention – Service Name, Name, or Meter Category New convention – Service Type, Type, or Meter Sub-category New convention – Resource Name, Resource, Service Resource or Meter Name New convention – Meter Region or Region New convention – Unit or Unit of Measure
2 a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd a149966f-73b4-4e1d-b335-d2a572b1e6bd Data Services SQL Database Standard S0 Database Days Days SQL Database Single Standard S0 DTUs 1/Day
3 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 2005544f-659d-49c9-9094-8e0aea1be3a5 Storage Geo Redundant Standard IO – Block Blob (GB) DE Northeast GB Storage General Block Blob GRS Data Stored DE Northeast 1 GB/Month
4 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 a43a47f9-3dc0-4611-880e-52c71b55b612 Virtual Machines A1 VM (Windows) Compute Hours US Central Hours Virtual Machines A Series Windows A1 US Central 1 Hour

8

名前の変更(英語)に関するご質問がある場合は、Azure Supportにお問い合わせください。

広告

改善されたメーター名に レポートを更新する” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。