Azure SQL Data Warehouse でユーザー定義の復元ポイントがサポートされるようになりました

2018年6月14日 [User-Defined Restore Points are now supported for Azure SQL Data Warehouse]粗訳

Azure SQLデータウェアハウスは、ユーザー定義の復元ポイント(英語)をサポートするようになりました。

この機能を使用すると、PowerShellを使用してスナップショットをトリガし、大きな変更の前後にデータウェアハウスの復元ポイントを作成できます。この機能により、リストア・ポイントが論理的に一貫していることが保証されます。これにより、ワークロードの中断やユーザー・エラーが発生した場合に、迅速なリカバリ時間でデータ保護を強化できます。

ドキュメンテーションページ(英語)の詳細については、こちらをご覧ください。

広告

Azure SQL Data Warehouse でユーザー定義の復元ポイントがサポートされるようになりました” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。