App Service : TLS 1.0 がブロックされるように設定変更

2018年6月13日 [TLS configuration now fixed to block 1.0]粗訳

私たちは最近、すべてのAzure App ServiceとAzure Functions アプリがTLS設定のアップデート(英語)対象になることを発表しました。ただし公開後 SNI-SSLでエッジケースシナリオ(英語)が識別されました。このシナリオでは、SSL Labs(英語)などのSSL解析ツールが使用され、TLS 1.0が引き続き受け入れられ、上位バージョンが選択されたことが示されました。

今回のアップデートで、SSI-SSLの問題を解決するデプロイが完了したことを報告します。レポートツールでは、TLSの下位バージョン(主にTLS 1.0)がブロックされていることが正しく表示されているはずです。

このアップデートの詳細と、アプリにTLS設定を適用する方法については、チームブログ(英語)を参照してください。

広告

App Service : TLS 1.0 がブロックされるように設定変更” への2件のフィードバック

コメントは停止中です。