Logic Apps が米国政府リージョンで利用可能に

2018年6月12日 [Logic Apps available in US Gov]粗訳

Azure App ServiceのLogic Appsは、米国のGov Texas地域で利用可能になりました。

Logic Apps(英語)の詳細については、Logic Apps(英語)ページとWhat is Logic Apps(英語)を参照してください。ドキュメントページ。

US GovでホストされているロジックアプリケーションのConnectors (英語)calledはAzureの政府地域のAzureリソースにアクセスできるようになりました。 Azureベースのコネクタは、Azure Governmentのリソースに接続するためにスコープされています。 AzureサービスがまだAzure Governmentでホストされていない場合、そのサービスのコネクタは使用可能なコネクタのセットには含まれません。米国のGovで導入されたロジックアプリでは現在入手できないAzureコネクタには、

 

  • データレイクストア
  • データファクトリ
  • イベントグリッド
  • アプリケーションの分析
  • コンテンツモデレーター

 

他のコネクタがない場合は、Logic Apps user voice(英語)にリクエストを追加できます。不足しているコネクタを使用する必要がある場合、それらを使用するAzure Commercialでホストされているロジックアプリを呼び出すことができます。

Azure Governmentでのカスタムコネクタのデプロイと使用はサポートされていますが、ポータルの作成経験はまだありません。ポータルエクスペリエンスを使用してカスタムコネクタを作成する必要がある場合は、Azureコマーシャルでリソースを作成し、Azure Resource ManagerデプロイメントテンプレートとしてダウンロードしてAzure Governmentにデプロイします。カスタムコネクタをダウンロードするには、Logic Appsカスタムコネクタの概要ブレードの[ダウンロード]ボタンを選択します。

AzureポータルからResource Managerデプロイメントテンプレートにリソースをデプロイするには、リソースグループ デプロイメントドキュメント(英語)を参照してください。

広告

Logic Apps が米国政府リージョンで利用可能に” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。