Azure Batch アップデート

2018年6月12日 [Azure Batch updates]粗訳

Azure Batchの最新のアップデートは次のとおりです:

  • Azure Batch のコンテナアプリサポート(英語)
    • Azure MarketplaceのVMイメージを使用してコンテナサポートは改善されていました。しかしLinuxで使用するには、コンテナを使用してカスタムイメージを作成し、他のソフトウェアをインストールする必要がありました。アップデートでは RDNameを持つGPU VMまたはVMが割り当てられている場合、新しく利用可能になった Azure Marketplace の Linux イメージにコンテナランタイムがプリインストールされ、適切なドライバとともにインストールされます。 CentOSとUbuntuの両方のイメージが利用可能です。
  • Azureバッチレンダリング
    • Chaos Group V-Rayは、ペイパービューベースで一般に利用でき、レンダリングイメージにあらかじめインストールされています。 価格ページも更新されました。 Blenderは、レンダリングイメージにプレインストールされています。 Blenderクライアントプラグインの初期バージョンもGitHub で利用可能(英語)です。 Autodesk Maya 2017および2018は両方ともレンダリングVMイメージでサポートされています。レンダリングVMイメージで提供されるアプリケーションとアプリケーションのバージョンのリストは頻繁に更新され、ドキュメントにリストされています。
    • Batch Labs gallery(英語)セクションでプールとジョブの作成に複数のレンダリングテンプレートを利用できます。
    • デッドラインレンダーマネージャを用いた統合(英語)が利用可能です。デッドラインを使用してAzure VMをプロビジョニングし、Azureをレンダリングに使用します。
  • バッチラボ
  • ジョブタスクとプールノードのカウント
    • 新しいAPIは、task counts for a job(英語)とnode counts for pools(英語)を返します。これらのAPIは、多数の項目がある場合に、長い “List” API呼び出しを避けることができます。
  • 新しいVMサイズ
    • 最新のGPU VMはバッチで割り当てることができます。 An article(英語)に、VMファミリのバッチサポートに関する最新情報が追加されました。
  • 高速データ転送
    • Fast Data Transfer (英語)は、Azureに高速データをアップロードするツールです。1台のクライアントマシンから最大4TB /時の速度を実現します
広告

Azure Batch アップデート” への2件のフィードバック

コメントは停止中です。