一般提供開始:Azure Cosmos DB仮想ネットワークサービスエンドポイント

2018年5月9日 [General availability: Azure Cosmos DB Virtual Network Service Endpoints]粗訳

Azureの仮想ネットワークサービスエンドポイントCosmos DBは、Azureパブリッククラウドのすべての地域で利用できるようになりました。この機能により、Azureの顧客は仮想ネットワークからAzure Cosmos DBと直接通信できます。

選択した仮想ネットワークおよびサブネットからのトラフィックのみを許可するネットワークルールを作成できます。ファイアウォールのアクセス制御リスト(ACL)などの既存の認証メカニズムを新しいネットワーク境界と組み合わせて、データのセキュリティを強化することができます。

Azure Cosmos DBは、地域間のアクセス制御をサポートする最初のサービスです。つまり、顧客は、複数の地域にあるサブネットからグローバルに分散したAzure Cosmos DBアカウントへのアクセスを制限することができます。それについての詳細は、詳細ドキュメント(英語)を参照してください。

広告