Data Factory Lookup アクティビティは豊富なコネクタセットをサポートしています

2018年5月8日 [Data Factory Lookup activity supports a rich set of connectors]粗訳

Azure Data Factory Lookup アクティビティは、ADFでサポートされている70以上のデータ・ソースのいずれかからデータセットを取得する機能をサポートしました。オブジェクト名をハードコーディングするのではなく、後続のアクティビティーでどのオブジェクト(ファイル、テーブルなど)を操作するかを動的に決定するシナリオで使用することができます。

Lookupアクティビティは、構成ファイルの内容、構成表、または照会またはストアード・プロシージャーの実行結果を読み取り、返すことができます。 Lookupアクティビティの出力は、それがシングルトン値であれば、後続のコピーまたは変換アクティビティで使用できます。また、属性の配列の場合、ForEachアクティビティで使用することもできます。

詳細については、Lookup activity documentation(英語)を参照してください。

広告

Data Factory Lookup アクティビティは豊富なコネクタセットをサポートしています” への2件のフィードバック

コメントは停止中です。