Sprint 134 Update:DevOps Projectを使用してAzure Kubernetes Service をデプロイする:

2018年5月7日 [Deploy to Azure Kubernetes Service by using DevOps Projects: Sprint 134 Update]粗訳

Visual Studio Team ServicesのSprint 134アップデートでは、ビルドのためのRuby、Python、およびJava言語のサポートの強化として、リリースのためのさらに多くの展開オプションを提供します。これらのオプションの1つに、規模調整の準備が整ったコンテナ化アプリケーションの開始に役立つAzure DevOps ProjectsでのAzure Kubernetes Service (AKS)(英語)の追加があります。過去数ヶ月のプレビューにあったリリースゲート(英語)機能は、一般にリリースの環境全体にわたる漸進的な展開の制御を自動化するのに役立ちます。

豊富なサンプルデータと設定を使用して、Visual Studio Team Servicesのデモと学習を簡単に行うための新しいバージョンのDemo Generator(英語)も用意されています。

詳細については、リリースノート(英語)を参照してください。

広告

Sprint 134 Update:DevOps Projectを使用してAzure Kubernetes Service をデプロイする:” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。