Recovery ServicesのVaults制限が、リージョンごとのサブスクリプションごとに500個の格納域に増加しました

2018年4月17日 [Recovery Services vault limit increased to 500 vaults per subscription per region]粗訳

Azure Backupのスケール制限が増えました。ユーザーは、リージョンごとに各サブスクリプションに最大500個のAzure Recovery Services Vaults を作成できるようになりました。また、各Vaultsに登録できるAzure仮想マシンの数は、200台から1,000台に増えました。

詳細については、full blog post(英語)を参照してください。

広告

Recovery ServicesのVaults制限が、リージョンごとのサブスクリプションごとに500個の格納域に増加しました” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。