Azure Log Analyticsの新機能 – 2018年4月

2018年4月17日 [What’s new in Azure Log Analytics – April 2018]粗訳

Azure Log Analyticsで新しい機能が利用できるようになりました。

[ログ分析設定]メニューに、[表示]セクションが追加され、2つの新しい機能が公開されました。

最初の新しい機能は自動ソートです。クエリ結果は、デフォルトで時間フィールド( “TimeGenerated”)でソートされるようになりました。ただし、この設定はクライアント側の並べ替えを制御します。 10,000を超える結果を返すクエリは、真の順序で表示されないことがあります(並べ替えは、表示された結果にのみ適用されます。部分的で連続的ではありません)。結果が10,000を超えるクエリの場合は、クエリに “… | sort by TimeGenerated”を追加してサーバー上でソートを実行する必要があります。

もう1つの新しい設定は、1ページに表示される結果の推奨数です。結果が50件に満たない場合は、表を調整してページあたり200件の結果を表示することができます。

また、クエリエクスプローラでは、保存された各アイテムの横にコンテキストメニューが表示されるため、アイテムの名前の変更や削除が簡単にできます。

最近、これらの新しいクエリ言語関数が追加されました:

hash_sha256():入力値に対してsha256ハッシュ値を返します
row_cumsum() : レコード全体の列の累積合計を計算する
strcmp(): 2つの文字列を比較
stdevif(), varianceif() : 与えられた条件を満たす結果間の式の標準偏差または分散を計算する

詳細については、full change log(英語)を参照してください。

広告

Azure Log Analyticsの新機能 – 2018年4月” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。