Stream Analytics での地理空間関数のネイティブサポート

2018年4月11日 [Native support for geospatial functions in Stream Analytics]粗訳

Azure Stream Analyticsのユーザーは、コネクテッドカー、フリートマネジメント、モバイル資産の追跡などのシナリオ用のソリューションを簡単に構築できるようになりました。

開発者は、ストリーム処理ロジックに組み込みの地理空間関数を使用して、地理的領域を定義することができます。開発者は、格納、近接、オーバーラップについて着信する地理空間データを評価し、アラートを生成したり、必要なワークフローを開始することができます。

これらの地理空間関数は、GeoJSON仕様と一致しています。

広告

Stream Analytics での地理空間関数のネイティブサポート” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。