Azureポータルの更新:2018年3月

2018年3月19日 [Azure portal updates: March 2018]粗訳

年初からAzureポータルチームは、計算、ネットワーク、およびストレージのリソースをより安全に、迅速に、簡単に管理できるように、何百ものアップデートを導入しました。 過去1か月にリリースされたVM関連の改善点は次のとおりです。

  • VM Connectボタンのロジックが改善されました。 Windows仮想マシンに接続するときにRDPファイルを生成するために使用されるロジックが改善されました。
    • VMにパブリックIPアドレスがある場合、RDPファイルはDNS名、ロードバランサIPアドレス、パブリックIPアドレスの順に生成されます。
    • VMにパブリックIPアドレスがない場合は、VM上のプライベートIPアドレスに接続するためにRDPファイルが生成されます。これは、VMの仮想ネットワークへのAzure ExpressRouteまたはVPN接続がある場合に便利です。
  •  既存のVMに対するネットワークインタフェースを追加しました。ポータルを使用して、ネットワーキングブレードから既存のVMにネットワークインターフェイスを追加できるようになりました。既存のNICを追加したり、新しいNICを作成したりできます。
  •  公開されているポートのNSG警告。ネットワーキングブレードでは、仮想マシンをインターネットからの不要なアクセスにさらす可能性のあるネットワークセキュリティグループルールの横に警告アイコンが表示されます。

 

広告

Azureポータルの更新:2018年3月” への2件のフィードバック

コメントは停止中です。