パブリックプレビュー:仮想マシンスケールセット上の低優先度VM

2018年3月19日 [Public preview: Low-priority VMs on virtual machine scale sets]粗訳

仮想マシンスケールセットを使用すると、同じVMインスタンスのセットをグループとして展開および管理できます。オートスケール、ロードバランシング、自動OSイメージの更新、および展開と管理オプションの容易さのサポートに加えて、スケールセットには、低優先度VMのプロビジョニングのサポートが含まれるようになりました。

低優先度VMは、余分な容量を持って割り当てられ、要求に応じていつでも削除できます。このオプションを使用すると、オンデマンド価格に比べて安価な価格でで弾力性のあるフォールトトレラントなアプリケーションやバッチ処理タスクを実行でき、大幅なコスト削減が可能になります。低優先度VMはスケールセットとして、すべての Azure 地域で最高80%のディスカウントで利用できます。

詳細は、Low-priority VMs on scale sets(英語)の記事を参照してください。

パブリックプレビュー:仮想マシンスケールセット上の低優先度VM” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。